いつもどおりに会社にいく

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

膵臓がんだけど意外と平静

3351c膵臓がんということに間違いないと思う。腫瘍は左の図の膵体部、黄色の箇所だ。

膵臓がんの怖さはわかっているつもりだ。死亡率は高い。ほぼ100%に近い死亡率のはずだ。癌のなかの王様で、発見が難しく見つかったときには手遅れのことが多い。この程度の知識は持っている。進行も速いから急がなければならない。

しかし私自身意外と平静なのはなぜなのだろう。二度目の癌だからか? それもとまだ本心では癌ではない、あるいは癌だとしても俺は助かるはずだと、何の根拠もなしにそう考えているのだろうか。

鈍感力?

癌になった人がよく言うように、スッと気が遠くなるようなとか目の前が真っ白になるとかいうことがまったくない。血圧が少々上がって130くらいになっていただけだった。これは『鈍感力』ということかなぁ。

いつもと同じように会社に行く。

今日は開発中の新しいシステムの最終打ち合わせだ。見積が出てきた。このシステムのマニュアル作成も私がいなくなったら誰に任そうか。考えると少し頭が痛い。

打合せの後、出席していたO君を外に誘って喫茶店へ。癌になったことを告げる。私以上にうろたえている様子がいかにも彼の誠実さを表しているようで、少しこっけいでもある。社長には明後日の癌研の結果を待ってから告げることで意見が一致。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 緑茶はがんに効くか?緑茶はがんに効くか? 京セラのお茶ミルを使い出して、3ヶ月になります。1月に放映された「ためしてガッテン」では、3ヶ月で血圧が下がった、減量したなどの効果があったなどと説明していましたが、さてお茶はが […]
  • ダークチョコは脳を若返らせ、がんにも効果があるのか?ダークチョコは脳を若返らせ、がんにも効果があるのか? 少し前に、「カカオを多く含むチョコレートを食べると脳が若返る可能性がある」との勇み足の発表に批判が出たとのニュースがありました。 チョコを食べない対照群を設 […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミンD受容体 […]
  • 今日の「あさイチ」 お茶ミルの方がましだと思った今日の「あさイチ」 お茶ミルの方がましだと思った 今日のあさイチ。氷だしのお茶が香り、風味が良いと。でもそれはカテキンが出なくなるから。がん患者としてはカテキンがたくさんあり、しかも風味、香りが良いお茶の淹れ方を消化して欲しかっ […]
  • 緑茶の抗がん作用緑茶の抗がん作用 緑茶の抗がん作用については何度も書いていますが、アピタルに大野智さんの連載で「お茶で卵巣癌予防?」がアップされました。お茶を飲んでいる人と飲んでいない人とを対象とした「症例・対象 […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンス(科学的な根拠)のある食事 […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA