手術日

Pocket
LINEで送る

手術日です。
9時に手術室。10時ころから執刀。

すい臓癌で手術できるのは20%、そのうちで5年生存している患者はやはり20%。つまり4%の患者しか生き残れないということ。

統計はあくまでも数字。患者にとってはよい結果も悪い結果も、100%である。

手術後はICU入りで、しばらく書き込みできない・・・。

このブログの関連記事

  • 生きるということ生きるということ 昨夜病室から撮った夜景だ。あいにく東京タワーは霞んでいた。 哲学の根本問題 とは少し大げさだが、生きるとはなんだろうか、との問なら今の私には身近で切実だ。 […]
  • 誕生日祝い誕生日祝い 明日が59歳の誕生日だ。入院と重なるので、一日早いが今日妻と子供たちが誕生祝いをしてくれた。 テーブルには一輪のバラを珍しく飾ってある。寿司とケーキという取り合わせ。 ノ […]
  • 入院入院 タクシーに乗り、一人で入院した。 肺機能の検査と胸部レントゲン撮影。肺機能検査では測定器の針が振り切れて測定範囲を超えてしまった。8000以上。若い女性の検査技師が、「振り […]
  • 拾った命だから、のんびり生きる拾った命だから、のんびり生きる 「拾った命だから、のんびり生きる」。 このタイトルは2006年にあるところへ書いたものだ。 そして、膵臓がんの手術までの検査まで、死を覚悟しながら、今の生き方 […]
  • 「がん緩和ケア最前線」坂井かをり著「がん緩和ケア最前線」坂井かをり著 今日は茨城県まで車で日帰り出張。帰りの車中で癌研からの電話を受けた。27日に入院が決まった。あいにく差額ベッド代の要らない部屋は確保できず、5000円/日の部屋になるという。 […]
  • 膵臓がんで手術できるのは患者の20%膵臓がんで手術できるのは患者の20% 昨日の検査結果の確認と入院前の最後の診察で癌研へ。 今日は妻を伴っていった。 先生が妻のために最初から丁寧に説明してくれた。「膵臓がんと診断された患者さんのうち、手術でき […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です