柏崎原発は深刻

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

激しい神経性の下痢は、アヘンチンキを飲むことで劇的に収まってしまった。麻薬の阿片を水薬にしたもので、激しい下痢や咳に効くということ。副作用として効きすぎによる便秘のおそれ。

本当にびっくりするほどよく効いた。飲んだとたんにグルグルといっていたお腹がぴたっと収まった。少し食欲も出てきたので、まずい病院食はエスケープして、院内のレストランで「ビーフカレー」を注文した。

ここのレストラン「レインボー」は有楽町の「東京會舘」が出店をしている。レストランとしては一流どころで、それなりの値段がするが、病院食に慣らされた私の舌にはめちゃくちゃ美味かった。ここの名物「會舘オムライス」は明日にしよう。

体重 66.6kg


東電柏崎原発の事態は深刻だ。CNN、BBCではトップニュースで、写真もすごい惨状を報道しているが、日本のマスコミは奥歯に歯の挟まったような
報道だ。政府の報道管制があるのか。中央制御室の天井も崩落して、柏崎市の使用中止命令が出なくっても、この原発はしばらく運転できないのだという。

「起こり得ないが、想定上最大の地震」という触れ込みで設計した数値をあっさりと超え、放射能も漏れたということに、世界のマスコミは「世界最大の原発集中地での大事故」との扱い。IAEAの事務総長が急遽日本に来るという報道もあるが、それほどこの事故は深刻な問題だ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事