不在者投票

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

日本がおかしい! こんな国になるはずではなかった!こんな思いをぶつけようと病院内で不在者投票をした。封筒に二重に入った投票用紙を持って事務室の職員が病室まで来られて、その場で投票用紙に記入する仕組み。


今度の参議院選挙は、根源的な争点は「憲法を変えるかどうか」です。平和と民主主義を志向してきた「戦後レジーム」を「改憲」という方向に変えようとするアベシンゾウら右翼政治家の野望を許すかどうかです。そしてこのような未熟で自分勝手で低能な首相を送り出すまでに劣化した自公の統治を継続させるのかどうかが問われている選挙です。

年間に少なくとも百人が餓死している困窮と格差社会の日本、毎日「人身事故」という名の『自殺』でどこかの電車が止まっている国、自殺者は年間一万人を越えようとしてその多くは経済的理由だといいいます。親が子を殺し、子が親を殺す家庭の崩壊、消えた年金、定率減税の廃止や消費税の増税、閣僚の相次ぐ暴言や政治とカネの問題。こうした問題のすべてが「戦後レジューム」を変える方向のこれまでの政治と密接に絡んでいるのです。

戦後我々が目指してきた日本はこんな国ではなかったはずです。どこで狂ってしまったのでしょう。
しかし改憲を目指す人々はいっそうこれまでの格差社会を推し進めようとしているのですから、選挙の争点は憲法を変えてよりいっそうの格差社会を許すのかどうかという点で非常に大事な選挙です。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 2週間後には退院か?2週間後には退院か? 先生の巡回で、「傷口が細菌に感染していたが、もう峠は越えたよ」とのはなし。「えっ、そうだったんですか?」知らぬは患者ばかりなり。 このままの経緯でいけば二週間後には退院となりそ […]
  • 癌病棟の七夕ーもう一度 あの人に 逢いたい癌病棟の七夕ーもう一度 あの人に 逢いたい 体につながっているパイプ類はひとつを残して取り去った。点滴用のが残っているだけだ。手術跡の傷は痛い。鎮痛剤なしでは夜眠れないことも多い。だが、徐々にその痛みも小さくなっている。 […]
  • 手術後初めての食事手術後初めての食事 若きにもよらず、強きにもよらず、思い懸けぬは死期(しご)なり。 今日まで遁(のが)れ来にけるは、ありがたき不思議なり。 (徒然草第137段) 明日が今日と同じように続くはず […]
  • 退院しました。退院しました。 本日無事に退院いたしました。 たくさんの方からお見舞いや励ましの言葉をいただき、感謝しております。ひとつの山を越えたということで、これからは抗がん剤の投与を続けながらがんばりた […]
  • 3週間たちました3週間たちました <病室からの風景、こんな環境でブログを書いています。> 早いもので、もう3週間もたってしまった。 今日見舞いのSさんを玄関まで見送ったときにゆりかもめの高 […]
  • 院内コンサートとオムライス院内コンサートとオムライス 病院の一階ロビーで、シンガーソングライター&ドラマーと、経歴の多彩な清家みえ子さんのコンサートがあった。 なごり雪、心もよう、異邦人など、なつかしのフォークソング(この言葉 […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA