3ヶ月ぶりのチェロ


Pocket
LINEで送る

抗がん剤ジェムザールの投与。先週は白血球数が2000に下がっていたため投与を中止したが、今日は4100まで回復していた。ただ、念のためジェムザールを通常の90%-180CCに減らして投与した。少しからだがだるくて午後はずっとベッドに伏せていた。この状態で投与が続けられることを願うばかりだ。

相変わらず食後の神経性下痢は続いている。アヘンチンキを服用していれば少しは症状が緩和されるが、これがないと相当な下痢に悩まされることになる。先週の出張にはアヘンチンキを持っていくのを忘れてしまい、食後の腹痛と下痢には大いに困惑した。逆にこの薬の効能には改めて感謝することになった。


退院後初めてチェロを弾いた。3ヶ月ぶりだったが指は音階をちゃんと覚えていた。とりあえず音階を一通り、それから何曲か弾いてみた。指板に左指を押し当てると楽器の裏板が丁度手術の傷跡に当たる。どうかなと思っていたが、痛みもなく大丈夫だ。内臓に響く感じが以前とは少し違うような気がするが、ひとつの臓器がなくなったのだから当たり前かもしれない。これなら今週からレッスンに出られそうだ。「閑にあって自分と向きあう」こんな生き方が理想だと思う。


宮原治雄の「丸山真男-日本の思想精読」を読む。「である」ことと「する」こと-丸山のもっとも有名なエッセイの部分から読み進める。

丸山真男『日本の思想』精読 (岩波現代文庫) 丸山真男『日本の思想』精読 (岩波現代文庫)
宮村 治雄 丸山 眞男
岩波書店  2001-01
売り上げランキング : 24261
おすすめ平均 

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このブログの関連記事

  • 薬をすべて変更しました薬をすべて変更しました 大森:鷲神社の酉の市 DP1 Merrill F2.8 1/40秒 […]
  • 手術は免疫療法 今日はこれからチェロのレッスン。「夢のあとに」は次回ということになって前回のレッスンから「イパネマの娘」に取りかかっています。ボサノバのリズムに四苦八苦です。どうしてもリズムに乗 […]
  • 血糖値血糖値 抗がん剤ジェムザールの投与の前には必ず血液検査をして、主に白血球値が少ないかどうかを主治医が判断している。そのときにいろいろな検査も同時にやっている。 その検査の血糖値の値が、も […]
  • 白血球減少で抗がん剤を中止白血球減少で抗がん剤を中止 入院中に同じ病室だったKさん夫妻とまたまた待合室で会った。本当に仲の良いご夫婦でいつも二人一緒で行動している。 今日は二回目の抗がん剤ジェムザール(GEM)投与の日。ところ […]
  • テリーさんへの手紙テリーさんへの手紙 テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。 […]
  • 【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験 「昼寝」  春爛漫、留守番も眠くなります。 共同通信によると、「メディネットの契約医療機関である瀬田クリニック新横浜と名古屋大学医学部附属病院が、2005年6月から切除不能局 […]