快気祝いの伊豆旅行


Pocket
LINEで送る

4215b_26,7日と夫婦で「快気祝」の伊豆旅行に行った。最初の計画では9月中に房総方面の予定だったが、修善寺の古い宿に泊まりたいという妻の希望で、運よく新井旅館で予約が取れたので。

羽田から高速に入り、横浜新道、保土ヶ谷バイパス経由で横浜町田インターから東名高速に入った。東名が川崎から海老名付近まで渋滞していることを事前に確認していたので、環八経由は止めて横浜経由にしたが、横浜町田からほんの少し渋滞に入っただけだったから正解だった。

_mg_05463時のチェックインに宿に入った。新井旅館は横山大観・川端龍子・安田靫彦らのたくさんの文人が宿泊した宿で、我々が泊まった「桐の棟」は池に面してまるで舟遊びをしているかのような風情がする部屋だった。国の登録文化財であり数寄屋造りの大正3年の建築だという。ここには安田靫彦が好んで泊まったそうだ。

館内には風呂も露天風呂、天平風呂など4種類ある。

出かける前には料理を残さず食べられるか心配で、残ったら持って帰ろうかと言っていたのだが、ゆっくりと時間を掛けてなんとか片付けることができた。12月の紅葉の時期はさぞ見事だろうと想像させる銀杏がたくさんある。

翌日は達磨山からの富士山を見て、旧道の天城トンネルに立ち寄って早めに帰宅した。

往復250キロのドライブだったが、結構疲れた。まだまだ入院前の体力はないことを思い知らされた。

_mg_0531_2

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 安房温泉 紀伊乃國屋 […]
  • 伊香保・四万温泉のはしご 「伊香保温泉の石段街を見てないよね」との妻の話題がきっかけで、「よし、伊香保に行こう」となった。伊香保ならやはり「黄金の湯」だろう。2004年に地下水を沸かしただけで「温泉」 […]
  • アジサイの季節が巡ってきたら1年経ったアジサイの季節が巡ってきたら1年経った アヤメが終わりアジサイの季節になると「これでがんになっ […]
  • 北海道の3日目は富良野へ移動、夕霧に出会った件北海道の3日目は富良野へ移動、夕霧に出会った件 いよいよ三日目。今日からはプライベート・タイムです。 スライドショー:千望峠から新栄の丘 (29枚) レンタカーを借りて目的地を『そば処 […]
  • 正月は温泉気分 元日から石和温泉の和穣苑で温泉気分でした。「一の宿?楽部」の宿でして、このところ続けてここに加盟している宿にお世話になっています。30部屋以下のこじんまりした宿ばかりだというのが […]
  • 無為の時間 世間はお盆休み、私は骨休め。 一日中、城山三郎さんの言う「無所属の時間」、あるいは老子の「無為」の時間を過ごす。本を読んだり音楽を聴いたり、目的もなく、手当たり次第にである […]