命の授業、「余命1年半」の渡辺さん死去

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

今日は東京には珍しく朝から雪。

昨日は癌研でジェムザールの投与。
点滴の投与中から既に吐き気・寒気がしてきた。帰宅してそのまま布団にもぐり、夕食まで寝たら少しは楽になった。


「いのちの授業」最期まで、末期がんの渡部成俊さん死去

末期がんで余命宣告を受けながら、各地の小中学校で子どもたちに命の大切さを訴える「いのちの授業」を続けてきた東京・江戸川区の婦人服プレス加工業、渡部成俊(しげとし)さん(62)が13日、亡くなり、17日午前、地元斎場で告別式が行われた。

渡部さんは2005年6月、膵臓(すいぞう)がんが肺に転移し、医師から「余命1年半」と告げられた。自殺も頭をよぎったというが、各地の学校で子どもたちに「命の重さ」を伝える授業が行われていることを新聞記事で知り、思いとどまった。

地元の区教育委員会に申し出て小中学校を回り始め、自らの病気を語った。訪れた学校は79校、子どもたちから届いた感想文は2万通を超えた。

昨年7月には、回想録「そんな軽い命なら私にください」(大和書房)を出版。「次は、子どもたちからの感想文集を出版したい」と夢見ていたが、昨年末から病状が悪化し、墨田区内の病院に入院していた。

告別式には、渡部さんの授業を受けた小中学生から「勇気と力をありがとう」などの追悼文が届けられ、参列者の涙を誘っていた。
(2008年1月17日14時55分  読売新聞)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ルイ茶長さんの再発、余命宣告ルイ茶長さんの再発、余命宣告 同じ膵がん患者の茶長さんのブログに「再発しました。余命半年です」という書き込みがあり、驚いています。私と同じステージⅢの膵がんで膵頭十二指腸切除を昨年の10月にされて、術後1年を […]
  • 余命宣告を受けながら放射能と闘う医師 福島県南相馬市にある原町中央産婦人科医院の高橋亨平先生を描いたドキュメンタリーが、2012年5月30日(水)深夜26時20分~27時15分(福島テレビ・フジテレビ系)で放映されま […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • 余命一年 落語家になる 37歳の若さでステージⅣの十二指腸がん、膵臓がんになり、余命一年 未満と告げられた街道徳尾さんの本『余命一年 […]
  • 百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする 私は最近になって、ドクター(シーゲルのこと)が書いている次の一節の本当の意味が少しだけ分かったような気がしている。というより、この一節の意味を心底理解できれば、自分のがんを完全に […]