静けさに帰る

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

Pict2608edit
これの前のブログに、老子の『道徳経』第16章「帰根」を加島祥造さんの自由訳・自由詩で紹介しましたが、老子のいくつかの章をテーマにして写真展に出したことがあります。

第3章、12章、13章、第20章とこの16章をテーマにして、それぞれに私の撮った写真をつけて、というか、写真に老子の加島訳を付けたのですが・・・。

第16章の「帰根」にはこの写真を当てたのです。バックは画家の田村能里子さんの作品です。車椅子の老人がバックに溶け込んでいくような雰囲気を感じていただければ幸いです。そうです。みんないずれは「元の根」に帰って行くのですから。この写真を見ながら、加島祥造さんの「老子」を詠んでみると、また別の想いが湧いてくるような気がするのです。

田村能里子さんの作品は赤を基調とした色調で、シルクロードに題材をとったものが多いですよね。好きな画家です。

明日は抗癌剤の投与の日。手術後18回の投与の予定ですが、明日はその18回目です。これで抗癌剤は一応終わりです。抗癌剤が効いて、すい臓がんの転移がないことを願いながら、ときどきCTを撮りながらの経過観察ということになります。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 傷だらけの黒揚羽傷だらけの黒揚羽 先月、高知の「モネの庭」で撮った一枚の写真が気になって仕方がない。一匹の黒揚羽が林の中でじっとしていた。ファインダー越しに見ると、羽もあちらこち らがちぎれて痛々しい。時折レス […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (3)がん患者のためのインターネット活用術 (3) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 小椋佳 夢・歌・詩(ムカシ)あるところに 小椋佳のコンサートに行きました。5月31日東京国際フォーラムでの「テレビ朝日開局50周年記念 小椋佳トリビュートコンサート」です。 チケットを発売して数時間で売切れという、小椋 […]
  • すい臓癌の5年生存率 今日5月9日は32回目の結婚記念日です。娘も付きあって妻と3人で近所の寿司屋へといったのですが、時期をずらした連休休みで閉まっていました。タクシーを拾って大森駅前までいき、「び […]
  • 桜見物 千鳥ケ淵 しばらくブログの更新をサボりました。サボったわけではないですが、少し考えるところがあって、それをどのように書こうかと迷っています。それはまたいずれ。 今日は朝の6時から千鳥ケ淵 […]
  • チェロ弓チェロ弓 これまで使っていたチェロの弓(カーボン)はサイレントチェロを買ったときの付属品だ が、最近はその弓の音に満足できなくなってきました。つまり少しはチェロの音が分かるようになったとい […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です