二人のがん患者 徒歩の旅1000キロ

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

10年前にすい臓がんの手術をした長崎の黒段と4年前に前立腺がんの手術を受けた大学時代の同級生二人が1000キロの徒歩のたびをやり遂げて長崎にゴールしたとの記事が毎日新聞長崎版にありました。

黒田さんは私と同じように膵臓を半分摘出している方ですね。やはり手術直後は再発の不安におびえ、闘ってきた方です。「生かされて良かった」との黒田さんの言葉には重みがあります。「生きていてよかった」ではないのですね。「生かされて・・・」ここには人間の力の無力さと、人間を超えるものへの深い共感・信頼があります。

<以下、毎日JPより引用>
徒歩の旅:がんの手術乗り越え1000キロ、出島にゴール 「人生これから」 /長崎
 ◇黒田さん(長崎)、武内さん(東京)

 東京-長崎間を、長崎市江平2の元会社員、黒田雄彦さん(62)と、東京都大田区田園調布南の同、武内孝昭さん(64)が歩き通し、29日にゴール地点・長崎市出島町に到着した。歩いた距離は約1000キロ。二人は青山学院大の同級生で、共にがんの手術を乗り越えた経験がある。家族ら大勢の関係者の出迎えを受けながら、「人生これから」と日焼けした笑顔を交わした。

 黒田さんは10年前、すい臓がんのため、すい臓を半分摘出する手術を受けた。武内さんは4年前に前立腺がんの手術をした。がん再発の不安と二人は闘っていた。

 昨年1月に東京都内の飲食店で新年会を開いた際、黒田さんが武内さんに「長崎に遊びに来ないか」と誘うと、武内さんは「歩こう」。すぐに、徒歩旅行が決まったという。二人は大学時代にも東京から大阪まで一緒に徒歩旅行をした経験があったからだ。

 今年3月20日に東京・日本橋をスタート。13都府県を巡り、各地の遺跡や建造物などを訪ねながら、41日間かけて到達した。

 武内さんは「(旅には)がん克服の思いが心の奥にあったのかも。雪の日もあったが、温かいサポートもあった。人との出会いに感謝している」。黒田さんは「10年前は絶望と恐怖で、死にたくないという気持ちが強かった。生かされて良かった」と語った。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 膵臓がんのオリゴメタ説(2)膵臓がんのオリゴメタ説(2) 「私の膵臓がんもオリゴメタ転移型かもしれない」と考えられるとき、どうすればよいでしょうか? 岡田医師の勤める放医研病院でセカンドオピニオンをお願いするという方法もありますね […]
  • 今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』 期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! (希望の最新医療シリーズ)posted with ヨメレバ 桜の花出版 取材班 星雲社 […]
  • ウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できるウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できる 膵臓がんにウコンは効果があるのでしょうか。ウコンががんに効果があるという科学的な報告をまとめてみました。 ウコンの有効性が次々に明らかに 2010.11.4の産経ニュ […]
  • ビタミンDとメラトニンビタミンDとメラトニン 運良く3年を迎えることができたのだが、これで安心だと考えているわけではない。すい臓がんの予後の悪さを考えると、ついつい悲観的にないがちだが、気を取り直して「今を生きる」だけのこと […]
  • 初の癌ワクチン外来-久留米大医学部初の癌ワクチン外来-久留米大医学部 がんペプチドワクチンの外来が始めてできたそうです。患者の負担も軽減する処置を執っているとか。こうした外来が全国に増えることを期待したいものです。 全国初のがんワクチン外来、久留米 […]
  • 代替医療のみで治療するがん患者は生存率が低い代替医療のみで治療するがん患者は生存率が低い 代替医療のみで治療したとは未確認 表記の話題でネットは賑わっていますね。ハマリョウさんも書かれています。 原論文はこちら。 「今回の研究では、米国内のがん患者の […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA