抗がんサプリメント

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

日本と欧米ではサプリメントに対する考え方が違うようです。日本では「ガンに効く」「これで○○ガンが完全に消えた!」などという宣伝で売られています。もっとも、○○に効くと宣伝すると薬事法違反になるので、バイブル本という形をとって売られています。いかにもその道の権威らしき何とか医学博士が登場して本を出版する、その本の巻末にはサプリメントの販売先が書かれているというパターンです。

藁をも掴みたいガン患者の心理を利用して、悪徳な金儲けの輩が跋扈しているのです。対してアメリカでは政府がサプリメントの臨床試験を行なっています。臨床試験には莫大な金がかかりますから、中小の企業では試験を行なう体力はないでしょう。そこでNIH(国立衛生研究所)やNCCAM(国立補完代替医療センター)を設けて試験を行なっているのです。

日本人の多くは、標準的治療で治らないといわれたガンに効く「魔法の薬」として、サプリメントを飲んでいるのですが、欧米では毎日の健康を維持するため、ガンを予防するために利用しているのです。食生活を改善し、自然志向を進めながら足りないものをサプリメントで補うという考え方です。Dr.ワイルもこうした考え方で「心身自在」などの本を書いて8週間のプログラムなどを紹介しているのです。私が前回のブログでワイルのビタミンCなどの服用を考えてみようかと書いたのも、健康維持・免疫力の改善、ひいては再発してもガンと闘うことのできる体力を付けるためです。

抗がんサプリメントの効果と副作用徹底検証!

『抗がんサプリメントの効用と副作用
 徹底検証』は、キャンサーネット・ジャパンの編集で、こうしたサプリメントの科学的データを検証した本です。主として世界最大の医療データベースPubMedに収録された1000万件の研究報告からサプリメントが効くのかどう
かを調査したものです。この本の結論では、サメの軟骨・プロポリス・アガリクス・AHCCなど、ほとんどのサプリメントにはガンに効くという研究結果は存在しません。高麗人参などごくわずかが「期待が持てる」という程度です。枇杷の葉温灸でアミグダリンが有効だといわれているようですが、アメリカではアミグダリンのサプリメントは違法です。

あぶない抗がんサプリメント

私も以前にこのPubMedでAHCCについて検索したことがあります。いくつかのヒットがありましたが、マウスでの実験レベルの研究報告しかありませんでした。日本では関西医科大学でAHCCに関するいくつかの研究がありますが、発表しているのがAHCCのメーカー・アミノアップ化学の研究者であったりします。実は大学には寄付講座という仕組みがあり、メーカーが資金を出して大学の講座を開くという制度です。アミノアップ化学がこの大学に寄付講座を提供していることはあまり知られていないようです。これも一種の「バイブル本」商法と言えるかもしれません。

逆に抗がんサプリメントの服用でガンが悪化するという指摘もあります。『あぶない抗がんサプリメント』はサプリメントを過信することへの警鐘です。

Image_002
日本補完代替医療学会が出している「がんの補完代替利用ガイドブック第3版」が参考
になります。

NIHなど、懐かしい名前が出てきました。懐かしいというのは、以前にNIH Imageという画像処理ソフトを使っていたからです。Mac上で動く医療画像のソフトですが、それのWindows番がScion Imageで仕事に使っていました。日本では厚生労働省が画像処理ソフトを作成して無料で配布することなんか想像することもできません。わが国の政府との間には、考え方において大きな隔たりがあります。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ストレスは膵臓がんを助長するストレスは膵臓がんを助長する ストレスは膵癌を加速させるアクセル やはりストレスは膵臓がんには悪い影響を与えますね。 2018年1月の "Cancer Cell" […]
  • ストロンチウム90は膵臓がんを発症させる 『人間と環境への低レベル放射能の脅威』には、米ソの過去の大気圏核実験の降下物、いわゆる死の灰と日本の子どものがん死亡率との相関関係を指摘しています。もちろん因果関係があるとは断言 […]
  • やはり怪しい!インクレチン関連薬(GLP-1、DPP-4阻害薬) 3日前のTwitterにこんなつぶやきを載せた。 RT @Office_j […]
  • 『抗がん剤は効く!』 梅澤先生の新著『使い方次第で抗がん剤は効く!』を読みました。近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」について、標準量では聞かないというのなら、それは同意できる。しかし、患者に合わせた少用 […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です