がん患者のためのインターネット活用術 (12)

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: 私はこれで膵臓がんを克服した
ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: 私はこれで膵臓がんを克服した』では最新の情報に書き直して出版しています。


前回の続きです。

4個の一対比較表ができました。この一対比較表を行列と見なしたとき、行列の固有ベクトル(正確には最大固有値に対する正規化した固有ベクトル)が、目的に対する”重み(重要度)”となります。固有ベクトルの計算は、『Excelで学ぶAHP入門』の著者、中島信之さんがウェブ上に公開されているので、それを利用します。

中島信之さんの「AHP」計算ウェブ

このページにはAHPの利用法なども紹介されていますので興味のある方はご覧ください。

「AHP」ページの「AHP Web(CGIを使ったAHPの重要度計算ソフトウェア)」が固有値計算のページです。

Wshot00063

■評価基準の重要度計算

評価基準は3個ですから、行数・列数に「3」を入力し、「一対比較行列の入力」ボタンをクリックします。

Wshot00064

ここに、用意しておいた(下の)評価基準の一対比較表の値を入力していきます。

Wshot00061

実際には表の右上半分だけ入力すれば、左下の値は自動的に計算してくれます。

Wshot00065_2

値を入力すれば、左のようになります。

「重要度の計算」ボタンをクリックします。

*

*

*

*

Wshot00066
計算結果が出ます。

評価基準のそれぞれの重要度が、

費用:0.0639
生活の質(QOL):0.7438
生存期間:0.1923

となりました。

これをExcelのシートにコピーしておきましょう。

コピーするにはテキストファイルと書かれた部分をクリックします。テキストファイルの利用法の説明も参照してください。

*

*

*

*

■代替案の重要度を計算する

次に評価基準から見た代替案の重要度を計算します。表は前回表示していますから、ここでは省略します。

1. 「費用」から代替案を評価した重要度

Wshot00067

2. 「生活の質(QOL)」から代替案を評価した重要度

Wshot00068

3. 「生存期間」から代替案を評価した重要度

Wshot00069

整合度(C.I.)は一般に0.15以下が望ましいといわれています。これ以上になった場合、一対比較値を見直した方がよいようです。0.15以上になっていますが、今回はこのまま計算を続けます。

見やすくExcelの表としてまとめました。

Wshot00070

■総合評価値の計算

あとは重要度どうしをかけて、その総和を求めるだけです。上の表の色分けした部分(重要度)を、下の同じ色の部分のコピーします。

Wshot00071

次に、(評価基準の)重要度を代替案毎の重要度にかけ算していきます。(積和を計算)

代替案の横の総和が「総合評価値」になります。Excelの計算式で表示するとこんな感じです。

Wshot00073

■治療法の評価

さて、結果が出ました。再発したら治療なんかはしない、無治療が一番の選択肢という結果です。生活の質(QOL)を重視したためだと思われますが、C.I.(整合度)が幾分大きいので、再度評価値を見直した方が良さそうです。

しかし、この結果でもある程度の考えをまとめることができます。

  1. がんペプチドワクチン療法は白血球の型が合わない限り治験に参加できないのですから、型が合わなければ選択肢とはなり得ない。
  2. 同様に免疫細胞療法は、高額な治療費を用意できなければ選択肢にはなり得ない。
  3. 標準治療は、ほとんど考慮の余地なく、私の選択肢にはなり得ない。
  4. となると、残されたのは「休眠療法」と「無治療」です。

1と2も、再発が確定した時点で一応チャレンジはしてみますが、現状では治験に参加できるかどうかは50%程度の確率でしょう。2は金が工面できるかどうかという現実的な問題です。年末ジャンボに当選すれば問題はないのですが。

説明すると難しそうですが、やって見れば意外と簡単です。AHP法、がんと闘う戦略に迷ったら試してみてはいかがでしょうか。

以上の例はAHPを説明するための仮定です。多くの部分は私の価値観に基づいていますが、結果が私の治療法の選択肢だということでもないし、何らかの治療法を推奨しているわけでもないことをご承知ください。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です