スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

今公表すべきは、死の灰の拡散データだ。

LINEで送る
Pocket

茨城県のホウレン草から放射能を検出したと報道された。核種もベクレル数も不明だが、福島県の農産物・畜産物は壊滅的であろう。NHKの水野解説員は「人体に影響のないレベル」と相変わらずの(意図的に)まちがった説明を繰り返している。ホウレン草に検出されたということは、吸っている空気も水も、濃度は小さくても、ありとあらゆるものが汚染されているのだ。ホウレン草だけを食っているのではない。

文部科学省の測定では、3月19日19:00時点で、原発から北西30キロにあるNo.32地点で136.0μSv/hと発表している。
Wshot00212

「直ちに健康に影響する線量ではない」と水野解説員は言うが、一年間では
     136×24×365=1,191,360μSv=1,191mSv
であり、放射線業務従事者の一年間の許容線量50mSvの23.8倍なのである。5年間で100mSvという法律があるから、実に60年分の被ばく線量になる。生涯放射線に被ばくする仕事に従事していてもあり得ないほどの線量を、たった1年で被ばくする量だという事実を、マスコミは報道しない。
ちなみに、このような被ばくを文部科学省では「事故」といい、「大量被ばく」という。そして、その作業員は直ちに放射線作業からはずされ、千葉の放医研に送られて厳重な検査を受けることになるのである。事業者には「事故報告」が義務づけられる。マスコミにたたかれる。そんな線量が、30キロの自宅待機の距離にあるのである。しかも、この数値は外部被ばくに限った計算である。内部被ばくは考慮していない。

セシウム137はバリウム137mを経てバリウム137に壊変する過程で大量のガンマ線を放出する。このガンマ線がモニタリングポストで測定されているのであろう。空気中のセシウム137を体内に取り込むと、バリウム137mに壊変するときにベータ線を放出する。ヨウ素131もキセノン131に壊変する過程でベータ線を放出する。体外被ばくはガンマ線が怖いが、内部被ばくはアルファ線、ベータ線のほうがこわい。それはごく小さい距離しか跳ばないからであり、ごく薄い物質で遮蔽されるからである。つまりは放射性物質のごく近傍の細胞だけを放射線が叩く。発がん作用が大きくなる。

政府は半径100kmの県民を全員疎開させるべき時期になったと、私は考える。アメリカなどの諸外国は80km以内は待避するように自国民に勧告したが、この処置の方が正しいのである。

今必要なのは、

  • どのような核種が
  • どの程度
  • どの方向に

拡散しているか。そのデータを公表することである。SPEEDIはそのためのシステムではなかったのか。まったく期待された機能を果たしていないではないか。

核種の同定にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線のエネルギーを測定する必要がある。しかし、茨城県にはたくさんの原子力関係の施設・研究所がある。そうした計器を持っているし研究者もいる。どうして測定して公表しないのか。

モニタリングポストはガンマ線・中性子線など電離放射線の空間線量率を測定しているだけである。原子炉の周辺では重要なデータではあっても、それ以外の地域では、空気中に放射性物質がどれくらい漂っているのかの「指標」でしかない。これで人体の被ばく量を推定して安全だと報道するのは、無知であるばかりではなく、事実の隠蔽である。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサート あけましておめでとうございます。 三が日はスマホの電源も切り、ブログもTwitterにもアクセスせず、パソコンもほとんど触らず過ごしました。たまにはITと無縁で過ごすの […]
  • 川畑のぶこさんの講演、盛況でした。川畑のぶこさんの講演、盛況でした。 膵臓がんと闘う上で、自分の免疫力を高めることは、治療のベースとなります。そのためにみなさんはサプリメントや食事療法に関心が向かいますが、実は心のありよう、精神的な安定が、免疫と深 […]
  • 「低用量抗がん剤治療」は『偽善の医療』か? 山崎豊子「白い巨塔」の二人の主人公は財前五郎と里見脩二。二人とも架空の人物であるがWikipediaに載っているのだから、この小説の人気が分かろうというもの。里見脩二には一回り以 […]
  • 『今あるがんを眠らせておく治療』『今あるがんを眠らせておく治療』 今日は私の62歳の誕生日。3年前に癌研に入院した日でもあります。一週間遅れの父の日も重ねて、昨夜は家族で祝ってくれました。娘からは山崎の12年を2本。少し飲み過ぎで食べ過ぎだった […]
  • 今日の一冊(109)「がんと腹水治療 -末期がん・肝硬変 先端医療の現場-」今日の一冊(109)「がんと腹水治療 -末期がん・肝硬変 先端医療の現場-」 CART療法は、1981年に保険認可されているものの癌性腹水治療法として一般に普及していないのが現状です。癌細胞や白血球、フィブリンなどの細胞成分の多い癌性腹水では、狭いファイバ […]
  • 図書館再開、嫌な老人がなぜ増える?図書館再開、嫌な老人がなぜ増える? ”コロナ太り”かなぁ? それとも、インスリンを7単位に増やしたせいか? […]
  • Google検索のアルゴリズム変更で、アクセス減Google検索のアルゴリズム変更で、アクセス減 6日から、急にブログへのアクセス数が半減しています。どうしたのかな?と思っていたら、原因はこれ。 Googleが12/6に医療健康系ジャンルの検索結果を大幅に変更す […]
  • 京都3日目は・・・京都3日目は・・・ 加茂川は北から南に流れている。京都は北の方が標高が高い。金閣寺と当時の五重塔の先端が同じ標高だという。 今日は金閣寺近くの宿からさらに北へ、迷いの窓と悟りの窓で有名は源光庵 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です