素朴に考えてみれば・・・


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

放射線、放射能の人体への影響で、安全か危険かといろいろな意見があります。私は「わずかの放射線にもそれなりの人体への影響があるので、これ以下なら安全という議論は成り立たない」という立場です。科学的にはECRRの主張するリスクに合理性があると考えています。

しかし、放射線の危険を正しく認識するにはどうしても専門用語が理解できていなくてはなりません。それは一般的には敷居が高いと思われるようです。しかし、3・11以後は、日本人は皆が「ヒバクシャ」です。放射線に対するそれなりの知識が必要になることは間違いありません。

そこで”常識的に考えて”みれば、というので前々回「電気は余っている・・」と題して書いてみました。今回もそうしたスタンスで考えてみます。

被ばく線量限度は歴史的には、より厳しい方法に改訂されている

Permisib1

上の図は小出裕章氏のサイトからリンクしてありますが、黒丸の職業人(放射線業務従事者)に対する「許容量」は時を経て、放射線に対する知識が増加するにしたがってより厳しい数値になってきています。一般公衆に対する許容量も同じく厳しくなることはあっても、緩やかになったことはありません。現在の一般公衆に対する「許容量」は、ICRPの勧告に従って1mSv/年ですが、ECRRはこれを十分の一にすべきだと勧告しています。

ICRP勧告の理論体系は、DNAが発見される以前の骨董品的な理論体系であり、近年の生物科学の成果を取り入れていいない、チェルノブイリの被ばくとその影響の実態を取り入れていないなど、多くの欠陥があることは前にも書いています。しかし、マスコミでは相変わらず「安全だ、心配しすぎる方がより健康に害がある」などと、まことしやかに解説している自称「専門家」がいます。ICRPの権威といっても、所詮は歴史的に修正され続けてきた勧告にすぎません。

「ICRP勧告によれば安全だ」ではなく、放射線について知識が深まれば「ICRP勧告もいずれはより厳しく改訂される」可能性が高い。

原発は経済的競争力がある?

原発に経済的競争力がある、つまり発電コストが安く、火力・水力発電に比べて優れていると政府も電力会社も言う。それだけ優れている事業なら、どうして政府が巨額の税金をつぎ込み、電気料金の計算で恩恵を与えて援助するのか。優良事業なら政府の支援など不要ではないか。政府の過保護的支援策には次のようなものがある。

  1. 立地支援:電源三法(電源開発促進税法、電源開発促進対策特別会計法、発電 用施設周辺地域整備法)による支援。2010年度で1476億円。
  2. 研究開発支援:日本原子力研究開発機構などへの支出。
  3. 損害賠償支援:1962年に「原子力損害の賠償に関する法律」が施行され、商業発電用原子炉は1200億円の保険加入を義務づけられるが、それを超える損害が発生した場合には、政府が国会の議決により、損害賠償の援助を行うこ とができると定められている。福島第一原発の事故でもこれが適用される可能性が高い。
  4. 安全規制コスト支援:原発がテロ、軍事転用、過酷事故等の危険性を持つための追加コストである(566億円)

廃炉費用や使用済み核燃料の処理費用はこれには含まれていない。このような支援がなければ、事業として成り立たない。リスクが大きすぎると言うこと。電力会社がどうしても原発をやりたいというのなら、メルトダウンなどの過酷事故による損害賠償も含めて、すべてを「自己責任」でやれば良い。それでもまだ経済的に優位だと考えるのなら、自由主義経済ではひとつの選択してしてありうると思う。しかし、万一のことがあれば会社が倒産するかもしれないようなリスクを敢えて引き受けるのは、倒産寸前のニッチもサッチもならないような会社・経営者だけであろう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • あじさい祭あじさい祭 弟の33回忌法要で菩提寺に行ったのですが、千束の長國寺であじさい祭をやっていました。 起源は江戸時代にさかのぼります。ある年流行り病が蔓延し、当時の住職が「悪病退散 […]
  • 血糖値が高いと、充分ながん治療が受けられない血糖値が高いと、充分ながん治療が受けられない がん患者は糖尿病を併発している 東京築地の国立がん研究センター中央病院でも、糖尿病を合併する患者は多いようで、入院病床600のうち、約60人は糖尿病を合併しているそうです。 […]
  • 桜開花した!桜開花した! 我が家の前の桜並木、一本だけ何輪か咲いていました。 今年は連年より相当早いです。 大部分はまだ蕾ですが、蕾も膨らんで、今にも開きそうな。 動画 […]
  • 日光輪王寺、鬼怒楯岩大吊り橋日光輪王寺、鬼怒楯岩大吊り橋 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の […]
  • 「神様のカルテ」のような医療スタッフ「神様のカルテ」のような医療スタッフ 次回の「膵臓がん患者と家族の集い」には、SAKUさんと待夢さんをお招きして体験講演をお願いしています。 しかし、SAKUさんが緊急入院しました。 心配でした。 […]
  • 糖質制限食を続けています糖質制限食を続けています 久しぶりに糖質制限食の話題。もちろん(プチ)糖質制限食は続けています。朝は玄米と味噌汁、納豆、焼き魚、野菜の炒め物。夕食はご飯抜きのおかずだけ。おかずは肉に魚、タンパク質をしっか […]
  • ASCO2020:膵臓がん周術期の化学療法 延命効果示せずASCO2020:膵臓がん周術期の化学療法 延命効果示せず 術前、術中、術後の化学療法、modified(m)FOLFIRINOX(5-FU、イリノテカン、オキサリプラチン)とゲムシタビン+nab-パクリタキセルはどちらも、既報に […]
  • がん患者も「生産性」がない・・・ですかがん患者も「生産性」がない・・・ですか 性的少数者だけに向けられた言葉ではない。介護されている人、障がいを持つ人、病気を抱えて働けない人、みんなさまざまな事情を抱えて生きている。 しかし、短絡的で愚劣な目に見える […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です