原発御用大賞

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

原発御用大賞」なるサイトがある。原発御用学者として誰が一番ふさわしいかを、学者・文化人・政治家の三分野で投票しましょうという趣旨だ。

実はノミネート対象者を募っているときに私も推薦の一票を入れた。誰を推薦したかは言わないが。

学者では、中川恵一・大橋弘忠・山下俊一・有冨正憲・菊池誠・斑目春樹氏の六名である。最初の3人は納得できるが、有冨氏についてはよく知らない。なんでも一号機の爆発映像の解説で「爆破弁が成功したのだ」と言ったそうだ。3号機の黒煙はケーブル被覆が燃えているのだとも。東工大原子炉工学研究所所長の肩書きがある。原子炉の構造もろくに知らないということか。

菊池誠氏はこのブログでも取り上げたことがある。私はtwitterは使わないので知らなかったが、そこでの発言が原子力や放射能に対する無知をさらけ出していたことが評価されてのノミネートらしい。彼の著作からの引用を元に次のようなことを書いた。

ニセ科学(似非療法)は白黒をつける
二分法をよく使います。ストレスは体に悪い。低体温は病気の元だから暖めればがんも治る。マイナスイオンは悪
くてプラスイオンは良い。

人間も自然も複雑系ですから、絶対によいものや絶対に悪いものはなく、物事のすべてに両面があるのです。この前の記事に書いたよ
うに、本当に科学的であろうとすれば、歯切れが悪くなるのです。

ご本人は福島原発事故の初期の段階で「メルトダウンは起きません」などと、二分法で歯切れよく断定していた。最近でも「臨界」のなんたるかを知らないで発言しているような様子だ。

私としては菊池氏のような小物よりも中川恵一氏・山下俊一氏に大賞を受賞して欲しいと願っているのだが、さてどうなるか。どちらをとるか、迷うよなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

原発御用大賞” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    nobさん。コメントありがとうございます。nobさんのHPとブログは常にチェックしていますよ。TS-1の副作用で視力がおかしくなった様子、改善してよかったですね。PET検診は膵臓がんなら保険適用の可能性(医者の匙加減、書類の書き方ひとつで)があるとコメントをしたこともあります。
    ともに希望を持って日々佳き日を送りましょうよ。明日の絶望よりも、いま生きている幸運を楽しみましょう。

  2. nob より:

    膵臓癌のステージⅣと診断され、闘病中のものです。自身でもブログを公開して、経過など書いてます。リンクを張らさせていただきたくコメントしました。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です