重大ニュースが目白押し

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

次々に重大なニュースが報じられるので、ブログに考えを書く時間もないほどだ。だから今日はまとめてだ!。

  • 安全宣言をした福島市の玄米から630Bq/kgの放射性セシウムを検出
  • イレッサの高裁判決
  • グリーンピースによる魚の放射能検査
  • NNSAがストロンチウムなどの土壌汚染データを公開
  • 西日本にもセシウム137が核酸とノルウェーの研究者らが発表

●イレッサの高裁判決は、原告側の逆転敗訴となった。がん医療に従事する医療者側からもさまざまな論評(概ね判決を歓迎する内容)がある。私のこの問題に関する考えは以前に書いているので繰り返さないが、がん患者の立場からみてこの高裁判決は見過ごせない一面を持っている。

高裁判決は、結局は「承認前に集積された副作用報告症例について、当該医薬品との『因果関係がある可能性ないし疑いがある』というだけでは足りず、確定的に『因果関係がある』と言える状態に至らなければ、安全対策をとる義務が発生しないとするに等しい」判決内容である。つまり医薬品の注意文書に副作用を羅列しておけば企業としての責任が免れるというわけだ。電気製品などの取扱説明書の冒頭に、注意事項が書いてあるが、あれと同様に「書いておきさえすれば良い」となる。

イレッサの教訓は、「夢の新薬」だとか「癌細胞だけに作用して正常細胞にはダメージを与えない」とかの宣伝文句には眉につばを付けて考えた方が良いということだろう。「いずれは死んでいくがん患者なのだから、重篤な副作用に当たったとしても同じことだろう。よく効いた患者もいるのだから」というような、がん患者の人権を無視したような論調には憤りを抑えきれない。今後はがん患者は自分で副作用を調べなければ安心して抗がん剤の投与は受けられなくなりそうだ。

●福島の玄米から630Bq/kgのセシウムだ検出という報道には、驚かなかった。当然ありうると思っていた。これまでの測定値を見ても、データがあれほどばらついていたら、つまりは標準偏差が大きいのだから、これまでの最大値を超える値が出るのはあたりまえ。なにがなんでも「安全宣言」をしたいという福島県の姿勢が、反って農民を苦しめることになる。もはや「全数検査」以外には消費者は納得しないだろう。

●東京都はスーパーなどの店頭で購入した食品の放射能検査をして発表しているが、その中には魚が含まれていない。グリーンピースが魚の検査を行って発表している。

大手スーパーマーケット5社で調査を行ったところ、放射能汚染された商品が広く販売されていたことを確認しました。
前回の調査ではブリやカツオ、今回の調査ではマダラやメバチマグロなど、大型魚からの放射性物質の検出が目立ちます
また、缶詰(サバの水煮)からも、放射性物質が検出されました。

福島県の11/16の魚の検査結果によれば、いわき市産のコモンカスベから910Bq/kg、いわき市産のヒラメから4500Bq/kg、広野町産のイシガレイから870Bq/kg、広野町産のコモンカスベから800Bq/kgが検出されている。この他にも31品目で100Bq/kgベクレルを超えている。 魚の汚染はまだまだ収束にはほど遠いと思う。

●そしてストロンチウムの土壌汚染データが、NNSA(国家核安全保障庁)のサイトにアップされていると、おしどりマコ・ケンさんのブログに書かれている。

文部科学省が4月12日に「福島の土壌から微量のストロンチウム」を検出したというニュースがあった。

 文部科学省は12日、福島県で採取した土壌と葉物野菜からストロンチウム89と90を検出したと発表した。福島第一原発から放出されたとみられるが、半減期が約29年のストロンチウム90はセシウム137に比べ約1千分の1以下の量だった。今回の原発事故でストロンチウムの検出は初めて。

発表によると、土壌のサンプルは3月16、17日に浪江町で2点、飯舘村で1点が採取され、分析された。この結果、ストロンチウム90は最大で土壌1キロあたり32ベクレルだった。半減期が約50日のストロンチウム89は最大で260ベクレル。同時に分析されたセシウム137は1キロ当たり5万1千ベクレルで、ストロンチウム90の値は、この0.06%の量だった。

わずか3地点のデータの公表だった。しかし、NNSAのデータを見るとSr-90、89は22点のデータがあり、その他に17点のSr-Total(Sr-90+Sr-89)というデータがある。福島第一からの距離も記載されていて、最も遠いのは45.5キロ離れた地点である。

Wshot00270

文科省も福島県も知らなかったようだが、アメリカという国は、こうした重要なデータをぽんと発表するんですよね。アメリカの良いところでもある。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • こころと自然退縮こころと自然退縮 癌が消えた がんの自然退縮や劇的寛解を経験した方に共通した原因はあるのだろうか? 20年以上前に出版された古い本ですが、多くのがんの自然退縮・劇的回復の物語が紹介され […]
  • 今日の一冊(42)『いのちの苦しみは消える』   元国立がん研究センターの内科医であり、現在は栃木県益子町・西明寺の住職と、境内にある普門院診療所の医師の二足のわらじを履いている田中正治医師。しかし、2 […]
  • がんワクチン 規制当局との攻防がんワクチン 規制当局との攻防 本日3件目の記事です。 市民のためのがん治療の会に、東京大学教授・医科学研究所附属病院長の今井浩三氏の短いコメントが載っています。 『がんペプチドワクチン全国ネットワーク共同研究 […]
  • ビワの種ががんに効く? 農林水産省が警告ービワの葉温灸は?ビワの種ががんに効く? 農林水産省が警告ービワの葉温灸は? 農林水産省がビワの種子粉末に警告 農林水産省がビワの種子粉末に警告を出したというこちらの記事。 「ビワの種の粉末食べるな」農水省が警告 食品回収続出もネットに残るレシ […]
  • 膵癌の腹膜播種に対する腹腔内化学療法でクラウドファンディング「東大基金」膵癌の腹膜播種に対する腹腔内化学療法でクラウドファンディング「東大基金」 腹腔内投与 胃がん、膵臓がん、卵巣がんでは高い頻度で腹膜播種が生じます。腹膜播種は、がんの転移形式の一つで、がん細胞が腹膜内に散らばった状態です。 腹膜播種になると、腸閉 […]
  • 「自然療法でがん治癒」に有罪判決「自然療法でがん治癒」に有罪判決 オーストラリアでの話しだけど、日本でも似たようなことがあるよね。 オーストリア連邦裁判所は15日、脳腫瘍があったが自然療法で治癒したとうそをつき、書籍などを出版していたブロガー […]
  • ホメオパシーとアンドルー・ワイル 朝日新聞でホメオパシー関連の記事やブログが連続しています。このブログでも話題になる前からホメオパシーへの批判を書いてきたのですが、実際これほどまでに世間に広まっているとは思ってい […]
  • 低血糖で昏睡、危なかった。低血糖で昏睡、危なかった。 低血糖は、本当に怖いですよ。 結婚記念日を早めに祝おうと、昨夜は鉄板焼きダイニングを予約して家族全員で出かけました。昼間のうちから「低血糖かな?」との自覚症状があったのですが、お […]
LINEで送る
Pocket

重大ニュースが目白押し” に対して5件のコメントがあります。

  1. 池上在住女性 より:

    キノシタさま、早速ありがとうございます。じっくりと拝見させていただきます。
    助かります!
    自分の許容範囲を設定する、正しい知識を得る、重要です。
    チェルノブイリハートの世界を出来るだけ避けるためにも・・・。
    高知では親戚が、歓迎してくれてお刺身の専門店に連れて行ってくれました。
    戻り鰹の旨い店だから、という事で・・・。
    最高の味でしたが、夜、思わず高知県庁のサイトを確認してしまいました。
    やはり、高知の方も心配されてます、当然ながら。
    問題のエリアを抜けて高知に戻ってくる鰹達がなんだか、かわいそう。
    鰹達は何も知らないのだから。
    そして、こんな事を気にしないといけない世界になってしまったんだ、と。
    覚悟を決め、冷静に対処ですね。

  2. キノシタ より:

    池上在住女性さん。
    その論文の著者である安成哲平さんがtwitterでつぶやいています。
    http://twitter.com/#!/TJ_Yasbee
    そして、
    「PNAS論文「セシウム137の全国汚染見積もり」の日本語のまとめ(プレスリリース文章)が名古屋大のHPに掲載されました。→ 原文(英語)はこちらです→ http://bit.ly/vOy9LD」
    とのこと。Linkされた原文はabstractですが、そのページの右側にある「Full Text,Full Text+SI,Supporting Information」を順にクリックしてください。動画もダウンロードすることができるようになっています。お勧めはFull Text+SIですね。多くの画像が入っています。ただ、安成氏も言っているようにあくまでもシュミレーションですから、これを参考にして土壌の検査をしてくださいという趣旨です。この状態で汚染されていると断定したわけではありません。それにしても「自由は土佐の山間より」と言われた故郷の山も汚染されていますね。北海道の東部もです。
    高知に限らず、日本に限らず、福島は世界を汚染したのです。3.11以前はCs-137は1Bq/kg以下(大気圏核実験の降下物により)でしたから、西日本でさえも100~1000倍になっているはずです。今後は放射能と暮らす覚悟が必要であり、「どこまでならがまんするか」を一人ひとりが考える必要があります。そのためには政府がすべての情報を公開すること。放射能に関する知識を全員が学習すること。これが大事だと思います。そのための一助にでもなればと、がん患者としての立場から発信しています。
    カツオのたたきもいずれ汚染をし心配しながら食べるようになるのでしょうか。

  3. 池上在住女性 より:

    キノシタさん、こんばんわ、寒くなってきましたね!
    池上から五反田まで歩いてきました!約1時間です。
    さて、関西からセシウム137、ありえるとは思っていましたが、はっきりとデータで出るとショックです。
    18日ジャパンタイムスの1面にその日本地図が出ていて、もっと詳細をみたいのですが、出典のアメリカ科学アカデミーのHPでも探せません。自分の英語力が情けないです・・・。
    高知に行ってきたのですが、山間部もやられてますし、自分がお米を買った広島県三次市もです。関東とは比較にならないとはいえ、本当に悲しいことです。
    データは3月19日以降のもので、12日から19日は含まれないとのことですから、もっとも多く飛んだ期間がごっそり抜けたものでシュミレーションしている・・・。
    だんだんと、汚染されていない食品を探すのが困難になってきました。
    小さい子供、若い女性、本当に胸が苦しくなる毎日です。
    どう、自分の気持ちを手なずけるか、最近むずかしくなってきてます。

  4. naka より:

    キノシタ様
    イレッサ判決、放射能問題等キノシタ様に全く同感です。

  5. You より:

    私は最近知ったばかりですが、ウコンの中でも、春ウコンの抗癌作用についてはもうご存知でしょうか?
    糖尿病にも効果があるとのことです。
    以下に詳しく研究された方が著書の内容を掲載されており、私はとても興味深く拝見しました。
    がん患者の方の朗報になればと思い、お知らせします。
    http://www.haru-ukon.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です