(財)全日本仏教会が脱原発宣言

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

(財)全日本仏教会が「原子力発電よらない生き方を求めて」との宣言文を発表しました。10月8日のこのブログ「永平寺が反原発シンポジウムを開催」で、「思想家、宗教者、文学者こそが、新しい日本の思想世界を創造し、われわれが進むべき道を指し示す役割を持っているのではないか。他の宗派も永平寺に続け。」と厚かましくも書きましたが、(財)全日本仏教会という国内のほとんどの宗派が加盟している財団からの宣言であり、仏教界の快挙として歓迎します。

宣言文
原子力発電によらない生き方を求めて

東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散により、多くの人々が住み慣れた故郷を追われ、避難生活を強いられています。避難されている人々はやり場のない怒りと見通しのつかない不安の中、苦悩の日々を過ごされています。また、乳幼児や児童をもつ多くのご家族が子どもたちへの放射線による健康被害を心配し、「いのち」に対する大きな不安の中、生活を送っています。
広範囲に拡散した放射性物質が、日本だけでなく地球規模で自然環境、生態系に影響を与え、人間だけでなく様々な「いのち」を脅かす可能性は否めません。

日本は原子爆弾による世界で唯一の被爆国であります。多くの人々の「いのち」が奪われ、また、一命をとりとめられた人々は現在もなお放射線による被曝で苦しんでいます。同じ過ちを人類が再び繰り返さないために、私たち日本人はその悲惨さ、苦しみをとおして「いのち」の尊さを世界の人々に伝え続けています。

全日本仏教会は仏教精神にもとづき、一人ひとりの「いのち」が尊重される社会を築くため、世界平和の実現に取り組んでまいりました。その一方で私たちはもっと快適に、もっと便利にと欲望を拡大してきました。その利便性の追求の陰には、原子力発電所立地の人々が事故による「いのち」の不安に脅かされながら日々生活を送り、さらには負の遺産となる処理不可能な放射性廃棄物を生み出し、未来に問題を残しているという現実があります。だからこそ、私たちはこのような原発事故による「いのち」と平和な生活が脅かされるような事態をまねいたことを深く反省しなければなりません。

私たち全日本仏教会は「いのち」を脅かす原子力発電への依存を減らし、原子力発電に依らない持続可能なエネルギーによる社会の実現を目指します。誰かの犠牲の上に成り立つ幸福を願うのではなく、個人の幸福が人類の福祉と調和することを願います。
そして、私たちはこの問題に一人ひとりが自分の問題として向き合い、自身の生活のあり方を見直す中で、過剰な物質的欲望から脱し、足ることを知り、自然の前で謙虚である生活の実現にむけて最善を尽くし、一人ひとりの「いのち」が守られる社会を築くことを宣言いたします。

2011(平成23)年12月1日

財団法人 全日本仏教会

格調高い宣言文だと思います。老子の「足るを知るものは富む」、釈迦の臨終の際の説法『仏遺教経』の「少欲知足」、また「欲あれば窮す」との言葉もあります。「まぁ、こんなもんで満足しておこうか」という心構えは、がんの治療についても必要だと考えます。いずれは人間の力の及ばない時期がやってくるのです。「いのち」とは? 生きるとは何か?、もういちど考えてみましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 芋焼酎 六代目百合芋焼酎 六代目百合 芋焼酎の「六代目百合」が宅配便で届きました。6本入りのケースを若い女性配達員が重そうに上げてきました。 私の晩酌はもっぱらこれ一筋です。血糖値が上がる日本酒やワインはダメで […]
  • 人生から期待されている人生から期待されている 治らないがんになったら、絶望感でいっぱいになる。あれもこれも心配の種ばかりになってします。仕事はどうなるのか、死んだあとの家族の生活は、なりよりも、俺が死ぬとはどういうことなのか […]
  • 5years-「患者と経験者の輪」をつなげるサイト5years-「患者と経験者の輪」をつなげるサイト 二度のがんを経験した大久保淳一さんが、1年前に開設された「5years」というサイトがあります。 […]
  • 光免疫療法の2つの記事光免疫療法の2つの記事 「近赤外光免疫療法後の腫瘍における超浸透性および保持(SUPR)効果の向上」 光免疫療法をDDS(Drag Delivery […]
  • ついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズムついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズム デューク大の研究者らが、慢性的ストレスがDNAを損傷するメカニズムを突き止めたそうです。こちら。マウス実験の結果、慢性的ストレスがp53値を長期的に低下させることが、DNA異常の […]
  • 退院しました。退院しました。 左側の椎間板にも異常はないし、これでしばらくは腰のことは考えなくても良いでしょう。ですが、1割くらいは再発して再手術が必要になるらしいです。そのためには、腰に負担をかけない正しい […]
  • マットレス交換 Airyが気持ちいいマットレス交換 Airyが気持ちいい     がん患者にとって、快適な睡眠はとても大切です。 睡眠が不足すると、体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れ、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係してい […]
  • 今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』 肝臓転移の末期の膵臓がん(ステージⅣb)が、ジェムザールとTS-1の併用療法(GS療法)で腫瘍が縮小して手術ができ、5年を経過した桃田清友さんの闘病記。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です