最大の危険は、現実判断が自らの嘘から強く影響される政府

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「直ちに」のツケをそろそろ払わされ

と、川柳が新聞に載っていた。

政府や野田総理、御用学者の言説を聞いていると、嘘から自らの正気を保つのに努力がいる。

メルトダウンで嘘をつき、除染すれば故郷に帰れるかのような嘘をつく。「冷温停止」に「状態」を付けて新たに造語し、これまでの法規制をないがしろにして20mSvは住んでも良いと、御用学者が恥ずかしげもなく言いつのる。

加藤周一が「夕陽妄語」で「嘘について」(2000年6月22日 朝日新聞夕刊)

天下国家の安泰は、みだりに嘘をつかぬ政府によるところが大きいだろう。その次には、むやみに嘘をつくが、みずからはそれを信じない政府。最大の危険は、その現実判断がみずからの嘘から強く影響される政府である。第一の政府は、民主主義的、第二の政府は非民主主義的・現実的で、第三の政府は非現実的・狂信的といえるかもしれない。今の日本政府はそのいずれの型に属するだろうか。その答えは、つまるところ、日本国民の判断に待つほかはない。

と喝破したが、当時は森喜郎首相であった。自民党から民主党に変ったが、政府の型は何も変っていない。もちろん、当時も今も、日本の政府は第三の型である。幸い、政府の「収束」宣言、「冷温停止状態」には、さすがに日本のマスコミも一部は除いて反論している。ネット上ではほとんどが否定的意見で占められている。「日本国民の判断」は確かである。ここに希望がある。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 南相馬の和牛から高濃度のセシウムを検出南相馬の和牛から高濃度のセシウムを検出 玄侑宗久さんの言ったことが本当になってきました。6月14日に「牛が殺処分されるなら、同じ内部被曝した福島県民は」で玄侑さんの「緊急提言」を紹介しました。「大袈裟に言えば、内部被曝 […]
  • 『哲学者とオオカミ』がん患者&生&死 (2)『哲学者とオオカミ』がん患者&生&死 (2) ブレニンは脾臓がんが転移して死んだ。フランスでブレニンと過ごした最後の一年は変化に乏しい毎日であったが故に、宝物のような時間だった。「ブレニンは死ぬことで何を失ったのか」という疑 […]
  • 今日の散歩 食い倒れ横町、バーボンロード今日の散歩 食い倒れ横町、バーボンロード 蒲田駅西口は飲んべえの天国です。東急線の下はほとんど飲み屋で、ここが食い倒れ横町、その先がバーボンロードと、酒に縁のある名前が続きます。ちょうど五反田からの電車が上を通ります。そ […]
  • がん治療は高血糖値を招きやすいがん治療は高血糖値を招きやすい 抗がん剤治療によって血糖値が急上昇することがあるとは聞いていたが、日経メディカルの『癌は糖尿病の“新たな合併症”』は、詳しく解説している。 要点を記すと、 […]
  • 『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。 死が怖いのは、動物としての本能ですから、誰にでもあたりまえに怖いです。ロシアン・ルーレットで拳銃を頭に突きつけられて、引き金を引け、といわれたら、脂汗がたらたらと流れます […]
  • 手術は免疫療法 今日はこれからチェロのレッスン。「夢のあとに」は次回ということになって前回のレッスンから「イパネマの娘」に取りかかっています。ボサノバのリズムに四苦八苦です。どうしてもリズムに乗 […]
  • 免疫信仰は危ない免疫信仰は危ない 例えば『心が免疫系に与える影響(3)』などに、 心の有り様ががん、がんの予後に影響することは「経験的」には確からしいと思われている。多くの医者もそのように言う。 […]
  • 臨床試験(治験)の探し方(3)臨床試験(治験)の探し方(3) 臨床試験の段階 新薬の臨床試験(治験)は次の段階を経て行なわれます。 通常は第Ⅲ相試験の後に新薬として承認されます。私たちが参加できるのは、主としてⅠからⅢ相試験 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です