がん研究センターの英断と民間調査委員会の胡散臭さ

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

もしも、がんが再発したら――[患者必携]本人と家族に伝えたいこと
患者必携 がんになったら手に取るガイド』に続いて、『もしも、がんが再発したら [患者必携]本人と家族に伝えたいこと』の書籍出版に合わせてPDF版が無料公開されました。こちら

「もしも、がんが再発したら」作成の経緯』で作って戴いた方たちの想いを知ることができます。

再発に関する情報(冊子)については、がんと診断されて間もない時期に役立つ情報を取りまとめた「患者必携 がんになったら手にとるガイド」を作成している当初から、「がんになったときは大変、でも、再発したときも大変だった。ぜひ、再発したときにも支えとなる情報を取りまとめた冊子をつくってほしい」という声が多く寄せられていました。

2009年秋、この課題に取り組むことになった研究班が、がん対策情報センター「患者・市民パネル」に呼びかけ、再発がん、多重がんを経験された方を中心に8名が、がん専門医らとともにワーキンググループのメンバーとなりました。ワーキンググループでは、再発を告げられたときにどんな気持ちだったか、どんな支えが必要になるのか、体験者から伝えられることは何なのか、7回の検討会を重ねながら真剣に話し合いが行われました。がんの再発という事態に直面しても、「希望を持って生きる」助けとなりたいという願いを込めてつくられていきました。

多くの患者に活用して欲しいから無料のPDF版を書籍とともに公開するということは、歓迎すべき英断です。

一方で、こうした英断とはほど遠い出来事が、最近マスコミを騒がせました。(財)日本再検イニシアティブの福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)が2月28日に記者会見して報告書を出したとのニュースです。東京新聞はこのように報じていました。

 学者や元検事ら民間人でつくる「福島原発事故民間独立検証委員会」(民間事故調、北沢宏一委員長)は二十七日、報告書を公表した。菅直人前首相らから事情を聴き、東京電力福島第一原発の事故当時、政府内部が混乱していた状況を詳しくまとめた。問題点として、場当たり的な対応、規制当局の能力不足、縦割り行政の弊害などを指摘した。
報告書によると、1号機の原子炉内の蒸気を放出するベント実施前に、避難区域が三キロとされたことについて、班目(まだらめ)春樹原子力安全委員長は「(放射性物質を含む気体を直接放出する)ドライベントは失念していた。ドライベントの場合、避難は三キロでは足りない」と述べた。
1号機の水素爆発時、班目委員長は「あー」と頭を抱えるばかりだった。民間事故調の聴取に「水素爆発はないと首相に話していたので、水素爆発だと分かっても何も言えなかった」と答えた。

実際はその場で報告書はあっという間になくなり、参加した記者からも苦情が出る始末。事故調のウェブには次のようなお断りが載せられています。

記者会見後、多くの方々から入手方法についてお問い合わせをいただきました。当初は、非売品として部数を限定して作成しておりましたが、できるだけ多くの方に読んでいただけるよう株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンから書籍・電子書籍として実費にて緊急出版させていただくことにいたしました。

「非売品として限定作成」との口上もおかしい。記者会見の場にはカラー印刷された立派な報告書があったというから、この時点ですでに版下ができていたのではないだろうか。書籍が1575円、電子書籍が1000円で3月11日に発売されるようですが、あまりにも手回しが良すぎます。最初から販売する計画がなければ、2週間程度で書店に並べることはできないはずです。

そもそもこの組織が胡散臭い。理事長は朝日新聞の元主筆で、朝日新聞の経営の屋台骨が傾き出すとさっさと退職金ももらって逃げ出した船橋洋一です。委員長は北沢宏一・前科学技術振興機構理事長、そのほかにも遠藤哲也・元国際原子力機関(IAEA)理事会議長など、親米・原発推進論者の集まりです。元外交官・天木直人氏もブログでその胡散臭さを指摘しています。

(財)日本再検イニシアティブの理事には近藤正晃ジェームスという名前もあり、Twitter日本代表の肩書きです。実業家であり学者、世界経済フォーラムのヤング・リーダーで、かつ福島原発の原子炉を製作したGEの役員!という、絵に描いたような国際エリートです。

国民の関心が大きい福島原発事故の報告書なら、「できるだけ多くの方に読んでいただけるよう」に無料でPDF配布をすれば良いのではないか。事故原因を世間に知っていただくことが「調査委員会」の本来の役目であるならそうすべきです。資金源も不明ですが、このような団体が「民間」の名で出す報告書に信頼性はありません。自衛隊と米軍の救援活動をことさらに持ち上げている親米新自由主義論者の元記者と、御用学者、原発推進論者の私的な報告書にすぎないでしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です