震度7、21mの津波が浜岡原発を襲う

スポンサーリンク
【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:森省歩氏(ジャーナリスト)『最新取材報告 ここまでわかった「丸山ワクチンの実力」』
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付は、3月1日(金) 8:00からです。
Pocket
LINEで送る

内閣府有識者会議の今日の発表で、太平洋側のほとんどの地域で30m前後の津波を予想。震度7の地域も大幅に増えました。

Image_018

Image_020

浜岡原発のある御前崎市は震度7で、21mの津波が想定されています。ところが今建設中の防潮堤は高さ18m。高さだけを考えても津波が超えてしまうが、浜岡原発では「防水扉を閉めるから原発は浸水しない」と呆れるようなコメントだ。震度7で建物が無事であるはずがないし、福島第一を襲った津波が扉を押し破った映像は誰もが見ている。防潮堤と言ったって、ただの鉄筋コンクリートの壁だ。プールの壁じゃないんだよ。海水だけでなく、巨大岩石や貨物船が突進してくるんだ。

Image_023

Image_024

有識者会議の今日の発表前の中部電力のホームページにはこう書かれている。(記録として残しておく)

Image_017

防潮堤をかさ上げすればすむ話ではない。津波高さが違えば津波のエネルギーが違ってくるということ。人間の力に及ぶエネルギーではないのだから、諦めて浜岡原発は廃炉にすべきだし、今ある使用済み核燃料は、急いで別の場所に移すべきだ。原子炉は止まっていても使用済み燃料が冷却できなければ福島第一の4号炉と同じ運命だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 真宗大谷派 再稼働反対、全原発の廃炉を求める見解真宗大谷派 再稼働反対、全原発の廃炉を求める見解 真宗大谷派(東本願寺)が4月23日、「原子力発電所の再稼働に対する真宗大谷派の見解」を出している。原子力発電所の再稼働に対する真宗大谷派の見解原子力発電所の再稼動に対して、真宗大 […]
  • 四万十のゲリラ医者四万十のゲリラ医者 岩間四万十茶屋から見た岩間沈下橋 先週四万十に行った折りに、立ち寄ったところが2カ所ある。 大野内科は、赤鉄橋の橋のたもと、トンボ公園に向かう途中にあった。(両方の看板が見えま […]
  • 「東大話法」はがん治療の世界にも応用できる「東大話法」はがん治療の世界にも応用できる […]
  • 原発の再稼働、バカなこと言うな原発の再稼働、バカなこと言うな このところ地震が多い。今日も13:40頃に福島沖でM5.5(実際はM5.0)の地震があった。Signalnowexpressをインストールしてあって、緊急地震速報がパソコンの画面 […]
  • 保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷 今朝の東京新聞「こちら特報部」が衝撃的な記事を掲載しています。これまで脱原発派の技術者、田中三彦・後藤政志らが主張してきた、福島第一原発は津波の到達前に地震で重要な配管が損傷し、 […]
  • 『今あるがんを眠らせておく治療』『今あるがんを眠らせておく治療』 今日は私の62歳の誕生日。3年前に癌研に入院した日でもあります。一週間遅れの父の日も重ねて、昨夜は家族で祝ってくれました。娘からは山崎の12年を2本。少し飲み過ぎで食べ過ぎだった […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です