原発ゼロ 脱原発への第一歩

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

昨夜北海道電力泊原発3号機が停止して、42年ぶりに稼働する原発がゼロになった。記念すべき日だ。関西電力は夏場の電力が、15%足りなくなる恐れがあると脅している。であればその根拠となる数字を公開すべきだろう。足りないという一方で、関電の完全子会社がオール電化住宅の販売促進策を継続していると報道されている。なにをか言わんやである。

足りなくなるとしても、夏場の数日間、しかも午後の数時間である。これが過去のデータからの本当の数字だ。ならばこの時間帯をみんなで節電すればよい。テレビの電波を止め、夏の甲子園大会は夕方にビデオで流す。それも2,3日の数試合だけで済むはずだ。

国内26基の原発が定期点検を終えて核燃料を装填していると、3日付の赤旗が報じている。19基は、3.11の福島第一原発の事故後に装填されている。再稼働を淡々と狙っているのだ。

国民の節電意欲は電力会社や政府の予想以上に進んでいる。LED天井照明器具は売上の50%を超えるまで増えている。扇風機が飛ぶように売れている。昨年は計画停電対策として扇風機を買った人も多かっただろうが、今年は「節減のために」購入している。

我が家も寿命がきたものから順に、フィラメントの電球は電球型の蛍光灯に、蛍光灯はLEDにと交換している。量産効果でLED照明もずいぶんと安くなった。

アメリカではオバマ流のニューディール政策として、スマートグリッドへの移行が進められていると聞く。電力網とインターネットが融合して「賢い電力網」なるというものだ。一軒ごとの電力使用量がインターネットを介してたちまちわかる。将来的にはすべての電化製品が無線でインターネットにつながり、全国でパソコンにどれだけ、エアコンにどれだけの電力が消費されているかがわかるようになる。これによって電気使用量のピークを緩和する効果が期待されている。高速道路や幹線道路に設置されているVICSとカーナビが連携して渋滞緩和をすることにたとえればわかりやすいだろう。「情報網」が問題を解決する手段となるのである。

スマートグリッドに対応するには、各家庭にスマートメータが必要だが、東京電力はその計画を進めている。しかし、インターネットではなく自前の光通信網、ネット回線を構築してからはじめるのだという。

我が家も以前は東電の光通信網を利用していたが、道路改修の後に東電は光回線を撤去してしまったので、やむなくNTTフレッツに変えた経緯がある。実質上経営破綻した企業が、広大なエリアに光通信網をしくことは明らかなムダである。すでにあるインターネット回線を利用すれば良いはずだが、東電にはその気がない。スマートメータに関しても世界標準でなく、東電独自の仕様で調達しようとしている。国内の他の電力会社とも整合性がない。

東電は3月21日に「スマートメーター通信機能基本仕様に関する意見募集の開始について」と題して意見を募集している。(募集は既に終了)それに対して、4月20日にスマートメーター研究会が「スマートメーター通信機能基本仕様に対する意見」を提出し、4つのてんで反対している。

  1. この仕様は現在の垂直統合・地域独占の電力構造を固定するものであり、国の定めた電力改革の方向に逆行する。
  2. スマートメーターは電力網と情報通信網が融合する時代の中核となることが期待されるが、今回の仕様にはその配慮がなく、特にインターネットとの相互運用性に欠ける。
  3. 通信規格が東電の独自仕様で他社と互換性がなく、国際標準にも配慮していない。これはメーターの「ガラパゴス化」をもたらし、日本の電機・通信産業の競争力を失わせる。
  4. スマートメーターは国の方針として電力需要抑制(Demand Response)のツールとして使われる予定だが、現行の仕様にはDRへの配慮がない。

さすがは東電、転んでもただでは起きない。

スマートグリッドは、今後の日本の電力需給を大きく変えるシステムとなるはずだ。投資による経済効果も大きい。地域分散型の発電設備、自然エネルギーを使った発電とスマートグリッドを組み合わせれば、将来にわたって原発は要らない。そうすれば電気料は下がる(これについては以前に書いたが、原発があるから日本の電気料は世界一高いのである)。

たかだか夏場の数時間の電力不足のために、こんなにも危険な原発を再稼働させようとする脳みその構造を持っている人たちを、私は理解できない。今日も福島第一からは放射能が拡散して、子どもたちの体を被曝させている。

「起きる可能性のあることは、どんなに確率が小さくても、必ず起きる。明日起きるかもしれない」ことを、福島原発事故から学んだはずである。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 愛犬の誕生祝い愛犬の誕生祝い 我が家のヨークシャーテリア、15歳の誕生祝いでした。 もう老人ですので、白内障でほとんど目が見えませんが、明るさ程度は分かるようです。 でも外に出て散歩のときは、目が […]
  • がんの名医は疑ってかかれがんの名医は疑ってかかれ […]
  • 横浜・山手西洋館めぐり横浜・山手西洋館めぐり 昨日はチェロの先生のコンサートが、横浜港の見える丘公園内にある「イギリス館」であった。コンサートは夕方だが、早めに出かけて山手西洋館めぐりをすることにした。石川町駅で降りて、「ブ […]
  • 目黒川の桜目黒川の桜 昨日は午後から目黒川の桜見物に行ってきた。すでに葉桜になりつつあるが、平日だというのにたくさんの人でした。桜の撮影は難しい。誰が撮っても同じような写真になる。 しかし、あの無粋な […]
  • パスワードの管理パスワードの管理 もう散ってしまったけど。どこのユルキャラ?いえ、パチンコ店の宣伝です。 前回のOpenSSLのHeartbleed問題。flickr.com […]
  • CDの再リッピング終了CDの再リッピング終了 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です