チェロアンサンブルセミナー最終回

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

今日はチェロアンサンブルの最終回の合同練習でした。回を追うごとに、みなさん上手になります。指揮の石黒先生の指導も適格なんでしょう。

全員のハーモニーがきまった瞬間の背筋がぞくっとする感覚を久しぶりに味わいました。音楽を聴くことも良いですが、演奏することの醍醐味はここにあります(下手でも)。おかげで今日はたぶん免疫力が3割は上がった(と思う)。実際気分が良いのです。チェロを弾くのは結構重労働ですから、体全体を気持ちよく動かすことで、リンパ液も駆け巡ってくれたでしょう。白血球もNK細胞も生き生きと活動したに違いありません。脳内ドーパミンも活発になったはずです。

以前にNHKで、アメリカ在住の女性ギタリスト、肥後谷梓さんがホスピスで音楽療法士として活躍している番組が放映されましたね。チェロの響きなら、もっと効果があるのかもしれないなどと思ってしまいます。

レパートリーのラクリモーサは、東日本大震災でなくなったたくさんの方、赤ん坊を抱いたまま発見されたお母さん、いまだに遺体の見つからない人、身元のわからない人たちのことを思い浮かべながら弾いていました。

隣になった方が、偶然このブログを見ていただいている方だそうで、これも音楽の取り持つ縁ですね。よろしくお願いします。

がんがあるおかげで、大切な時間を思う存分に楽しんでいると、感じることができます。何が大事か。不確かな明日のことを思い煩うより、”いまここに”に対して、どのように関わるのかです。

本番まで、もう一押し練習です。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 愛犬の誕生祝い愛犬の誕生祝い 我が家のヨークシャーテリア、15歳の誕生祝いでした。 もう老人ですので、白内障でほとんど目が見えませんが、明るさ程度は分かるようです。 でも外に出て散歩のときは、目が […]
  • がんの名医は疑ってかかれがんの名医は疑ってかかれ […]
  • 横浜・山手西洋館めぐり横浜・山手西洋館めぐり 昨日はチェロの先生のコンサートが、横浜港の見える丘公園内にある「イギリス館」であった。コンサートは夕方だが、早めに出かけて山手西洋館めぐりをすることにした。石川町駅で降りて、「ブ […]
  • 目黒川の桜目黒川の桜 昨日は午後から目黒川の桜見物に行ってきた。すでに葉桜になりつつあるが、平日だというのにたくさんの人でした。桜の撮影は難しい。誰が撮っても同じような写真になる。 しかし、あの無粋な […]
  • パスワードの管理パスワードの管理 もう散ってしまったけど。どこのユルキャラ?いえ、パチンコ店の宣伝です。 前回のOpenSSLのHeartbleed問題。flickr.com […]
  • CDの再リッピング終了CDの再リッピング終了 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です