スポンサーリンク

大往生なんか、せんでもええやん!

LINEで送る
Pocket

大往生なんか、せんでもええやん! (介護ライブラリー)
治らないがん患者に、いずれ訪れる末期になったらどうするかという選択。「もう治療法がありません」と言われ、胃瘻(いろう)をつけて放り出されることになる。5月17日の「クローズアップ現代」では『人生の最期 どう迎える? ~岐路に立つ延命医療~』では胃ろうを処置された患者の延命医療の問題を扱っていた。脳梗塞の患者の「連れて帰って!」と筆談で書いた映像には身につまされた。ETV特集でも『食べなくても生きられる ~胃ろうの功と罪~』が昨年放映されたことがある。

私は末期がんになったら在宅ターミナルケアを望んでいる。しかし、それが必ずしもかなえられるとは限らないと不安もある。在宅ターミナルケアの現状はどうか。使える制度は? 費用は? 救急時にはどうすれば良いのか? これらの疑問に答えてくれるのが、尼崎市のさくらいクリニック院長 桜井隆先生の著書『大往生なんか、せんでもええやん! (介護ライブラリー)
』だ。

第一部は自宅で最期を迎えた3人の患者のエピソード。末期がんでも念願の墓参りを九州まで飛行機で行って成し遂げたしずばあさん。

第二部は、具体的な手続きや知っておくべきことが書かれている。在宅ターミナルケアの条件では、

  1. 帰宅・在宅を希望する本人の意思
  2. 往診(訪問診療)する医師(在宅医)
  3. 医療、看護、介護の24時間サポート
  4. 痛みのコントロール
  5. 家族の了解、支援

をあげている。しかし、「なぜ家に帰るのに条件がいるのか」と疑問をぶつける。

結論から言うと、私は定まった条件なんて何も必要ないと思っている。誰でも帰れるし、「なぜ家に帰るのに条件がいるのか」という気持ちが強い。家に帰りたいのであれば、思い切って帰ればいい。もともと住んでいたところに帰るというだけのこと。たとえば、あなたが仕事や用事を終えて帰宅の途につくのに、何か条件があるだろうか。それと同じで、人生という仕事を終え、家に帰るだけだ。

軸足を病院から家に変えて考えなさい。そのための障害は、周囲の助けを借りて解決すれば良いときっぱいりと断言してくれる。人生を終えて「死」を迎えるために家に帰るのだから、必要なのは最後の医師の死亡診断書だけだ。ほかの条件など何も必要ない。

最近はインターネットで検索して、本人から直接ターミナルケアの依頼も来るそうだ。そのような時代になったということか。

Image_022

さくらいクリニックのホームページ

ほかにはこんな本がお勧め。

がんの最後は痛くない
大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
自宅で大往生 (中公新書ラクレ)


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 抗がん剤による「心毒性」抗がん剤による「心毒性」 抗がん剤による心毒性 日経メディカルのこの記事、ちょっと気になりますね。 『癌患者・サバイバーを抗癌剤の心毒性から守れ』 癌患者の延命率を飛躍的に向上させた分子標的 […]
  • がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人 本日付で現代ビジネスに『がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人』の記事が載っています。がんの専門家として何千件も症例を診てきた医師が、何の因果か、同じ病に倒れる […]
  • エビデンスは誤解されているエビデンスは誤解されている ガイドラインはエビデンス(科学的な根拠)ではない UMSオンコロジークリニックに「私たちが治療のガイドラインを重要視しない理由」という文章がアップされています。 UM […]
  • ナッツ類の抗がん効果ービッグファイブは健康によいナッツ類の抗がん効果ービッグファイブは健康によい 私は、昼食をチーズとアーモンドで済ませることがよくあります。 主な理由は、外食はどうしても糖質が多いものを食べることになるので、それを避けるためですが、ナッツ類にはがんの予防や […]
  • がんには深蒸し茶の粉茶がよいがんには深蒸し茶の粉茶がよい カテキンには、強力な抗酸化作用と突然変異抑制作用があることが、多くの研究によって明らかにされています。カテキンは緑茶の渋みの成分です。よって、渋みが強い緑茶ほど、がんを抑える効果 […]
  • 今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』 前日の雨のしずくが白い斑点となって丸いぼけを作り、幻想的です。   膵臓がんから生還するためにやったこと 闘病記はよほどのことがない限りは買わないのだが、タ […]
  • 戦後70年の大晦日戦後70年の大晦日 戦後70年の今年も今日で最後。思い起こせばいろいろとあったけど、可もなし不可もなしというところか。母子家庭だった友人の息子さんが自殺したり、高校時代のクラブの先輩が1月に膵臓が […]
  • がんの臨界点で奇跡が起きるがんの臨界点で奇跡が起きる 先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中に、複雑系の研究をされているという方がいました。このブログで過去に何度か複雑系とがんの関係について書いていますが、それを見てくださ […]
LINEで送る
Pocket

大往生なんか、せんでもええやん!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 4989zin より:

    10年余り実の母の介護している。主治医は、桜井先生ですでも自宅で介護をするには、経済的問題と何より介護する側が持病持ちでないという条件をクリアしてないと最悪の事態も想定しとかないといけないという事をこれまで経験した事にもとずいて書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です