スポンサーリンク

奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった

LINEで送る
Pocket

千葉徳州会病院の副院長 浅原新吾先生のことは、NHK「あさイチ」のがんペプチドワクチンの報道でよくご存じでしょう。このブログにも何度か登場しています。

全国民必読・医療大特集 がん生還者の告白 元ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 相原誠(60歳)「でんぷん療法」で肝臓がんが消えた

現在ビジネス「賢者の知恵」に、元ダウン・タウン・ブギウギ・バンドのドラマーだった相原誠さんの記事が載っています。相原さんが余命3ヶ月の肝臓がんと診断されたとき、奥さんが国立がんセンターと間違えて、その当時は大塚にあった癌研病院でセカンドオピニオンを受けた。その時の主治医が浅原先生。肝臓に抗がん剤を注入したあとデンプンで蓋をする「デンプン療法」で末期の肝臓がんが完全に治癒してしまったという症例が紹介されています。

相原氏が受けた「でんぷん療法」は、おおまかに説明すると次のとおりだ。鼠径部(脚の付け根)からカテーテルという細い管を肝動脈まで挿入して抗がん剤を注入し、薬を閉じ込めるためにでんぷんで肝動脈に蓋をする。でんぷんが溶けるまでの約1時間、肝臓のがんへの血流が止まるため、抗がん剤の局所濃度を高めることができるのだ。
効果が高く、副作用がない

 標準治療の「肝動脈塞栓療法」は、溶けにくいゼラチンスポンジを肝動脈に詰めるため、一度蓋をすると数週間血流が途絶えることになる。それと比較すると、でんぷん療法は短時間の血液遮断で済むので肝機能へのダメージが少なく、繰り返し抗がん剤治療が可能となる。また、点滴や経口投与の抗がん剤治療に比べ、局所的に薬を注入できるので、治療効果が高く、副作用が軽い。

これは一種の低用量抗がん剤治療法ですね。局所には大量に、しかし全体量は少なく、しかも繰り返し行えるから副作用も小さい。「デンプン療法」は少し誤解を受けそうな命名ですね。

がんには時として「奇跡」が起きるから不思議です。ただし、「私に奇跡が起きて欲しい」と願っている人にはやってきませんね。相原さんも「どうでもいいや」と思っているとそれがやってくる、ようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんと自律神経ー国立がん研究センターがんと自律神経ー国立がん研究センター 国立がん研究センターのプレスリリースです。 がん組織内に自律神経が入り込む 本論文では、がん組織内に自律神経系が入り込むことで、その患者の予後を左右することを世界に先 […]
  • 丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法 話題の丸山ワクチンですが、なかには「主治医が協力してくれない。そのような治療をするのなら、別の病院に行ってください」と言われたという例があります。 また、治験担当医 […]
  • 「先進医療」言葉の罠「先進医療」言葉の罠 重粒子線治療や陽子線治療、がんワクチン療法、リンパ球療法、多少点眼内レンズなどがこれに含まれています。 以前に膵臓がんの方で、手術ができる状態だったにもかかわらず、重粒子線 […]
  • がんは休暇がんは休暇 GWも終わったけど、今年は9月の五連休の他、三連休がいくつかある。7月の連休には小樽に美味しい魚を食べに行く計画を立てている。魚を食うためだけに飛行機で!それはリッチだ、と思われ […]
  • 膵臓がんを老衰死させる研究膵臓がんを老衰死させる研究 週刊新潮 […]
  • 帯津良一のホメオパシーを批判する帯津良一のホメオパシーを批判する 書店に五木寛之と帯津良一の『健康問答』が平積みになっていた。「健康問答―平成の養生訓 」と「養生問答―平成の養生訓 」だが、文庫本になる元は同じ平凡社から2007年に出版された『 […]
  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • 近年まれな痛快事近年まれな痛快事 あったりまえでしょ。4日の衆院憲法審査会で、自公の推薦した長谷部恭男・早大教授も含めた3人の参考人の全員が安全保障関連法案について「憲法違反」との意見を述べた。長谷部教授は明確に […]
LINEで送る
Pocket

奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった” に対して1件のコメントがあります。

  1. 山口つとむ より:

    すい臓がん、5年生存を超えられて、おめでとうございます。
    私は大腸がん予後と難治性C型肝炎がありますので、
    この記事は、さきざきの用意として、とても参考に
    自分のブログにコピペさせていただきます。
    それと、さしつかえなければ、
    木下さんが食事について気をつけておられこと
    例えば、1日2食とか、糖質制限とか、玄米菜食とか
    ありましたら、記事にしていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

山口つとむ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です