週のはじめに考える「言わねばならないこと」

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、ということを示してくれました。


9月9日の東京新聞社説。「週のはじめに考える 言わねばならないこと」を転載しておく。(すぐに消されるので)明治の新聞記者 桐生悠々の生き方に比べて、今の大新聞(朝日・読売・日経・産経)を批判している論説と受け取った。

 桐生悠々という新聞記者がいました。権力や軍部を痛烈に批判した気骨の人です。大勢に流されず、本質を見極める姿勢は今こそ必要とされています。

 一八七三(明治六)年、金沢に生まれた桐生悠々(本名・政次)は東京帝国大学を卒業した後、新聞社を渡り歩きました。本紙を発行する中日新聞社の前身の一つである新愛知新聞や、長野県の信濃毎日新聞などでは主筆を務め、晩年を名古屋で過ごします。

 その報道、論説の特徴は「言わねばならないこと」を書く姿勢を貫いたことにありました。

◆気骨の人、桐生悠々
 悠々が健筆を振るった明治後期から昭和初期は、発展途上にあった政党政治が、軍部の台頭で衰退していく時代です。

 騒然とした中、悠々の論説は、海外にまで視野を広げた豊富な知識に基づいて藩閥政治家、官僚、軍部の横暴を痛撃します。

 例えば一九一八(大正七)年、富山県魚津から全国に広がった米騒動。米価の暴騰は当時の寺内内閣の無策が原因だったにもかかわらず、政府はその責任を新聞に転嫁し、騒動に関する報道を禁止します。憤った悠々は、八月十六日付新愛知社説「新聞紙の食糧攻め 起(た)てよ全国の新聞紙!」の筆を執ります。

 「現内閣の如(ごと)く無知無能なる内閣はなかった。彼らは米価の暴騰が如何(いか)に国民生活を脅かしつつあるかを知らず、これに対して根本的な救済法を講ぜず、…食糧騒擾(そうじょう)の責を一にこれが報道の責に任じつつある新聞紙に嫁し…」

 悠々は、寺内内閣を厳しく断罪し、内閣打倒、言論擁護運動の先頭に立ちました。寺内内閣への批判は全国に広まり、ついに総辞職に追い込まれます。

 時は流れて信毎時代、三三(昭和八)年八月十一日付の評論「関東防空大演習を嗤(わら)う」です。

◆無意味な想定嗤う
 掲載の前々日から行われていた陸軍の防空演習は、敵機を東京上空で迎え撃つことを想定していました。悠々は、すべてを撃ち落とすことはできず、撃ち漏らした敵機が爆弾を投下し、木造家屋が多い東京を「一挙に焦土たらしめるだろう」と指摘します。

 悠々の見立ての正しさは、その後、東京をはじめとする主要都市が焦土と化した太平洋戦争の惨禍を見れば明らかですが、この評論は軍部の怒りや在郷軍人会の新聞不買運動を招き、悠々は信毎を追われます。

 守山町(現名古屋市守山区)に戻った悠々は、「他山の石」という個人誌を発行して糊口(ここう)をしのぎます。軍部、権力への旺盛な批判はやみません。

 悠々は他山の石に「言いたいこと」と「言わねばならないこと」と区別すべきだとして、「言いたいことを言うのは、権利の行使」だが、「言わねばならないことを言うのは義務の履行」であり、「義務の履行は多くの場合、犠牲を伴う」と書き残しています。

 たびたび発行禁止、削除処分を受けながらも軍部、権力批判を続けた悠々から学ぶべきは、強者の言い分をうのみにせず、自らの知識と判断力でその非を指摘する使命感の強さです。真の記者魂と言い換えていいのかもしれません。

 平成の世の日本にも、言わねばならないことは満ちています。

 まずは消費税増税。民主党政権にとってはそもそも公約違反であり、それでも強行するのは民主主義を危うくします。

 社会保障と税の「一体」改革と言いながら、社会保障の抜本改革は見送られ、増税だけが決まりました。政府や国会の無駄もほとんど削られないままです。速やかに衆院を解散して国民に増税の是非を問うべきなのに、その前に必要な衆院「一票の格差」是正は与野党対立で手付かずです。国会の不作為と言わずして何と言う。

 原子力発電もそうです。いったん事故が起これば取り返しがつかないのに、この暑い夏を「原発ゼロ」で乗り切れたのに、なぜ原発維持の選択肢が生き残るのか。

 事故が頻発する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを「世界一危険」として返還が決まった沖縄の米海兵隊普天間飛行場になぜ配備するのか。沖縄県民に過重な負担を強いることで成り立つ日米安全保障条約は不平等ではないか。

 私たちの新聞にとって、これらは「言いたいこと」ではなく「言わねばならないこと」です。

◆「志」を受け継いで
 悠々は七十一年前のあす九月十日、太平洋戦争の開戦を見ることなく六十八歳で亡くなりました。

 歴史に「たら」「れば」は無意味ですが、悠々だったら今の日本を見て、何と論評するでしょう。


スポンサーリンク

 碩学(せきがく)の先輩には及ぶべくもありませんが、言わねばならないことを言う志と気概は、私たちが受け継ぎたいと考えているのです。

往年の朝日新聞ならこのような社説を載せたのでしょうが、今日では見る影もありません。それに比べて、東京新聞の覚悟のほどを確認できる社説です。

読売・産経・日経・朝日は解約して、東京新聞を取ろう!

これでもう、アピタルからも、ヨミドクターからも、日経メディカルからも、取材やインタビューの依頼は来ないだろうなぁ。

このブログの関連記事

  • 小林麻央さんの訃報に接して考える小林麻央さんの訃報に接して考える 小林麻央さんの訃報には、多くの方が感想を述べています。彼女のブログの内容には私も感動させられることが多々ありました。ご冥福をお祈りいたします。 しかし、ニュースに接していて […]
  • 今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』 抗がん剤治療を受けるときに読む本posted with ヨメレバ Amazon Kindle 楽天ブックス 7net honto     […]
  • 今日の一冊(9)『がんを生きよう』今日の一冊(9)『がんを生きよう』 この本は"絶対"のお勧めです。 がんを生きよう―あなたのT細胞が治療の主役ですposted with ヨメレバ 伊東恭悟 医学と看護社 […]
  • 「低用量抗がん剤治療」は『偽善の医療』か? 山崎豊子「白い巨塔」の二人の主人公は財前五郎と里見脩二。二人とも架空の人物であるがWikipediaに載っているのだから、この小説の人気が分かろうというもの。里見脩二には一回り以 […]
  • 「がんもどき」理論を検証する (3)「がんもどき」理論を検証する (3) 昨日のニュースですが、理化学研究所が蛍光イメージング技術による細胞周期のリアルタイム解析を開発し、その結果、抗がん剤の濃度によって細胞周期が変化することを発見したと発表しました。 […]
  • イレッサの薬害訴訟イレッサの薬害訴訟 肺がん治療の抗がん剤イレッサによる副作用死の集団訴訟に対して、裁判所が和解勧告を出した。厚生労働大臣は「これから慎重に検討する」と、態度を保留しているようだが、患者・原告側は受け […]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

週のはじめに考える「言わねばならないこと」” に対して1件のコメントがあります。

  1. ふうき妹です より:

    はじめまして。
    『 闘病の日記andメモ ver.2』のブログ管理人であった ふうき の妹です。
    兄のブログコメントに書き込み下さったユーザー様より、木下さまのブログを教えてもらい、訪問させて頂きました。
    体調はいかがですか?
    今後、木下さまのブログを拝読させて頂きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA