福島の子どもたちの甲状腺がん

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

福島の子どもたちの甲状腺検査結果が公表され、話題になっています。毎日新聞2月13日付の紙面では、震災時18歳以下の子どもの甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断され、昨年9月に判明した1人と合わせ計3人になった。他に7人に甲状腺がんの疑いがあり、追加検査を行う、と報じられています。さらに、

疑いのある人を含めた10人の内訳は男性3人、女性7人で平均年齢15歳。11年度に受診した原発周辺13市町村の3万8114人の中から見つかり、地域的な偏りはないという。甲状腺がんと判明した3人は手術を終え、7人は細胞検査により約8割の確率で甲状腺がんの可能性があるという。7人の確定診断は今後の手術後などになるため、最大10人に増える可能性がある。

とされています。記者会見した鈴木真一・県立医大教授は、子どもの甲状腺がんの発生率は「100万人に1人」が通説だと言いながら、「今回のような精度での疫学調査は前例がなく比較できない」とし、「チェルノブイリ原発事故では最短で4年後に発症が増加している。元々あったものを発見した可能性が高い。(原発事故との因果関係は)考えにくい」と説明しています。

下の図は転移性肺がんで闘病中のstudy2007さんのTwitterからお借りしたものですが、

Image_005

受診者三万八千人中、二次検査を実施した者162名、その中で細胞診を実施した者が76名で、その中から10名の悪性または悪性の疑いということです。全員に細胞診を実施していれば、ということでグラフ化してあります。

がんセンターの年齢別データと比較すれば、いずれの仮定にしても10万人あたりの罹患率は高すぎます。鈴木真一教授は精密な検査をやったから、潜在的ながんが見つかったのだと言いたいのでしょう。過剰検査で見つけなくても良いものまで見つけたのでしょうか。ヨウ素131による被ばく量が一歳児でも100mSvを超えることはないという、SPEEDIによるシミュレーションがあり、「被ばく量は多くない」→ 「3人に甲状腺がん、7人に疑い」→ 「放射線の影響ではありえない」という誤った論理で考えているのでしょう。

しかし、ヨウ素131による被ばく量推定には問題があります。

2011年に、原子力災害現地対策本部はSPEEDI を用いた試算(3月23日公表分)で甲状腺の等価線量が高いと評価された地域として、いわき市、川俣町、飯舘村を選び、1080人の小児甲状腺の被ばく量をNaIシンチレーション式サーベイメータで測定し、その結果小児甲状腺被ばく(一歳児の甲状腺等価線量として100mSvに相当)を超えるものはなかったと報告しましたした。しかし、この検査はヨウ素131が放出するβ線を検出することができないNaIシンチレーションサーベイメータ(環境放射線測定用)での測定だったのです。甲状腺の被曝線量をガンマ線測定器で測るという、お粗末な検査でした。

弘前大学の床次教授らが、浪江町でヨウ素131のβ線を正確に測定できるγ線スペクトロサーべイメータという計測器を用いて測定した結果、大人の被ばく量から逆算すると、1歳児では800mSvほどまで被ばくしていることが推定されたのでした。

アメリカ国防省が、事故当時国内にいた米軍兵士や家族向けのウェブサイトで被曝線量をチェックできるようにしたものがありますが(こちらに紹介)、その推定値は東京の一歳児でも12.0mSvという甲状腺等価線量でした。

シミュレーションというものは、多くの仮定や前提を設定してコンピューター上で計算するのであり、仮定が違えば一桁くらい違った結果が出るのはありふれたことなのです。被ばく量は少ないはず、だから福島由来の放射線の影響ではない、というのは逆立ちした論理です。

9bfbfb577d4f3
上の図は、1986年のチェルノブイリ事故後に現地で甲状腺がんの治療にあたった菅谷松本市長が、昨年9月27日の北陸中日新聞の談話で説明に使った図です。事故後2年から増加し始めて、4年後から急増しています。これは検査態勢が整ったのが4年目くらいだったからだとも言われているのです。

平均的には4年目から発症するとしても、感受性の強い子ども、被ばく線量の多い子どもは早期に発症することを無視すべきではないでしょう。

「因果関係は考えにくい」という”科学的”発言は、水俣病などの公害訴訟でも持ち出されてきました。しかし、因果関係は厳密には決定できず、しかも数十年間の観察を経なければ確かなことは言えません。今は、「被ばくの影響かどうかはまだわからない。しかし、被ばくの影響であることを前提に万全の対策を取る」というのが、福島の子どもたちに対して責任のある態度であるはずです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 光免疫療法、先駆け指定に光免疫療法、先駆け指定に 「先駆け審査指定制度」は、対象疾患の重篤性など、一定の要件を満たす画期的な新薬などについて、開発の早期段階から対象品目に指定し、薬事承認に関する相談・審査で優先的な取扱いをするこ […]
  • 膵臓がんの診断はハイボリュームセンターで膵臓がんの診断はハイボリュームセンターで 相当以前に見た「ドクターG」の感想です。この程度の診断で自慢をするなんて、なんだかなぁ?膵臓がんの発見は、こうして遅れていくんですね。 吐き気がある60歳代の女性。病名の診 […]
  • 膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須 膵臓がんで治療に使うことのできる抗がん剤は限られています。免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬などの多くは、健康保険で使うことができません。 進行がんで発見される […]
  • 今日の一冊(82)『不老超寿』今日の一冊(82)『不老超寿』 高城剛氏は、この本の執筆中の2016年6月に膵臓がんが見つかったという。 ステージ […]
  • 再発した膵癌でも完治することがある再発した膵癌でも完治することがある 固形癌は抗がん剤では治ることはない。延命効果だけ。これは真実です。しかし、どのがんにも必ず「例外的患者」がいる。治らないはずのがんが完治したり、治療もしないのに腫瘍が忽然と消えた […]
  • がん患者支援 チャリティー セミナー&コンサートがん患者支援 チャリティー セミナー&コンサート 特定非営利活動法人 東京地域チーム医療推進協議会 (略称:TeamNET)の主催で、「がん患者支援チャリティーセミナー&コンサート」が開催されます。 申し込みは今日からです […]
  • 大豆食品で膵臓がんのリスクが上がる大豆食品で膵臓がんのリスクが上がる 国立がん研究センターなどの多目的コホート研究グループは、さまざまな食品とがんとの関連を研究し、発表しています。 中でも大豆食品に関しては、心血管疾患や一部のがんのリ […]
  • 膵がん細胞が正常細胞に!膵がん細胞が正常細胞に! 膵がんの細胞にE47遺伝子を発現させたら、がん化する前の正常細胞に戻ったという非常に興味深い研究です。 4月18日・米サンフォード・バーナム医学研究所からの報告で、今回報告された […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です