スポンサーリンク

「美味しんぼ」騒動に思う

LINEで送る
Pocket

 


小保方騒動が下火になったかと思えば、PC遠隔操作事件のどんでん返しと、世の中退屈しないですね。さらにビッグコミックスピリッツの「美味しんぼ」鼻血騒動です。

病院で処方された薬を服用したら、我慢できない副作用が出てきたとします。薬の添付文書にはそのような副作用のことは記載されていません。診察で主治医にそのことを訴えたら、「そんなことはあり得ない。そもそもこの薬にあなたが言うような副作用を生じる機序はない。気のせいでしょう」「でもまぁ、別の薬に変えてようすを見ましょうか」。こう言うが普通でしょう。

がん患者が何かの代替療法をやっていて、その結果かどうかは分からないが、転移したがんが突然消失したとします。こんな幸運な患者もときどきいるのです。CT画像でそれを診た主治医の先生はこう言うでしょう。「何をやっているのか知りませんが、それを続けなさい!」と。「そのような代替療法に効果はありませんよ。すぐに止めなさい」とは言わないと思います。なにしろ現実にCTでは腫瘍が消えているのですから。

現実に起きている現象を素直に受け入れて、その原因が分からないのなら突き止めるように努力する、これが科学的な態度だと思います。ところが福島第一原発のこととなると、そうした観点を投げ捨ててしまうのですね。

福島原発周辺で鼻血のでる人が多かった、いや、他県と比較して調査したら決して多くはなかった、など諸説があります。ストレスで鼻血が出ることもあるでしょう。放射能が原因なのかどうか、実際には分からないと思います。しかし、「被ばく線量からして鼻血が出るようなことはあり得ない」というのは「代替療法で癌が消えることはあり得ない」というに等しいのではないでしょうか。

ビッグコミックスピリッツ編集部が、

『美味しんぼ』福島の真実編に寄せられたご批判とご意見、編集部の見解

をPDFファイルで公開しています。

丹念に読みました。反対・賛成派ともに納得できる主張が多いのですが、鼻血など出るはずがない派には、外部被ばく線量だけを考えている主張が多いようです。せいぜい数mSvの被ばく量で鼻血など出ないという主張です。

鼻の中の血管はほぼ外に露出しているのですが、これに放射能微粒子が付着することは、内部被ばくと同等と考えて良いと思います。ベータ線が周囲の血管細胞を執拗に照射し続けることになります。こうしたときに何が起きるのか、内部被ばくのことはよく分かっていません。

ペトカウ効果」というのがあり、高線量よりも低線量において細胞膜の損傷が急速で大量であったという仮説もあります。

皮肉にも、20mSvは安全だという放射線医学総合研究所が出版している『虎の巻 低線量放射線と健康影響―先生、放射線を浴びても大丈夫? と聞かれたら』にも

高LET放射線、特に核分裂中性子線の被ばくでは、低線量率被ば
くの方が高線量率被ばくよりも影響が大きい例が知られており、これは逆線量率効果と呼ばれている。ICRPは、このような議論には敏感に反応するが、それ
は、逆線量率効果が、従来のリスクの考え方が低線量域においてリスクを過小評価しているという議論につながるからである。

と、ICRPの考え方を暗に批判した内容となっている。また、低線量放射線によるDNA損傷ではクラスター損傷が無視できないとして、

放射線による細胞レベルの傷害は、ガンマ線のようなLETの低い放射線であっても、その二次電子の飛程終端付近で急激にエネルギーが失われ、DNAにクラスター損傷が生じるとしている。クラスター損傷は、複数の種類の損傷が同時に生じており、全ての損傷を完全に修復することは困難であると考えられている。単一の傷害でも修復されずに残れば、発がんを誘発する可能性があるという考え方を維持している。

と書かれている。熊本学園大の中地重晴氏らの調査では、原発事故後、双葉町、丸森町の住民には鼻血が多かったと報告されている。(PDFの18ページ)

双葉町,丸森町両地区で,多変量解析において木之本町よりも有意に多かったのは,体がだるい,頭痛,めまい,目のかすみ,鼻血,吐き気,疲れやすいなどの症状であり,鼻血に関して両地区とも高いオッズ比を示した(丸森町でオッズ比3.5(95%信頼区間:1.2,10.5),双葉町でオッズ比3.8(95%信頼区間:1.8,8.1))。

もちろんこれらが放射能が原因だと断定しているわけではないし、断定できるはずもない。このような症例があり、住民に不安があるのなら、政府の責任で調査をすべきではないだろうか。

下村博文文部科学相も第1原発を視察後、「科学的、医学的な根拠はない。福島県民にとってひどい迷惑だ」と述べたというが、放射能が原因ではないという根拠があるのなら示して貰いたい。


倍総理は潰瘍性大腸炎で治療中であるが、この病気も原因も治療法も確立していない病気である。だからといって、全てストレスが原因と言われたら怒るに違い
ない。因果関係が分からなくても症状があれば治療をし、原因を突き止めて効果的な治療法を研究するのが政府や厚生労働省の責任ではなかろうか。漫画ごときに総理大臣が横やりを入れるとは、常軌を逸している。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 原発御用大賞原発御用大賞 「原発御用大賞」なるサイトがある。原発御用学者として誰が一番ふさわしいかを、学者・文化人・政治家の三分野で投票しましょうという趣旨だ。 実はノミネート対象者を募っているとき […]
  • 久しぶりの休肝日久しぶりの休肝日 国営アルプスあずみの公園にて 暑いですね。今日は更に蒸し暑い。暑さに慣れてきたのではないかと、今週からはまた朝夕の通勤を徒歩で再開しているのだが、昨日は気分が悪 […]
  • がん患者のインターネット活用術(2)怪しい広告をブロックがん患者のインターネット活用術(2)怪しい広告をブロック がんを告知されて間もない方が、インターネットで情報を検索しようとすると、トップに表示される広告に興味を惹かれて、トンデモ医療に誘導されることがあります。 そうしたことにな […]
  • お金が無くても保険証が無くても病院を受診する方法!お金が無くても保険証が無くても病院を受診する方法! 医療費・生活費等の助成制度 『がん情報サービス』には「生活費等の助成や給付など」のページがあり、病気などで働けなくなったときに、生活を支えてくれる制度を紹介しています。 […]
  • 遺伝子解析は全ゲノム検査へ遺伝子解析は全ゲノム検査へ 日経の記事を見ると、遺伝子検査でイギリスは一番進んでいる。 日本の遺伝子パネル検査はせいぜい数百の遺伝子解析だが、イギリスは 国民医療制度(NHS)の下で […]
  • プロベンジの臨床試験に疑惑?プロベンジの臨床試験に疑惑? 自家ワクチンのセルメディスンニュースに「樹状細胞ワクチンProvengeは本当に効くのか、という論争が始まった」との記事がアップされています。 プロベンジ(Provengi […]
  • 北海道の2日目は北大のキャンバスが広すぎた件北海道の2日目は北大のキャンバスが広すぎた件 北海道の二日目。学会の発表は午後からなので、午前中は北大のキャンバスを紅葉目当てに散策。有名な銀杏並木の目の前のホテルから見ると、銀杏並木の梢は紅葉しているが、下の方はまだ青い葉 […]
  • 膵臓がんの最新治療法膵臓がんの最新治療法 膵臓がんの治療も最近進歩が著しい。Medical Noteに名古屋大学大学院医科学系研究科 消化器外科 准教授 藤井 […]
LINEで送る
Pocket

「美味しんぼ」騒動に思う” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    逆では?
    鼻血がアレルギー等の他の原因ではなく、放射能によるものとしか考えられない、という根拠を出すべきと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です