スポンサーリンク

福井地裁の判決文がすごい!

LINEで送る
Pocket

Imageyositakapc017

大飯原発の運転差し止め命じた福井地裁の判決文。要旨だけ読んだが、論理明快、すばらしい名判断。感動ものですね。

  • 「金(経済)よりも命(人格権)でしょ」と言ってるわけ。20mSvが安全かどうかの議論は必要がない。なぜなら、チェルノブイリの汚染地区と福島とで帰還したいという思いが違うはずがない。なのに、かの国では避難を続けているいるではないか。
  • 1260ガルを越える地震では原発は打つ手はない。しかもこの規模の地震を事前に予測したことは一度もない。そして岩手宮城内陸地震においては4022ガルを記録している。
  • 700ガルを越える地震が起きることは考えられないと、理論上の数値計算を根拠にするが、わずか17年間で想定地震動を越える地震が4回も起きている「事実」の方が重要である。

とまぁ、あたりまえの常識で考えたらこうなりますよ、という見本のような判決文ですね。

このごろ、専門家の「科学的見解では○○は起きるはずがない」とかの主張が「科学的」の装いでされますが、がんの治療分野においても専門家の意見というのはエビデンスレベルとしては最低なんですよ。

事実を元に、子供のような素直な目で見て考える。これが今大切だと切に感じます。

********以下要旨の要旨、私の感動した部分*********

個人の生命、身体、精神及び生活に関する利益は、各人の人格に本質的なものであって、その総体が人格権であるということができる。人格権は憲法上の権利であり(13条、25条)、また人の生命を基礎とするものであるがゆえに、我が国の法制下においてはこれを超える価値を他に見出すことはできない。したがって、この人格権とりわけ生命を守り生活を維持するという人格権の根幹部分に対する具体的侵害のおそれがあるときは、人格権そのものに基づいて侵害行為の差
止めを請求できることになる。

既に20年以上にわたりこの問題に直面し続けてきたウクライナ共和国、ベラルーシ共和国は、今なお広範囲にわたって避難区域を定めている。両共和国の政府とも住民の早期の帰還を図ろうと考え、住民においても帰還の強い願いを持つことにおいて我が国となんら変わりはないはずである。それにもかかわらず、両共和国が上記の対応をとらざるを得ないという事実は、放射性物質のもたらす健康被害について楽観的な見方をした上で避難区域は最小限のもので足りるとする見解の正当性に重大な疑問を投げかけるものである。

原子力発電所の稼動は法的には電気を生み出すための一手段たる経済活動の自由(憲法22条1項)に属するものであって、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位に置かれるべきものである。しかるところ、大きな自然災害や戦争以外で、この根源的な権利が極めて広汎に奪われるという事態を招く可能性があるのは原子力発電所の事故のほかは想定し難い。

かような危険を抽象的にでもはらむ経済活動は、その存在自体が憲法上容認できないというのが極論にすぎるとしても、少なくともかような事態を招く具体的危険性が万が一でもあれば、その差止めが認められるのは当然である。

原子力発電技術の危険性の本質及びそのもたらす被害の大きさは、福島原発事故を通じて十分に明らかになったといえる。本件訴訟においては、本件原発において、かような事態を招く具体的危険性が万が一でもあるのかが判断の対象とされるべきであり、福島原発事故の後において、この判断を避けることは裁判所に課された最も重要な責務を放棄するに等しいものと考えられる。

1260ガルを超える地震によってこのシステムは崩壊し、非常用設備ないし予備的手段による補完もほぼ不可能となり、メルトダウンに結びつく。この規模の地震が起きた場合には打つべき有効な手段がほとんどないことは被告において自認しているところである。しかるに、我が国の地震学会においてこのような規模の地震の発生を一度も予知できていないことは公知の事実である。

この既往最大という概念自体が、有史以来世界最大というものではなく近時の我が国において最大というものにすぎないことからすると、1260ガルを超える地震は大飯原発に到来する危険がある。

700ガルを超える地震が到来することはまず考えられないと主張する。しかし、この理論上の数値計算の正当性、正確性について論じるより、現に、全国で20箇所にも満たない原発のうち4つの原発に5回にわたり想定した地震動を超える地震が平成17年以後10年足らずの問に到来しているという事実を重視すべきは当然である。

この地震大国日本において、基準地震動を超える地震が大飯原発に到来しないというのは根拠のない楽観的見通しにしかすぎない上、基準地震動に満たない地震によっても冷却機能喪失による重大な事故が生じ得るというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険と評価できる。このような施設のあり方は原子力発電所が有する前記の本質的な危険性についてあまりにも楽観的といわざるを得ない。

たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 金スマ 「異端の医師」近藤誠金スマ 「異端の医師」近藤誠 以前にも撮った場所だが、HDRで撮り直してみた。背景の絵はたぶん十日町市の美人林だろう。 木曜日はチェロのレッスンに自分のチェロを持っていった。車で行ったのでレッス […]
  • 京都大学医学部附属病院に最新鋭ピンポイント放射線装置 京都大学医学部附属病院から高精度放射線治療装置を受注 2008年4月の市場投入以来、5台目の受注 三菱重工業は、京都大学医学部附属病院から最新鋭の放射線治療装置(線形加速 […]
  • 積極的に計画・実行する人“がん死亡リスク低い”積極的に計画・実行する人“がん死亡リスク低い” 国立がん研究センターの多目的コホート研究『日常経験する問題や出来事に対する対処の仕方とがん罹患及び死亡との関連について』が発表されています。 日常的な出来事に対して […]
  • 因果関係より相関関係:ビッグデータの時代因果関係より相関関係:ビッグデータの時代 ノバルティス社のディオバン問題は検察の強制捜査が入っています。最初にこの問題が報道されたとき、統計処理をノバ社の社員に任せた、と報じられたのですが、「統計の分からない医者が臨床試 […]
  • 転移ではなかった転移ではなかった サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊 […]
  • そろそろ「休戦」そろそろ「休戦」 梅澤充先生のブログが「休戦」になるようですね。 ときどきは書くかもと言うことなので、「終戦」ではなく「休戦」なのでしょう。 梅澤先生には町田で開院して […]
  • 魚を食って運動すれば、再発率は下がる魚を食って運動すれば、再発率は下がる 魚を食べて運動をすれば、がんの予防や治療に効果があることは、すでにいくつかの科学的根拠=エビデンスが存在しますが、このほどASCOの発表で大腸がんにも効果があることが実証 […]
  • 物理学者・戸塚洋二 がんを見つめる 31日(土)15時から1時間のNHKヒューマンドキュメンタリーで、このブログでも先に書かせていただいた戸塚洋二さんのことが取り上げられた。戸塚さんのブログの内容に沿っての番組だっ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です