スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(42)『いのちの苦しみは消える』

いのちの苦しみは消える: 医師で僧侶で末期がんの私

いのちの苦しみは消える: 医師で僧侶で末期がんの私

田中 雅博
990円(12/06 05:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

元国立がん研究センターの内科医であり、現在は栃木県益子町・西明寺の住職と、境内にある普門院診療所の医師の二足のわらじを履いている田中正治医師。しかし、2014年10月にステージ4bの膵臓がんが見つかり、肝臓への転移も見つかって、余命数ヶ月と覚悟はしている。

最近多くのマスコミで紹介されたので、ご存じの方も多いかと思う。

田中医師の言いたいことは二つ。

私は常日頃から、がん患者と向き合ってきただけに、がんと分かった時は驚きも悲観もなく、とうとう自分の番が来たかと思いました。もっとも、そう思えるのも私が宗教家として心を整え、『自分に執着しない心境』を得ているからともいえます。

と言う田中医師。しかし我々一般の煩悩多きがん患者では、そう簡単に「死」を受け入れ、命への「執着」を手放すことはできない。

そのためには、医療施設にスピリチュアル・ケアワーカーをおくことが必要だ。
体の痛みを止める医師が必要であるのと同じように、『いのちの苦』の専門家が必要です。それがほとんどいないのは日本の医療の欠陥だと述べています。

人というのは、元気なうちは自己の欲望にとらわれたり、怒ったり、他人を差別したりするものです。しかし死が避けられないとなったときは、そうしたことから離れて、自分のいのちを超えた価値を獲得するチャンスでもあります。いのちより大事にしたいもの。それは信仰を持たない人にとっても、自身の『宗教』だと思うんですよ。それに気づくことができれば、その大事なもののために残りの時間を生きることができるのではないでしょうか。

余命宣告されて「いのちの危機」が訪れたとき、それは「いのちが危ない」と同時に「機」は「チャンス」の意味もある。いのちが危ないときこそ、自分のいのちより大切なものを見つけることができたなら、それはその人にとっての「宗教」であり、ホスピス運動の創始者、シシリー・ソンダース女史が「死にゆく人の尊厳」とは「死んでゆく人が、自分の人生に価値を見出すこと」と定義したように、尊厳を持って死を迎えることができるに違いない。

田中医師はこうした立派な死生観と信仰心を持って死に臨んでいるのだが、それじゃわれわれ凡人はどうすればそうした心境になれるのだろうか。今から般若心経を読んでも間に合わない。あたりまえだが、この本にはそうした近道については書かれていない。

私としては、ブログのこちらの記事『死ぬのが怖いのはなぜか?』でも書いたけど、前野隆司氏の『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』の方がお勧めだと思います。

「死ぬのが怖い」とはどういうことか

「死ぬのが怖い」とはどういうことか

前野 隆司
2,580円(12/05 12:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
 
 

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 退院後初の外来で再発の可能性を問う退院後初の外来で再発の可能性を問う 今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。 「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていな […]
  • 心が免疫系に与える影響(3)心が免疫系に与える影響(3) 『精神生物学―心身のコミュニケーションと治癒の新理論』では、「肉体の病気を、心や精神的な方法を用いて治療することが本当に可能なのか」という疑問に、現在得られている科学的知識をもと […]
  • オリゴメタ説なら転移したがんも治療できるオリゴメタ説なら転移したがんも治療できる オリゴメタ説(小数転移説)とは 標準治療によるがん治療では、転移が1ヵ所でもあったら全身に無数に転移しているという〝全身転移説〟をとっている。『がん情報サービス』でも、この立場 […]
  • 神川町、群馬フラワーパーク神川町、群馬フラワーパーク 旅行記のつづきで、いろいろ書くつもりでしたが、梅澤先生の『使い方次第で抗がん剤は効く』が届いたので急いで読みたい。時間がないので、今回は写真をアップするだけです。 […]
  • 多摩川台公園のアジサイ多摩川台公園のアジサイ アジサイの季節です。この時期になると膵がんを告知された月がまた巡ってきたのだなぁとの感慨があります。6月11日は私の「がん記念日」。月末の定期検査で術後8年になります。造影CTと […]
  • SU剤からグリニド系剤に変更SU剤からグリニド系剤に変更 自宅周辺も大雪です。10センチ程度で「大雪」なんて言っては、雪国の方に笑われそうですが、13年ぶりの大雪警報だとか。南国育ちで、子どものころ、めったに雪を見たことのない私は、雪が […]
  • 今日の一冊(99)『QOLって何だろう』今日の一冊(99)『QOLって何だろう』 抗がん剤の効果がなくなって、次に使える薬もないとき、否応なく「自分の人生観」や「価値観」、「いのちとは何か」を考え、これからどのように生きるのか、あるいはどのようにして「死」を迎 […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す