スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

パソコンの作業環境

世の中大型連休である。私も10日の休みになる。しかし、車で出かけるにしても、どこも渋滞だから、大型連休には例年どこにも出かけたことがない。今年も同様である。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンにも興味があったが、チケットを買いそびれた。

永年使ってきたLogicoolのワイヤレスマウスの調子がおかしくなった。テキストで単語を選ぶはずが、段落の文章全体が選択範囲になってみたり、パソコンがスタンバイ状態から、マウスを動かしても画面が起動しない。

まぁ、5年以上使っているから無理もない。左ボタンのスイッチが摩耗したのだろう。

Amazonでいくつか候補を探して、やはり同じメーカーのものにした。Logicoolはスイスのメーカーであり、品質には定評がある。

マウスも1000円以下のものから1万円を超える者まで、ピンキリである。ゲームをやるわけではないから基本的な機能さえあれば良いので、レーザータイプで人気のあるLogicool ワイヤレスマウス M560 ブラック
2,336円のこれにした。

20160501_09_14_14_2

マウスやキーボードは作業効率に影響する。だから、良いものを使いたい。キーボードは東プレ REALFORCE 108UBK 変荷重キーボード/静電容量無接点/108キー/USB SJ08B0
22,700円と少し高価なものを使っている。このキーボードを使い慣れると、パソコン付属のキーボードなどは使う気がしなくなる。

会社でも、社長は大きい画面のパソコンで、背もたれとヘッドレストのある椅子にふんぞり返り、一般社員は小さなノートパソコンのディスプレイに貧弱な椅子という光景をよく見かけるが、これは逆。

社員にはマルチディスプレイと快適な椅子を与えなさい。マルチディスプレイを使い出すと、元の環境には戻れない。それほど格段に作業がやりやすい。

社員の作業効率を上げなければ、無駄な時間が増える。社員一人の作業効率が5%アップすれば、100人の社員でいくらの経費削減になるか、経営者ならよく考えるべきだろう。わずかな初期投資などはすぐに回収できる。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 3.11後を生きるには「内部被ばく」を正しく知ること3.11後を生きるには「内部被ばく」を正しく知ること 地震の翌日、3月12日のブログで「やはりメルトダウンか? チェルノブイリ並みになるかも。政府は真相を隠しているに違いない」とか、「海水注入を決断したのはメルトダウンが始まっている […]
  • 集学的治療により、膵癌術後の肝転移が消失集学的治療により、膵癌術後の肝転移が消失 日本膵臓学会の学会誌『膵臓』8月号に載った症例報告です。 ステージⅡで膵頭十二指腸切除術を行い、術後はTS-1を服用 […]
  • 本日の外出は、古本喫茶でのんびり本日の外出は、古本喫茶でのんびり 入院していると運動不足になるし、今日も外出して散歩。 古本喫茶があったので入ってみると、立ち読みは無料だが、椅子を使うなら何かドリンクを注文してくださいと。 […]
  • 雨の休日には古楽器演奏のバッハ雨の休日には古楽器演奏のバッハ 雨の休日は、一日中音楽三昧。 バッハの生きた時代、18世紀初頭は、コーヒーがヨーロッパで嗜好品となっていました。ライプツィヒはドイツのコーヒー取引の中心地で、市民や商人が集 […]
  • ストロンチウムの怪 横浜や東京で検出されたストロンチウムに関して、文科省が「福島由来ではない」と反論したことが話題になっています。真相はどうなのか? 「横浜市が採取した堆積物及び堆積物の採取箇所の […]
  • 『がんと仲良く暮らす』ひろさちや・佐藤昂 『老いてはがんに従え』という佐藤昂氏の著作があります。読みたいと思いつつ、手に入れられないでいます。アマゾンで購入すれば簡単に手に入るのですが、私の本購入の基準は、まず区の図書館 […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい 道元の『正法眼蔵』は難解だ。石井恭二や増谷文雄の訳を読んでもなんだか分かったようで、よく分からない。 諸法の仏法なる時節、すなわち迷悟あり修行あり、生あり死あり、 […]
  • あなたじゃ無理だよ、山下さんあなたじゃ無理だよ、山下さん 山下俊一氏は、私は人のよい専門バカだろうと推測しているのだが、MRIC by […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です