「お粥試し」が熊本地震を予知?

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

佐賀県みやき町にある千栗八幡宮の「お粥試し」は、神亀元年(724年)に、壬生春成が始めたと伝えられており、1200年以上の歴史をもつ、日本三大粥祭りの一つに数えられるお祭りだそうです。

本年の「お粥試し」は、3月15日(熊本地震の約一ヶ月前)に執り行われています。
千栗八幡宮お粥試し

2月26日にお粥を炊いて神器に盛り、箸を十文字に渡し東西南北に分け、筑前、筑後、肥前、肥後の4か国に国分けをして、カビの生え具合から1年間の天候や農作物の出来具合、その他地震・台風等の吉凶などを占います。

H283okayu1

そして、その占いの結果がこちら⇒ 「H28年 お粥試の結果がでました

今年のお粥の状態は、久しぶりに五色のカビが出揃っています。
一年を占う大年は全体運を十とするなら、八分の出来で、例年に比べてとても良い状態です。

日和は七分、雨天は三分と出ましたので、天気に恵まれるようです。
大麦・小麦・裸麦・大豆・小豆は上と見え、豊作が期待できます。
早稲・中稲・晩稲・蕎麦・畜産は平年よりも良い状態で収穫できるようです。

また、事故が大いに見ゆ、地震が見ゆと出ています。
思いもよらぬ事件や事故が起こる年となるのかもしれません。
万が一の用意のため非常持ち出し袋などの点検をしましょう。
空気中に浮遊する微細な有害物質や花粉などにより、過剰なアレルギー反応を起こす疾患が増えています。肺や呼吸器に関する病気に気をつけましょう。

御粥占いは「少し見ゆ」「見ゆ」「大いに見ゆ」の三段階で占います。
事故に関して今年は「多いに見ゆ」が一つ見られました。

全体の総評は八分の出来なので、一年を通じて今年は良い年と言えるようです。

熊本地震を予知してた! いやいや、熊本地震だけとは限りませんよ。どこそことは言っていないのですから、筑前、筑後、肥前、肥後の4か国を占う祭りなんです。南海トラフ地震に連動するかもしれないと言われている日向灘の地震も増加傾向ですよね。

伊方原発、再稼働していいんですか? 川内原発、止めなくて大丈夫?

『地震が来たら、先ず火を消しましょう』だろう、安全のために。原発も念のために止めるということがなぜできないのでしょうね。

ええ、私は占いなどは信じませんけどね。でもいずれ大地震がやってくることは確実なわけで、それが明日なのか100年後なのかは分かりません。地震予知なんて不可能なんですよ。なぜなら地震は「複雑系」現象です。複雑系の特徴は「予想が不可能なこと」です。原因と結果が一対一に対応しないのです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 罪作りな「安保免疫学」罪作りな「安保免疫学」 首ひねる独自マッサージ後乳児死亡 NPO代表任意聴取      朝日新聞デジタル […]
  • 患者よ 混合診療解禁の口車に乗せられるな! 私の混合診療に反対の理由は、第一には昔の歯医者でのいやな思い出だろうか。しばらく歯医者には行っていないから分からないが、今でもそうかもしれない。歯科医に初診でいくと初診カードを渡 […]
  • ガンの患者学研究所 (1) 久し振りに安保徹氏に関することです。安保徹氏は非常に分かりやすい(トンデモ)人物です。『安保免疫理論と上野式代替医療でガンは治る―なぜ三大療法でガン患者は治らないのか?』から何カ […]
  • 今日の一冊(110)「がんを生き抜く最強ごはん」今日の一冊(110)「がんを生き抜く最強ごはん」 慢性炎症とがんの関係が最近注目されています。がんの微細環境の知識も増えるにつれ、それを考慮したがん治療法が考えられてくるのは当然です。 からすま和田クリニックの治療法は、食事療 […]
  • 医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン)医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン) がん情報サービスに「公費助成を得て行われる医師主導治験の情報」が新たにUpされています。膵臓がんでは、 アルクチゲニン(牛蒡子の抽出物)国立がん研究センター […]
  • シチリアーノシチリアーノ 蒲生の棚田 シチリアーナはイタリア語の女性名詞でシチリアーノは男性名詞。シシリエンヌはフランス語だとか。8分の6拍子の舞曲でフォーレ、バッハののシチリアーナが有 […]
  • 膵がん診療ガイドライン2019の解説:第3版膵がん診療ガイドライン2019の解説:第3版 「膵がん診療ガイドライン2019」の一般向けの解説書が(やっと)出版されます。 8月11日ですから、現在予約受付中です。 「膵癌診療ガイドライン […]
  • どーもの休日 膵臓がんで、生まれた歳も同じ1948年の近藤彰さんは、ブログ「どーもの休日」を書かれていた方。最後のブログにはこう書かれていた。 すい臓がんの末期患者になってから始めたこのブロ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です