福島で膵臓がんの死亡率が増加

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

福島で膵臓がんの死亡率が増加(福島民有新聞)

高齢化の影響などを取り除いて算出した12年の「年齢調整死亡率」(人口10万人当たり)は男性179.3人(08年比4.7人減)、女性85.7人(同2.9人減)でいずれも減少。ただ部位別では、男性が膵臓(すいぞう)13.5人(同2.2人増)、女性は大腸12.5人(同1.3人増)、膵臓9.5人(同1人増)、子宮5.2人(同1人増)などでわずかな増加がみられた。

セシウム-137は膵臓や心臓に集まりやすいのです。福島第一原発の事故が影響しているのかどうかは分かりませんが、気になるニュースですね。現在の東京も3.11以前よりははるかに汚染が残っているのですが、皆まったく気にしなくなりましたね。

近年膵臓がんが増加しているのは、食事の欧米化以外にも大気圏核実験と福島原発事故がある程度寄与しているのか? 分からないし、統計的にも証明などできないでしょう。

極わずかの違いに対して統計的な有意差を求めることは非常に難しい。しかし、極わずかな増加であっても多数の住民が対象ですから、決して無視はできないのです。

統計の限界というか、所詮、統計とは「極わずかな違いしかないときに相手を説得するためのツール」ですから、P値ばかりをあがめ奉るのは決して「科学的」とは言えません。

バンダジェフスキーの病理解剖データ

バンダジェフスキー氏は先に挙げた著作で次のように述べている。

とくに、心血管系疾患で死亡した患者の心筋には、消化器の疾患で死亡した患者より、確実により多くのセシウム137が蓄積していた。感染症で死亡した患者の肝臓、胃、小腸、膵臓には、心血管系、消
化器系の疾患(おもに胃潰瘍や十二指腸潰瘍)で死亡した患者に比べて、はるかに多くのセシウム137が蓄積していた。感染症の子どもは、先天性欠損のある子どもより多くのセシウム137を骨格筋に蓄積していた。

チェルノブイリ事故で汚染されたゴメリ州
(37~185kBq/平方メートル)の生後14日から14歳までの子どもを対象に心電図検査をおこなったところ、年齢層により55.9~98.1%の子どもに心電図異常が認められた。おもに不完全右脚ブロック洞結節伝導系の自律神経障害による異常であった。
ゴメリ医大に在籍する18~20歳の大学生では48.7%に明確な心電図異常が認められ、この学生たちのセシウム-137の平均濃度は26.00±2.00Bq/kgであった。
突然死した患者の部検標本を検査したところ、99%に心筋異常が存在し、心筋にはおよそ26Bq/kgのセシウム-137が取り込まれていることが分かった、としている。

体内に取り込 まれた放射性セシウムが平均40- 60Bq/kgの場合、心室の心筋細胞に微細だが明確な損傷が認められた。全細胞の10-
40%が非代償性の病変を起こし、規則的収縮ができなくなった。心筋の収縮機構が破壊され、組織溶解を伴わない萎縮性病変が観察された。筋小胞体網の細管が拡張し、ミトコンドリアの膨隆、巣状の筋小胞体の浮腫が認められたが、これらの病変は、細胞膜の浸透性の異常とイオン代謝の重大な変化を意味する。

Banda0


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例 話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例について、オンコロの加知さんが詳細に解説しています。一読の価値あり。インチキ免疫療法とどこが違うのか、まだ研究段階で結論を出すの […]
  • 抗がん剤治療中のマスクは要らないって知ってた?抗がん剤治療中のマスクは要らないって知ってた? 勝俣医師が良いことを言っているので紹介。ま、私とは意見の違う点が多いのだが、これについては同意見です。 私が抗がん剤をやったのは10年前だが、当時としては画期的な患者であり […]
  • 長生きするのは善なのか?長生きするのは善なのか? 高倉健さんに続いて菅原文太さんが亡くなった。高倉健さんは83歳、菅原文太さんは81歳であった。そして、悪性リンパ腫と転移性肝がんという、二人ともがんでお亡くなりになった。妻の菅原 […]
  • コミュニティサイクルでお台場巡りコミュニティサイクルでお台場巡り 東京ビッグサイト前のコミュニティサイクル・ポートで電動アシストを借りて、お台場巡りに出発。 涼しげなミストが公園の一角から出ています。夏だけでしょうか。 大島 […]
  • 薬をすべて変更しました薬をすべて変更しました 大森:鷲神社の酉の市 DP1 Merrill F2.8 1/40秒 […]
  • 今年の締めくくりと来年の予想 このブログも開設以来35000のカウントになりました。一日平均で300人、多いときに は600人の方に閲覧していただくようになりました。膵臓がんは年間で約2万人の新たな患者さんが […]
  • がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院 小林久隆氏が開発したがん光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいます。この対象は、再発した頭頸部がんの患者を対象に、安全性を確認する試験です。 がん光免疫療法を紹介 […]
  • 罪作りな「安保免疫学」罪作りな「安保免疫学」 首ひねる独自マッサージ後乳児死亡 NPO代表任意聴取      朝日新聞デジタル […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です