スポンサーリンク

今日の一冊(83)『がん治療革命の衝撃』

LINEで送る
Pocket

昨年11月の放送されて大きな反響をよんだNHKスペシャル「“がん治療革命”が始まった ~プレシジョン・メディシンの衝撃~」の内容に、2017年7月現在での最新情報を付け加えて出版されたものです。

がん治療革命の衝撃―プレシジョン・メディシンとは何か (NHK出版新書 527)

がん治療革命の衝撃―プレシジョン・メディシンとは何か (NHK出版新書 527)

NHKスペシャル取材班
858円(08/03 13:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

がん治療は、これまでの臓器ごとに抗がん剤を開発し、臨床試験をしてエビデンスを確立して治療する、そうした流れが大きく変わろうとしています。

遺伝子の変異箇所を見つけて、それに効果がある分子標的薬を投与することによって劇的に腫瘍が縮小して、延命効果を得ることができる時代が到来しようとしています。

分子標的薬は、従来の抗がん剤に比べて副作用が少ないという利点があり、さらに、遺伝子変異のタイプが分かっているので、使う前に効果があるかどうかがある程度分かるのです。患者にとっては大きなメリットです。

遺伝子検査の結果、遺伝子の変異が見つかっても、それに効果が証明された分子標的薬がなければ治療ができません。あっても日本で承認されていなければだめだし、特定の臓器ごとの承認制度ですから、別の臓器への適用はできず、全額自費になります。

確かにすばらしい治療法ですが、恩恵を受けることのできる患者は少ないでしょう。

また、分子標的薬もいずれ耐性ができて効かなくなります。耐性ができるとは、腫瘍に別の遺伝子変異が現れてくるということです。それじゃあと、別の薬を使うためには、また遺伝子変異を調べなければならない。臓器を採取することは患者の負担になるから、血液から簡便に遺伝子変異を調べる「リキッドバイオプシー」が必要になり、開発されています。

やはり抗がん剤は延命効果と症状の緩和をめざす治療には変わりがないのです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • ペットの安楽死は中止 我が家のヨークシャーですが、なんとか安楽死を免れています。先の日曜日には、獣医の先生からも「そろそろご相談をしなければと思うのですが・・・」と言われました。しかし、次回の検査結果 […]
  • がんで死ぬのも悪くはないがんで死ぬのも悪くはない 死生観を持つ この記事、すい臓がんが見つかって手術を待っている時期のものです。ずっと考えは変わりませんでした。悟りとまではいかなくても、自分なりの死生観を持って […]
  • 安楽死か尊厳死か安楽死か尊厳死か 今日から出張で倉敷です。タクシーの運転手さん曰く。「アベノミクスの恩恵などタクシー運転手には無関係ですわ。株を持っているわけでもない庶民には世知辛い世の中ですねぇ」 アメリカの2 […]
  • 再稼働で時限爆弾始動再稼働で時限爆弾始動 川内原発が今日再稼働し、11時には臨界に達するとみられています。 この歴史的な猛暑でも電気は不足していません。原発が止まれば電気が足りなくなる、と言ってきた根拠がなくなりました。 […]
  • アスタチンのα線で直接がん細胞を攻撃アスタチンのα線で直接がん細胞を攻撃 これはすごい! […]
  • 今日の一冊(62)『がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点』   聖路加病院精神腫瘍科の保坂先生の著作です。精神腫瘍学とは、 昔は、がんが心にもたらすダメージについての研究が多かったのですが、次第に、「心の状態が […]
  • 膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・ 腹腔鏡手術を勧められたら 腹腔鏡手術で何人もの患者が術後に死亡した群馬大学病院と千葉県がんセンターの事件は、まだ記憶に新しいところです。 膵臓がんの手術の多くは開腹で […]
  • 東京大学医科学研究所の反論東京大学医科学研究所の反論 問題になっている朝日新聞の記事に対する東京大学医科学研究所の反論が出ています。 朝日新聞「臨床試験中のがん治療ワクチン」記事についてPDF  […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です