膵臓がんの新しい治療法に関する海外ニュース

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

ブログの引っ越し2時間を取られて記事を投稿する間隔が延びています。「今日の一冊」もしばらく書いてないけど、本を読む時間もない。

手抜きですが、膵臓がんに関する海外ニュースを3題。

4剤併用というのも凄いですね。副作用も4倍?

膵・消化管神経内分泌腫瘍(GEP-NET)と呼ばれる、膵臓あるいは消化管に影響を及ぼすがん種に対する治療薬として承認した。放射性薬剤あるいは放射性医薬品をGEP-NET治療薬として同局が承認したのは今回が最初となる。

ナノナイフの適応症として提案されたのは、遠隔転移のないステージIIIの局所浸潤膵臓がんです。やはり転移が有ると難しいのでしょうね。日本でも保険適用を期待しています。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です