樋口強「いのちの落語独演会」受付始まる

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

樋口強さんが年に1回、がん患者とその家族だけを招待して開催している「いのちの落語独演会」の開催要領が公開され、受付が始まりました。

私も毎年楽しみにしています。今年の新作は、『いのちの落語-がんでも働きたい Ⅱ』

「働き盛りのがん」を取り上げます。「仕事がしたい」、「がんと就労」。
そのために必要な本人の決意とは何か、会社職場に求めるものは何か。
がんの仲間の経験を笑いに載せて伝える渾身の一席。ご期待ください。

1609018_vui_0964motto1768x5121

「第18回いのちの落語独演会」ご案内

○日時:2018年 9月16日(日)13時~ (約3時間)
○場所:東京・深川江戸資料館小劇場
○木戸:ご招待 (対象は、がんの仲間とそのご家族に限定)
○申込要領:「いのちの落語独演会」ページから

津波もがんも笑いで越えていのちの落語家が追った3.11今年もまた、元気で深川江戸資料館でお会いしましょう。

深川江戸資料館と江戸東京博物館を間違えて、そっちに行ってしまう人もたまにいるそうです。

今年も早々に「満員御礼」になりそうな気がします。申込みは早めが良さそうで。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 緩和ケア「想定外のことばかり」緩和ケア「想定外のことばかり」 今年も沢山ご訪問くださり、ありがとうございました。来年は膵臓がんに、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が使えるようになり、光免疫療法の治験が始まる、そのような初夢 […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (1)がんと自己組織化臨界現象 (1) これまでに何度か複雑系について書いてきました。門外漢の私が、しかもがん患者がどうして複雑系という数理科学に関心を持つようになったのか。ひと言で言えば「がんは複雑系だから」というこ […]
  • お金が無くても保険証が無くても病院を受診する方法!お金が無くても保険証が無くても病院を受診する方法! 医療費・生活費等の助成制度 『がん情報サービス』には「生活費等の助成や給付など」のページがあり、病気などで働けなくなったときに、生活を支えてくれる制度を紹介しています。 […]
  • 造影剤を激減できる画期的な新型CT造影剤を激減できる画期的な新型CT 異なるエネルギーを含むエックス線を弁別して取りこむことで、CTが進化した。造影剤が少なくて良い。単一エネルギーでは難しかった影の薄い小さな腫瘍も検出できるようになった。フィリップ […]
  • 抗がん剤による「心毒性」抗がん剤による「心毒性」 抗がん剤による心毒性 日経メディカルのこの記事、ちょっと気になりますね。 『癌患者・サバイバーを抗癌剤の心毒性から守れ』 癌患者の延命率を飛躍的に向上させた分子標的 […]
  • 「がんを生きよう」を再開-久留米大学がんワクチンセンター「がんを生きよう」を再開-久留米大学がんワクチンセンター 休止していた、久留米大学がんワクチンセンターの「がんを生きよう」が再開されます。 今回は、再発予防もしくは再増大防止のために個別化ペプチドワクチンを受けられた方々を取り […]