樋口強「いのちの落語独演会」受付始まる

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

樋口強さんが年に1回、がん患者とその家族だけを招待して開催している「いのちの落語独演会」の開催要領が公開され、受付が始まりました。

私も毎年楽しみにしています。今年の新作は、『いのちの落語-がんでも働きたい Ⅱ』

「働き盛りのがん」を取り上げます。「仕事がしたい」、「がんと就労」。
そのために必要な本人の決意とは何か、会社職場に求めるものは何か。
がんの仲間の経験を笑いに載せて伝える渾身の一席。ご期待ください。

1609018_vui_0964motto1768x5121

「第18回いのちの落語独演会」ご案内

○日時:2018年 9月16日(日)13時~ (約3時間)
○場所:東京・深川江戸資料館小劇場
○木戸:ご招待 (対象は、がんの仲間とそのご家族に限定)
○申込要領:「いのちの落語独演会」ページから

津波もがんも笑いで越えていのちの落語家が追った3.11今年もまた、元気で深川江戸資料館でお会いしましょう。

深川江戸資料館と江戸東京博物館を間違えて、そっちに行ってしまう人もたまにいるそうです。

今年も早々に「満員御礼」になりそうな気がします。申込みは早めが良さそうで。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • がんと自己組織化臨界現象 (1)がんと自己組織化臨界現象 (1) これまでに何度か複雑系について書いてきました。門外漢の私が、しかもがん患者がどうして複雑系という数理科学に関心を持つようになったのか。ひと言で言えば「がんは複雑系だから」というこ […]
  • 第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を DP2 Merrill F3.5 1/1250秒 ISO200 以前に紹介した『がんペプチドワクチン療法 第4のがん治療法への期待 (第4のがん治療法への期待 第 […]
  • 混合診療の対象:42の抗がん剤混合診療の対象:42の抗がん剤 がん研究センターの集計によると、国内未承認薬等を混合診療として使えるようにする「患者申出療養(仮称)」の対象となる抗癌剤が、1月末時点で42剤に上るとのことです。 この内容 […]
  • がん告知後 1週間内、自殺による死亡リスクが12.6倍がん告知後 1週間内、自殺による死亡リスクが12.6倍 アピタルに坪野吉孝氏の『「がん」と診断、自殺や心血管疾患のリスク高まる』との記事が載っています。スウェーデンでの調査ですが、がんと診断されたグループは、「自殺により死亡するリスク […]
  • 緩和ケア「想定外のことばかり」緩和ケア「想定外のことばかり」 今年も沢山ご訪問くださり、ありがとうございました。来年は膵臓がんに、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が使えるようになり、光免疫療法の治験が始まる、そのような初夢 […]
  • 好転反応好転反応 好転反応に関して、こんな記事があった。「好転反応」で悪化の例も=サプリや化粧品の健康被害相談-注意呼び掛け・消費者庁 健康食品の摂取や化粧品の使用後に湿疹などの症状が出たにもかか […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA