がん撲滅サミットに光免疫療法の大津敦医師が登場!


Pocket
LINEで送る

PRTimesによると、『第4回がん撲滅サミット』の公開セカンドオピニオンに光免疫療法や、がんゲノム医療の第一人者 大津敦医師(国立がん研究センター東病院 病院長)の登壇が決まったそうです。

第4回がん撲滅サミット』の公式サイトにも紹介されています。

大津氏は昨年の大会で「2018年3月から国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験を開始します!」と宣言し、日本全国に衝撃をもたらした名医である。
「翌日から国立がん研究センター東病院の電話は朝から鳴りっぱなしでした」と大津氏は昨年を振り返る。あれからおよそ8ヶ月経過しての登壇となると当然、光免疫療法の進展が気になるところだ。

内部の方の話しでは、頭頸部がんに光免疫療法で治療をしたら、治療が終わって帰る頃には、腫瘍がどろどろに溶け出しているそうです。

講演をされるわけではないので、詳しい話は聞くことができないでしょうし、臨床試験の結果の詳細を話すはずもないですが、気になる話題です。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です