PanCafeへの登録は簡単です


Pocket
LINEで送る

PanCafeへの参加は簡単です

膵臓がん患者のための会員制交流サイト「PanCafe」への参加は簡単です。

PanCafe.net にアクセスし、

「登録」ボタンをクリックすると、登録画面が表示されます。

これらの項目を入力してアカウントを作成すれば、すぐにコミュニティに参加し、投稿もすることができます。

スポンサーリンク

最近のPanCafe

PanCafeの特徴のひとつは、メンバーが自由にグループを作れることです。

現在、つぎのようなグループが活動しています。

  • 大阪府(関西)交流会
    膵臓癌の患者、関わる方々で情報交換しませんか?地域を絞ることで、交流しやすかったり、病院や介護施設などより実生活で困ったり便利な情報を共有できるかと思います。
  • 今日という日をありがとう
    毎日、いろいろな人や物に支えられて生きていることへの感謝の気持ちを素直に「ありがとう」と言い合えるそんな小さな積み重ねで笑顔を「貯金」し、共有していけたらいいなと思い、グループを作ってみました。
    このグループの投稿を見るとちょっと元気が出たり、ほっこりしたり、笑顔になれたりそんなグループになれるといいなと思います。
  • 遺族の呟き
    遺族限定のグループです。
    日常に追われながらも心の呟きを共有しましょう。
  • アクティブサバイブ
    現状なにも決まっていません。
    与えられた時間を積極的に活かそうとする人のグループにしたいです。自分は、走ること、スキー、山登りができます。何か、小さなできることから始めませんか。
  • 介護者の談話室
    患者の介護をしている親族、親友、恋人、そんな方々限定の談話室です。介護者から遺族になった方でも参加いただけます。
    近況報告や、呟き、知りたいこと、雑談、愚痴、等々…
    介護者同士で雑談しませんか?

投稿(アクティビティ)での話題

こちらがPanCafeのメイン機能です。

メンバーも70名近くになったので、治療の相談なども増えています。食事や運動の話題。抗がん剤治療を止めた方のその理由等々。悩みや愚痴を聞いてもらうことで、「つながっている」という安心感も得られます。

がん患者を対象としたSNSでは「5Years」が有名ですが、グループを作ったり、プライベートメッセージのやりとりはできませんでした。また規約によって話題も標準治療に限られています。

「キャンサー・ペアレンツ」という子どもを持つがん患者のSNSもありますが、会員にならないと中の投稿は見ることができません。

PanCafeは、膵臓がん患者どうしの、もっと自由な交流の場をめざしています。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です