トイレの落書きとは論争しない

Pocket
LINEで送る

ハマリョウ氏から当ブログや「膵臓がん患者と家族の集い」に関して、同じ内容の記事を、タイトルを変えただけで二度も紹介していただいています。ありがたいことです。

タイトルが『「すい臓がん患者と家族の会」参加者の皆さんへ』となっていますが、正しくは「膵臓がん患者と家族の集い」なんですがね。

他の組織の参加者に限定して、虚偽のメッセージを送る行為は、彼が好んで使う言葉を借りれば「偽計業務妨害(営業妨害)」になるおそれがあります。

元『すい臓がんカフェ』で知り得たメールアドレスを、別の目的に使うことは、明らかに個人情報保護法違反に当たります。ご注意ください。

しかし、おかげでアクセスもアップしています。なによりも外部リンクが増えることで、Googleの検索結果が上がることが期待されます。ブログ村のページビュー(PV)もずっと一位をキープしています。感謝感謝です。

常に誰かの批判をすることによって自らの存在を演出しようとしているブログですが、Googleさんにとってはそんなことお構いなしです。外部リンクは外部リンクなので、それが増えることは歓迎です。

彼の主催する新生「すい臓がんカフェ」に参加した方が、「がんに効くオゾン水とかを紹介された」と驚いて、先日の「膵臓がんの集い」に来られました。比較する対象ができることは、これもまた患者にとってはラッキーなことです。

日本語のお勉強にもなります。

みんなでサッカーをやっているのに、「俺はラグビーだ」と勝手なことをすれば、たとえその動機が善意から発したものであれ、レッドカードです。

これは私の「『すい臓がんカフェ』を終了した理由」の文章で、その組織のルールを守らなきゃだめでしょ、ということをサッカーとラグビーを例にして、比喩的に表現しているのですが、

彼の解釈は、

あの人にとっては、「すい臓がんカフェ」はサッカーだったのです。
実にすい臓がん患者の皆さんは審判のいない暗闇の中を手探りで、死に物狂いで日々を送っているのです。
そんな生易しい考えで、自身は寛解したから、と言ってすい臓がん患者の戦いをまるでスポーツでも観戦するかのような気持ちで眺めていたのなら私は、そのグラウンドから喜んで退場します。

です。う~ん、こういう解釈もあるのだなぁと勉強になりますが、もしかすると中学校の国語の授業で、比喩的表現について学ばなかったのかもしれません。

今年一番のお笑いネタとして取っておきましょう。

論争は時間の無駄

11年間もブログを書いたり、患者活動をしていると、いろいろな非難やトラブルがありました。それはそれで有意義な時間でしたが、自分の主張は述べるけれども、反論や論争はしません。理由は簡単です。

  1. 私が間違っていると思ったときは反論すべきではない。「ごめんなさい」と言えば良いだけで、当然です。
  2. 私が正しいと思えた場合、相手の知性がそれを理解できない、日本語の読解力が乏しく不調な知性しか持ち合わせていない人には、私の反論は理解できない。
  3. だから、どちらにしろ時間の無駄だからです。

さらに、論争相手を論破する目的で書かれた文章は、そのきっかけとなった文章より、たいていが感情的で非論理的なものになります。

人は論争はすればするほど下品な文章を書くようになる。トイレの落書きになります。

「論争するにつれて次第に賢明かつ上品になった人」に、私はかつてお会いしたためしがありません。私自身も、論争するつれて賢明でかつ上品な人間になる自信はありません。

慈悲の瞑想

いやな相手と論争になりそうなときはどうするか。

ヴィパッサナー瞑想に「慈悲の瞑想」があります。

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
私の親しい人々に悟りの光が現れますように
私の親しい人々が幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものに悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

そして、論争になりそうな相手を思い浮かべながら、

私の嫌いな人々が幸せでありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな人々に悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

この瞑想をすると、論争をすることがばからしく思えてきます。お試しください。

このブログの関連記事

  • ペプチドワクチンのまとめペプチドワクチンのまとめ NHKのあさイチで紹介されるなど、ペプチドワクチンが話題になっています。しかし、オンコセラピー・サイエンスのワクチンだけでもいくつもの種類があり、混乱します。自分用にと現時点でも […]
  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5) 【情報を追加】最下段にペプチドワクチンに関する情報を追加しました。 一週間ぶりの更新です。年末にも書いたとおり、3月中旬まではめっぽう忙しく、ブログの更新は後回しの処遇を受 […]
  • 米国医療は「こころ」の重視へ 「心と癌と量子力学の関係」などと、いささか「とんでも本」的な内容を書きましたが、量子力学はともかくとして、心と癌の関係はもはや常識になっているようです。 右の「膵臓癌おすす […]
  • 2018-12「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(1)2018-12「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(1) 前回の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された方にアンケートをお願いしたところ、たくさんのご意見をいただきました。中には辛口のご意見もありましたが、こうしたご意見ほど改善にも役立 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』お疲れさまでした『膵臓がん患者と家族の集い』お疲れさまでした 本日の「膵臓がんの集い」も盛況のうちに終わりました。ご参加されたたくさんの方、お疲れさまでした。役立つ情報や体験をお持ち帰りになることができましたでしょうか。 骨転移があり […]
  • 『すい臓がんカフェ』を終了した理由『すい臓がんカフェ』を終了した理由 今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいた […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です