処方箋もオンラインで

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
8月28日(水) 8:00AMまで、参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

オンライン診療が話題になっています。こんなアプリも登場してますね。

でも、診察はしたけど、薬の処方箋はどうするんだろう。

処方箋って確か原本でないと薬局は薬を渡してくれないよな。

ファックスで送っておいて、調剤をしてもらうことはあるけど、それは時間の短縮のため。窓口には原本を出さなきゃなりません。

オンライン診療では処方箋、送れないじゃん。と思ってたら、

大津先生のブログで、

なるほど、厚労省も考えてるわけだ。

大津先生、オンラインで受信できる「緩和ケア」も始めると。これも新しい試みですね。

どこでも緩和ケアにアクセスできるわけではないし、全国どこからでも最高の緩和ケアが受けられるというのは、すばらしい!


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ライフサイエンス辞書をマウスオーバーでライフサイエンス辞書をマウスオーバーで ライフサイエンス辞書オンラインサービスに「ライフサイエンス辞書(LSD)が5年ぶりに更新された」と書かれています。ATOKの拡張辞書である「LSD Plus 2010 for […]
  • 何となく引っかかる「闘病記」ということば何となく引っかかる「闘病記」ということば このブログを立ち上げたときのタイトルは「膵臓がん闘病記」でしたが、「闘病記」ということばになんとなく否定的な感触を覚えるので「サバイバーへの挑戦」と変えたのが昨年の8月でした。変 […]
  • 「がん総合外来」を名乗ります。「がん総合外来」を名乗ります。 緩和ケア=治さない医療の誤解 大津秀一先生のブログ、こんなことを書かれています。 確かに「緩和ケア」については、まだまだ誤解が多いですね。 私だって、相 […]
  • 膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須 膵臓がんで治療に使うことのできる抗がん剤は限られています。免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬などの多くは、健康保険で使うことができません。 進行がんで発見される […]
  • 緩和ケア医になったわけー大津秀一先生緩和ケア医になったわけー大津秀一先生 次回8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』は、緩和ケア医 […]
  • 参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料 問題の根っこには、安倍自公政権の社会福祉予算の削減にあるのです。 自民党と”福祉の”公明党政権は、「早期退院」の誘導を狙った診療報酬の改定、療養病床の削減、国公立病院の統廃 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。