キイトルーダ 年内にも膵臓がんで使えるように

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

ペンブロリズマブ(抗PD-1抗体:商品名 キイトルーダ)が、特定に遺伝子異常がある患者に対して年内にも使えるようになる見込みです。臓器別ではなく遺伝子の異常で承認されるのは、国内初です。

がん細胞の遺伝子検査をして、傷ついた遺伝子がどの程度修復できるかみる「マイクロサテライト不安定性(MSI)」。MSIが高いと修復機能が低く、キイトルーダの効果が高い可能性があるという。 MSIが高いと遺伝子変異数も多く、腫瘍(しゅよう)の中に免疫にとってがんの目印になる物質も多く、免疫チェックポイント阻害剤が効きやすいとされる。

PD-1のリガンドであるPD-L1/PD-L2は正常組織にわずかに発現していますが、多くのがん細胞ではT細胞の働きを抑えるほど過剰に発現しており、PD-1-PD-L1/PD-L2経路は、がん細胞がT細胞免疫監視機構から逃れるために利用する主な免疫制御スイッチとなっています。がん細胞におけるPD-L1の高発現は、腎細胞癌、膵臓癌、肝細胞癌、卵巣癌、非小細胞肺癌などの様々ながんで認められ、低い生存率との相関性が報告されており、予後不良因子であることが示唆されています。

PanCanのサイトには、昨年5月に次のように紹介されていました。

この試験ではペンブロリズマブ(キイトルーダ)を受けた149人の患者のうち、39.6%が完全または部分的な反応を示した。また、これらの患者の78%では、応答が6ヶ月以上続いた。

膵臓がん患者で「マイクロサテライト不安定性(MSI)」が高い患者は、約2%と見積もられています。

50人に一人に該当すれば、高い奏功率、完全寛解もあり得るので希望になりますね。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • メトホルミンは膵臓がんに効くか?メトホルミンは膵臓がんに効くか? 少し前ですが、長尾和宏先生にブログに「メトホルミンと膵臓がん」との記事がありました。 ある大病院の「まだ表には出せない」という研究では、術後、メトホルミンを投与 […]
  • メリディアン(MRIdian)の臨床試験メリディアン(MRIdian)の臨床試験 昨日の「膵臓がん患者と家族の集い」では、国立がん研究センター中央病院でメリディアンの治験への参加を勧められてという方が、2~3人いました。 メリディアンについては、 […]
  • 野菜を摂れば膵臓がんになる?野菜を摂れば膵臓がんになる? 果物を食べ過ぎると、糖質が多いので膵臓がんになりやすい。野菜特に黄緑色野菜を多く摂れば、がんのリスクが下がる。そう理解しているのですが、もしかすると違うかもしれない。とい […]
  • 膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・ 腹腔鏡手術を勧められたら 腹腔鏡手術で何人もの患者が術後に死亡した群馬大学病院と千葉県がんセンターの事件は、まだ記憶に新しいところです。 膵臓がんの手術の多くは開腹で […]
  • 『すい臓がんカフェ』を終了した理由『すい臓がんカフェ』を終了した理由 今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいた […]
  • オリゴメタ説なら転移したがんも治療できるオリゴメタ説なら転移したがんも治療できる オリゴメタ説(小数転移説)とは 標準治療によるがん治療では、転移が1ヵ所でもあったら全身に無数に転移しているという〝全身転移説〟をとっている。『がん情報サービス』でも、この立場 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です