「すい臓がん撲滅基金」パンキャンが寄付を募っています。

スポンサーリンク
【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:ジャーナリスト 森省歩氏による丸山ワクチンの講演
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込みは、もうしばらくお待ちください。
Pocket
LINEで送る

パンキャンが、すい臓がん撲滅基金への寄付を募っています。

寄付のお願い:すい臓がんの生存率倍増とゲノム医療の早期実現

■寄付をお願いします

100人に1人以上が10年以上にわたって膵臓がんと闘うことができません。効果的な治療に関する研究と研究への助成金が非常に欠けています。
膵臓がんは日本では4番目に死亡者が多いがんです。理由は、このがんは往々にして早い段階では症状がないため、早期の診断や治療が非常に困難だからです。早期に発見されないため、手術療法の選択肢がない場合があります。また転移がみられるがんの場合、満足に抗がん剤が受けられない患者もいます。そのような状況を打破するために、私たちは、早期発見の血液検査の研究開発を支援しています。また、転移にある患者にはゲノム検査に基づいたゲノム医療が不可欠ですが、ゲノム医療を受けるためには、様々な課題がまだ残っています。

■「すい臓がん撲滅基金」」に寄付をお願いします。
「すい臓がん撲滅基金」は、日本のゲノム医療を膵臓がん患者さんのためになるように政策提言と啓発活動をスタートします。また、米国パンキャン本部で活躍中の「あなたの腫瘍を知ろう(Know Your Tumor)」プロジェクトに投資します。膵臓がん治療の変貌を目指す私たちパンキャンの野心的な新しい研究プロジェクトが「あなたの腫瘍を知ろう(Know Your Tumor)」です。患者さんの膵臓癌を生検し、癌組織をもとに遺伝子検査を行います。その分子プロファイルを使用してデータベースを構築することによって、我々の研究者は、膵臓がんの異なるサブタイプを見つけ、異なる治療法にどのように反応するかを特定しています。研究者は、患者さんのために個別の治療法を作り出し、各個人に合った正しい選択肢を見つけ、最終的にはより多くの命を救うことを望んでいます。
しかし、私たちはこの先駆的なプロジェクトへの投資を続けるためにあなたの助けを必要としています。あなたは私たちと提携し、今日、寄付をこのプロジェクトに贈りませんか?この研究プロジェクトの成果が日本の患者を救います。あなたの助けを借りて私たちはより多くの命を救うことができます。

「あなたの腫瘍を知ろう(Know Your Tumor)」とは、米国PanCANが提供している、精密医療(がんゲノム医療)サービスですね。日本が進めようとしている遺伝子パネル検査よりも、より多くの遺伝子変異を調べることができます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です