増える、がん患者のためのSNS

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

膵臓がん患者のためのSNS、PanCafe.netを立ち上げてから5ヵ月あまりが経ちました。会員は150名ほどになり、ますます活発になってきました。

2014年のQLifeの調査によると、約半数の人が「がん情報が不足している」と感じているそうです。しかし、自分が情報を発信したことがあると応えた人は、9人に1人。4人に1人は「発信したいと思ったが実際にしたことはない」と答えています。

しかし、調査から5年が経ち、そうした状況が変わりつつあるようです。

スマホの普及もあって、がん患者や家族がブログやSNSで簡単に情報を発信できるようになってきました。そして、がん患者を対象としたSNSも次々に立ちあがっています。

  • 5Years
  • キャンサーペアレンツ
  • アフラックの「tomosnote」
  • 膵臓がん患者を対象にした「PanCafe.net

PanCafeもその一隅に付け加わっています。世の中の流れでしょうね。

それぞれ専門家に依頼して、時間をかけて構築したサイトのようで、お金もかかっているのでしょうね。その点PanCafeは、わずか10日で構築し、自前でつくったので開発費用はゼロ。ドメインの維持費とレンタルサーバー代程度です。

凝ったデザインは採用していませんが、必要充分な機能は詰め込んでいます。なによりもわかりやすくて使いやすいことを第一に考えてつくられています。

最近また新しいがん患者のためのSNSが立ちあがっています。こちらは、日本対がん協会が運営する「サバイバーネット」です。

1年の開発期間をかけて、プロがつくっただけにデザインもこなれています。グループが作れることや、検索機能が豊富なこと、「友達」をつくって連絡ができるなど、PanCafeと似た機能が多くありますが、本名や生年月日の登録が必須になっている点は、敷居が高いかもしれません。

5Yearsの足りないところ、不満なところを解決しようとする意識が感じられます。

まだ試験的なデモ段階のようですが、どれだけの会員を集められるか、注目です。

PanCafeは膵臓がん患者だけのSNSですが、これまで乳がん患者を対象としたものはありましたが、長期に続けているSNSはなさそうです。

それぞれのサイトを回ってみましたが、欲目かもしれませんが、「PanCafe」が一番活発に情報発信や交換をしているように見えます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 国民健康保険の一部負担金減免制度国民健康保険の一部負担金減免制度 がんになったとたんに病気のことももちろん心配ですが、お金のことも頭をよぎります。治療費はいくらかかるんだろう?仕事は続けられるのか? […]
  • 臨床試験(治験)の探し方(2)臨床試験(治験)の探し方(2) 治験へのアクセスが良くなった 従来は、どこでどのような臨床試験が行なわれているのかは公表されることがありませんでした。そのため、次のような弊害が指摘されてきました。 […]
  • 闘病者はなぜ書くのか? このブログのページ別アクセス数を見ると、トップページは別にして、ウェブページの「@私のがん攻略法」が一番多いのです。その次が「ゲルソン療法では膵臓がんは治らない」などとなっていま […]
  • 私はがんで死にたい私はがんで死にたい DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200 小野寺時夫『私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期』 […]
  • 緩和ケア「想定外のことばかり」緩和ケア「想定外のことばかり」 今年も沢山ご訪問くださり、ありがとうございました。来年は膵臓がんに、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が使えるようになり、光免疫療法の治験が始まる、そのような初夢 […]
  • 腸内フローラ腸内フローラ 日曜日のNHKスペシャル「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」は、CGはすばらしかった。がんをはじめ、多くの病気と腸内細菌叢が関係しているという内容。ま、特に目新しい話題ではない […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です