丸山ワクチンで困ったことがあれば・・・

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では、参加されたNPO法人「丸山ワクチンとがんを考える会」の丸山達雄氏が、たくさんの参加者の質問に答えておられました。

その場で回答できなかった方には、後日電話で丁寧に説明をしましたと、丸山氏から連絡がありました。

なかには電話番号を聞き忘れた方もいるので、ご連絡をいただければ、詳しく説明しますとの伝言です。

丸山ワクチンを投与したくても、協力的なクリニックが見つからない。見つかっても、がん病院の主治医の承諾がなければ対応できない、このような例が多くあります。

がん病院に入院中なのだが、丸山ワクチンは投与できないのか、そのような質問もありました。このような場合は、裏技ですが、主治医には内緒で病院のトイレでワクチンを打つという方もいらっしゃいます。ワクチンや使い終わった注射針は家族に持ち帰って貰うようにしているそうです。

患者が自己責任でやる分には違法ではありません。主治医を説得する必要もないでしょう。なにしろ「あれは、ただの水」という考えですから、ただの水をトイレで打っても問題にはできないでしょうね。

さて、本題です。いろいろな理由で丸山ワクチンにアクセスできない場合、「丸山ワクチンとがんを考える会」の丸山氏から「私がサポートをします」と申し出がありました。

丸山さん、『膵臓がん患者と家族の集い』の雰囲気に圧倒されたようすで、膵臓がん患者のためのSNS、PanCafe.netも時々チェックされているようです。膵臓がん患者の必死のようすをご覧になって、何かのお役に立ちたいとの申出です。

ワクチンを打ってくれる近所の病院が見つからないような場合、「丸山ワクチンとがんを考える会」には全国の協力的な病院のリストがあるようですので、紹介してくれるでしょう。

丸山氏へのコンタクトは、私が取り持ちますので、困っている方がいましたら、下記の『膵臓がん患者と家族の集い』の「お問合せ」フォームからご連絡ください。

『膵臓がん患者と家族の集い』「お問合せ」へ。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です