2019-06「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2)

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、6月22日(土)に開催します。

NPO法人 サイモントン療法協会の川畑のぶこ氏による講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~を予定しています。

参加申込者のコメントから

【ステージ4 手術をした】
TS-11年、フォルフィリノックス11クール、アブジェム15クール継続中です。標準治療以外を受けられた方のお話しをお聞きしたいと思っています。当方は漢方薬のみ。今回の心についての講演は興味があります。

合わせて26クールも継続しているのですね。「心」と「身体」と「霊性」を繋ぐのが免疫系だという考えもあります。心のありようが免疫系を介してがん細胞にも働きます。

【ステージ3 手術をした】
術後二年になりました。繰り返していた胆管炎も治まり、現在は半年に一度検診を受けております。体力と免疫力アップのため、バランスの良い食事と運動を心がけております。当日は皆さんとお話できることを楽しみにしております。

緑茶、ビタミンD、メラトニンも摂っていらっしゃいます。バランスよく食べて運動する、これが一番効果的かもしれません。

【ステージ4 手術をした ご逝去】
手術の適応不可と言われて、一般的な振り分け方をされる老親を、ただ見守るしかなかったですが、まだまだやるべきこと&やれることが多くあったのだと今でも新たに気づかされております。本当にそれでよかったのかの連続した問いの中にありますが、皆様との交流で少しずつ新しい向き合い方ができています。

あのときに、こうしておけば良かったという想いがたくさんあろうかと思います。そうした気付きを、今闘病している方や家族に話してくださることが、励みと知識につながります。また、ご遺族同士での交歓の場があるのも『膵臓がん患者と家族の集い』の特徴です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です