『膵臓がん患者と家族の集い』10月の受付を始めました。

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」です。

オフィシャルサイトからお申し込みください。

佐藤先生の略歴

福岡県生まれ。1993年 九州大学医学部卒。2001年より米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部に留学し、がんの分子生物学を研究されました。

膵臓がんの診療・研究で世界をリードするメリーランド州バルチモア市に位置するジョンズ・ホプキンス大学病院は、膵臓がんの治療では世界的に有名な病院です。同病院は、US. News & World Report誌による全米病院ランキングで第1位であり、膵がん治療の患者数も、治療成績においても全米第1位です。つまりいずれも世界一ということですね。

中東の石油王が膵臓がんになると、この病院で治療するのだとか。

佐藤先生は現在、北九州市の産業医科大学第一外科の講師、外来部長を務めておられます。がん治療認定医、外科学会指導医、消化器外科学会指導医、膵臓学会指導医でもあります。

これまでに膵臓がんを主な対象に、1000件以上の手術をされています。

佐藤先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』は、膵臓がんの記事が多いのも頷けます。


スポンサーリンク

「食事」「運動」「マインド」の重要性を説き、サプリメントにも深い関心をお持ちです。

メディカル・サプリメント・アドバイザーとは

さらに、佐藤先生は「メディカル・サプリメント・アドバイザー」という資格もお持ちです。

メディカル・サプリメント・アドバイザーとは、

病態における従来の薬物療法に加え、サプリメントに関する正確な知識・情報を有し、これらに関する適切な情報を消費者に提供することを主な業務とする医療従事者を言います。

サプリメント市場が拡大する中、医療従事者は、医療機関内で患者から「私の病気に○○○のサプリメントは効きますか?」「今、服用している薬と併用してもいいですか?」などサプリメントやハーブに関する質問をよくされるようになってきました。

しかしそれに対して明確な答えをできる医療従事者は少ないようです。それは今までEBM的な理解が足りなかったことと、サプリメントの正確な情報を入手できなかったことによります。結局、医療従事者にとっても知識の乏しい分野であったために的確な指導ができなかったためと思われます。

当メディカルサプリメント認定講座は、これからもますます増え続けるサプリメント市場において、実践的なサプリメントの知識を身につけるだけではなく、患者の信頼に応えることのできる、意識の高く、優秀な人材の育成を目指しております。

とあるように、医療従事者向けの資格です。

特に難治がんの代表である膵臓がん患者は、サプリメントに関しても関心が高いのですが、本当にエビデンスのあるものはどれなのか、そうした情報を佐藤先生はブログや著作で積極的に発信されている数少ない医療者のお一人です。

佐藤先生の著作

次のような著作を出版されています。

今回のご講演でも、代替医療に関する内容をお話しいただく予定です。ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ 次回の『膵臓がん患者と家族の集い』で講演をお願いしている佐藤典宏先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』を閲覧されている方は結構多いですね。 なにしろ、 […]
  • メラトニンについて(3) メラトニンについては前回で終わるつもりだったのですが、「米国統合医療ノート」にメラトニンに関する記事があったので紹介します。 メラトニンとがん治療 このブログでは、文献データを見 […]
  • ゲムシタビン+カペシタビンで10年以上生存ゲムシタビン+カペシタビンで10年以上生存   英国での臨床試験です。(英文ですが)「抗がん剤の組み合わせが膵臓がんの;生存期間を延長する」 この臨床試験では、(ゲムシタビンとカペシタ […]
  • がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 全がん協から、がんの生存率調査が発表されましたね。マスコミでも報道されています。 昨年に続いて2度目の調査です。あいかわらず膵臓がんの生存率は低いですが、昨 […]
  • がんの10年生存率 膵がんは4.9%がんの10年生存率 膵がんは4.9% 今日のニュースでも取り上げられていますが、初めてがんの10年相対生存率が発表されています。全がん協生存率 これによると、膵がんの「10年相対生存率」は、全症例で4.9%と、 […]
  • 『がんの統合医療』(2)『がんの統合医療』(2) 四万川ダム湖の紅葉。4年前は大雪の日に訪れたが、今年はすばらしい紅葉に出会えた。宿も同じ「鹿覗キセキノ湯 つるや」 ↓ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です