『膵臓がん患者と家族の集い』の感想(2)

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された方から、続々と感想を書いていただき、ありがとうございます。

まずは大津先生です。

そこで、やはりなかなか担当医に「緩和ケアにかかりたい」と切り出しづらいという話を複数伺いました。確かに「緩和ケアを受けたい」とだけ言えば、多くの担当医は誤解するでしょう。

「診断時から受けられる緩和ケア」「治療は止めないで並行しておこなわれる緩和ケア」

「国ががん対策推進基本計画で推奨している早期からの緩和ケア」

など、単に「緩和ケア」を受けたいではなく、接頭語をかなりはっきりと伝えた上で、緩和ケアにかかりたいと伝えるのがポイントだと思いました。

治療を止めたいということではないのを明示することも有効でしょう。

MYU(みゅう)さん

今回は、ずっとお会いしたいと願っていた緩和ケア医の大津秀一先生がご登壇くださいました

演題は 「  膵臓がんの緩和ケア   ~これだけはおさえておくこと~   」

内容は詳しく、かつ分かりやすかったです。特に「痛み」のお話は、まさに今、私が必要な知識で、とても勉強になりました。

大津先生、お忙しい中、私達のためにお時間を取ってお越しくださりありがとうございました m(__)m

baabajiijiさん

何人かの方とお話をさせて頂いたのですが私は遺族って立ち位置です。

ご相談頂ける内容が厳し過ぎました。

いつも言っているのですが、「治療は賭けです」

「バアバには効いても貴方に効くとは分かりません」

「標準治療は 並 の治療ではありません、現在一番エビデンスがしっかりした治療です」

「先端治療や先進医療ははっきり言ってまだ実験段階の治療です」

何かに頼りたい気持ちは分かりますが最良の判断など私にはできません。告知されて間が無い方には無理のないことです。それほどに「膵臓がん」は厳しいがんですから。

アッキーさん

 昨日は家族の集いに参加してきました。

何時もいらっしゃった方、新しい方もっともっとお話ししたかったですが、時間が……

何時も直ぐに過ぎてしまうんですよね。

ブログを読んでますって言ってもらえて非常〜に嬉しいです。

でも、その中で私はいじられキャラでした。いや〜参った。

yukiさん

くどうあゆさん

体調を整えて、次回は元気で参加してくださいね。

ひぃさん

タイトルには「膵臓がんの集い」とあるけど、本文では触れてない!

ひぃさん、慌てて忘れたな!!

他にあるかもしれないけど、もしも抜かっていたらごめんなさい

(^.^)ご(-.-)め(__)ん(-。-)ね(^.^)

次回10月13日は、佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」です。

申込受付中です。記事のトップにあるバナーからお願いしますね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です