スポンサーリンク

ピーター・ゼルキンさんも膵臓がんで

LINEで送る
Pocket

ピアニストのピーター・ゼルキンさんが膵臓がんで亡くなったそうです。72歳。

親日家で、とりわけ小澤征爾さんと深い信頼関係を築き、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)にしばしば招かれた。バッハと現代音楽を得意とし、武満徹の解釈に定評があった。

ベートーベン:合唱幻想曲 Op80  ピーター・ゼルキン/小澤征爾 特別編成オーケストラ

小澤征爾も若いなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 病床数を減らせば、がん患者は減るか?病床数を減らせば、がん患者は減るか? 人工知能は万能ではない NHKで人工知能に関する2つの番組を見た。録画してあったのをやっと再生。 1. 人工知能 天使か悪魔か 2017 2. […]
  • 映画「新聞記者」を観てきました映画「新聞記者」を観てきました 一段と暑いですね。 今日は川崎の「109シネマズ」で『新聞記者』を観てきました。 平日にもかかわらず、8割ほど席が埋まっていました。 参議院選挙にぶつけ […]
  • 死ぬこととと生きること 中学校の同窓会の案内が来ました。先月は高校の吹奏楽部の同窓会があって高知に帰省したのですが、還暦を過ぎると急に同窓会の案内が来るようになりました。定年を迎えて多くの人が現役から退 […]
  • 積極的に計画・実行する人“がん死亡リスク低い”積極的に計画・実行する人“がん死亡リスク低い” 国立がん研究センターの多目的コホート研究『日常経験する問題や出来事に対する対処の仕方とがん罹患及び死亡との関連について』が発表されています。 日常的な出来事に対して […]
  • サイモントン療法とは?(4)サイモントン療法とは?(4) 精神神経免疫学(PNI) 精神神経免疫学(せいしんしんけいめんえきがく […]
  • 『このまま死んでる場合じゃない』 エビデンスに囚われなければ、治せる患者はたくさんいる。一ヶ所でも再発・転移があれば、治療法は抗がん剤しかないというエビデンスやガイドラインは、負けることが分かった治療法です。 […]
  • インスリンとインフルエンザインスリンとインフルエンザ どうやら何年ぶりかでインフルエンザに罹ったようです。息子がB型と診断されて会社を休んでいるのですが、それを移されたのかもしれない。 37.3度の微熱と関節の痛み、咳とたん。 […]
  • 41患者団体が共同声明41患者団体が共同声明 朝日新聞報道に対して41患者団体が共同声明が出されたようです。がん患者はみんな怒っています。(37団体から41団体に追加) 東京大学医科学研究所のHPにリンクされています。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です