スポンサーリンク

奇跡的治癒例は、がん治療の手がかりとなる(NCI)

LINEで送る
Pocket

奇跡的治癒例は、予想以上に起きている

がん治療においては、通常は治るはずのない患者が治ったり、腫瘍が突然消えてしまうようなことが起きることがあります。

こうした例外的な治癒例は、1万人に1人とか5万人に1人などと推測されていますが、きちんとした統計が取られているわけではありません。

しかし多くの医者が、多かれ少なかれ、こうした奇跡的な事例を経験しているようです。

「もう治療法がありません」と、治らないと言われたがん患者にしてみれば、「せめて俺だけには奇跡が起きて欲しい」と切実に願望するのはしごく当然でしょう。

奇跡的治癒例、例外的奏功症例は確かにあるのですが、統計データでは「外れ値」として、患者にしては「運が良かったね」で終わっている。

例外的な症例の共通点を探そうとか、例外的に治った機序を研究しようとかの考えはあまり浮かばないようです。

ケリー・ターナーの『がんが自然に治る生き方』などという本もありますが、

がんが自然に治る生き方

がんが自然に治る生き方

ケリー ターナー
825円(08/02 18:19時点)
発売日: 2014/11/13
Amazonの情報を掲載しています

論文の寄せ集めだとか、異端本の扱いを受けています。

「こうすればがんが治る」などという怪しげな本もたくさん出ているし、単に経験談であったり、科学的根拠がないものも少なくないから、無理もありません。

自然治癒例を集めたこうした本もあります。

癌が消えた―驚くべき自己治癒力 (新潮文庫)

癌が消えた―驚くべき自己治癒力 (新潮文庫)

ハーシュバグ,キャロル, バリシュ,マーク・イーアン
Amazonの情報を掲載しています

米国国立がん研究所(NCI)奇跡的治癒例を研究

奇跡的に治った、あるいは長生きをした症例を研究し、その共通点を見つけることができれば、がん治療に応用することができると期待されます。

米国国立がん研究所(NCI)が、11月19日付のCancer Cell誌に公開した論文で、ゲノム解析的アプローチから、例外的奏功症例の特徴を解明しようとする試みです。

NCIの研究者たちは、例外的奏功症例(エクセプショナル・レスポンダー)の 腫瘍の分子変化を確定しました。

これによって予想外に治療の奏功をもたらす可能性のある遺伝的変異が明らかになったのです。

この治験の参加者は、通常は治療が困難とされる転移性のがん患者でした。しかしその患者たちの一部は奏功持続期間が何年にも及びました。

遺伝子の変異や免疫系の大規模な「作動」が関与している

論文の要点をあげると、

  • 化学療法など標準治療を受けたさまざまなタイプのがん患者111人の詳しい病歴とがんの検体が用いられた。
  • 治療に対して例外的な奏効とされた分子的特徴を同定することができた。
  • 分子的特徴には、がんゲノム中での複数のまれな遺伝的変異の同時発生や、ある種の免疫細胞による腫瘍への浸潤などがある。
  • 例外的な奏効の元となった機序は、DNA損傷を修復する能力や腫瘍への免疫反応など広範囲のカテゴリーにおよんでいる。
  • 治療中にがん細胞を死滅させる遺伝子変異のまれな組み合わせがある。
  • 例外的奏功症例の患者において、通常は起きないBRCA1遺伝子またはBRCA2遺伝子における遺伝子変異が、患者2人において発生していた。
  • これらの患者における遺伝子変異が、腫瘍組織の損傷したDNAを修復する能力を障害していた可能性があり、それによりDNAを害するプラチナ製剤を用いた化学療法などの治療の有効性を高めていると研究者は示唆した。
  • また、この研究から、免疫系が「作動」して腫瘍を根絶させる能力を際立たせるような一連の証拠が増加している。

です。

特定の遺伝子変異が、抗がん剤の治療効果を高めたり、免疫細胞の腫瘍への浸潤の程度や腫瘍の微小環境の違いが、患者の免疫力に関係していることも考えられます。

「奇跡的治癒」には免疫系の突発的・大規模な作動が必要と予測できるが、それらに関する一連の証拠も今回の研究で示唆されています。

例外的奏功症例や「奇跡的」には遺伝子変異や免疫系の驚異的な作動が関係していることは明らかです。光免疫療法の治験では、治療を終わって病院を出る頃には頭頸部がんの腫瘍がドロドロと溶けていくと報告されています。

つまり、人体の免疫系が本来の力を発揮すれば、一晩で腫瘍が消えてしまうことも可能なのです。けっして夢物語ではありません。

このような研究が進み、がん患者に希望がもたらされることを願っています。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • ASCO 2016 GEMとゼローダの併用で膵癌術後の生存率が向上ASCO 2016 GEMとゼローダの併用で膵癌術後の生存率が向上 ASCO 2016の記者会見でも取り上げられた注目演題です。 『膵がん術後のカペシタビンと化学療法との併用療法により生存率が延長』  *****  以下要約  […]
  • 恐竜のしっぽになる恐竜のしっぽになる 東京の梅雨もまもなく明けそうです。今日は愛車の洗車とガラスコーティングに5時間かけました。ついでにヘッドライトカバーの黄ばみもきれいに除去しました。 ガラスコーティングはほ […]
  • 官民挙げて、日本の免疫療法を確立すべきだ官民挙げて、日本の免疫療法を確立すべきだ 免疫細胞クリニックはデータを出すべきだし、ないのなら知恵を絞って臨床試験をしなさい。現状では「延命効果なし」といわれてもやむを得ないでしょ。医療の中心にいる方たちも、「エビデンス […]
  • 敬老の日とオンライン交流会敬老の日とオンライン交流会 今日は敬老の日です。 私も72歳で立派なお年寄り。町内会から夫婦揃ってお祝いの品を頂きました。 そうそう、もう一人敬老の日を祝う対象がいましたね。17歳だったかな? […]
  • 今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔 岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]
  • 加工肉・赤肉は発がん作用加工肉・赤肉は発がん作用 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)が、ハムやソーセージなどの加工肉を「人に対し発がん性がある」物質に指定したニュースが話題になっています。毎日食べた場 […]
  • すい臓がん患者 希望のニュースすい臓がん患者 希望のニュース 先日も作家の栗本薫(中島梓)さんがすい臓がんで亡くなったというニュースがありました。私のブラウザではGoogleニュースの検索オプションに「 -訃報 -葬儀 」を設定してあり、通 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です