スポンサーリンク

がんには深蒸し茶の粉茶がよい

これからの暑い季節。緑茶を粉茶にして、水出し茶として携帯ポットに入れ、がんと闘いましょう。

カテキンの抗がん作用は凄い

緑茶に含まれるカテキンの抗がん効果は、すでにご存じのことと思います。

がんは、細胞分裂するときのDNAのコピーミスによって生じるのですが、その原因(イニシエーター)として、活性酸素、放射線、化学物質、ウイルスなどがあります。

そして、次にプロモーター(発がん促進物質)が細胞を変化させ、細胞分裂を促してがん細胞が異常に増殖し、腫瘍に育つのです。

通常は免疫システムによって、こうした異常な細胞は取り除かれますが、免疫システムの目を逃れたものが腫瘍として育ちます。

したがって、イニシエーター、プロモーターの影響を小さくし、免疫力を強化すればがん細胞が増殖することはありません。

緑茶のカテキンには、これらの因子を取り除く作用があることが分かっています。

静岡県立大学の冨田勲名誉教授は、イニシエーターの影響を抑える効果と、プロモーターの影響を抑える効果にわけ、緑茶の種類ごとにがん抑制効果を調べました。

その結果、イニシエーターの影響を抑える効果がもっとも高かったのは粉茶でした。一方、プロモーターを抑える効果が高かったのは、番茶です。高級茶である玉露や煎茶は、がん抑制効果はどちらも低いことがわかりました。

スポンサーリンク

これは、粉茶にすればお茶の成分を棄てることなく、まるごと摂ることができるからでしょう。

深蒸し茶を粉茶にすればカテキンをまるごと摂れる

カテキンには、強力な抗酸化作用と突然変異抑制作用があることが、多くの研究によって明らかにされています。カテキンは緑茶の渋みの成分です。よって、渋みが強い緑茶ほど、がんを抑える効果が高くなるということです。

また、カテキンの含有量が多いのは、深蒸し茶であることも分かっています。

つまり、深蒸し茶を粉茶にして飲めば、カテキンの成分をまるごと摂ることができるのです。

なお、カテキンが細胞に吸収されるには、緑茶との食べあわせも大事とわかってきました。ビタミンAを多く含む食品と一緒にとると、カテキンの細胞内の吸収は格段によくなります。

ですから、私のお薦めは、京セラのお茶ミルで深蒸し茶を挽いて、一日5杯以上飲むことです。

これからの暑い季節、携帯ポットに粉茶と氷を入れて、水出し緑茶にしても美味しいですよ。

緑茶のカテキンに含まれるエピガロカテキンガレート(EGCG)には、がん細胞が隣接組織へ侵入したり、新たな血管を形成したりする働きを抑制する、優れた抗がん作用があります。

なかでも深蒸し茶には、より多くのカテキンが含まれており、これを京セラのお茶ミルで挽いて粉末にして、お茶の成分全体を無駄なく摂ることができます。

また、、深蒸し茶は茎茶が少なく、茶葉は細かいので、お茶ミルで挽くのに適しています。

深蒸し茶は、いろいろと試しましたが、源宗園のものがお薦めです。お茶ミルの効用は、茶葉が少なくて済むことです。それでいて、茶葉の成分を捨てることなく摂ることができるので、少し贅沢をして、高めのお茶を買っても、全体のコストは抑えることができます。

私は一日に5~10杯は飲んでいます。ミルで挽いた細かな粉末なので、夏場は水出し茶にしても良く溶けておいしくいただけます。

源宗園 楽天市場店の深蒸し茶が、苦みの中にも甘みがあり、コストパフォーマンスも優れています。錦富士が私の定番ですが、茜富士は更に美味しいです。

単品購入ならこちらから

  1. 【送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶錦富士
  2. 【メール便送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶 茜富士

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する 九州大学の研究発表ですね。新茶の季節です。 膵臓がん幹細胞の生存・転移に重要なしくみを攻撃する化合物の発見 - 緑茶カテキンの研究から生まれた成果 […]
  • カテキンの薦めカテキンの薦め ライフライン21『がんの先進医療』の「食事と栄養」のページに、「緑茶でがん細胞の発生と成長を抑制する」というページがあり、半田えみ先生(医療法人社団 中成会 […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度も […]
  • カフェインの脱水作用は都市伝説カフェインの脱水作用は都市伝説 これまで長きにわたり、カフェインの利尿作用により脱水症状が起きると信じられてきましたが、近年、この説は必ずしも真実ではないことが明らかにされています。 むしろ、カフェイン入りの […]
  • 魚介類由来のオメガ3で膵癌のリスクが下がる魚介類由来のオメガ3で膵癌のリスクが下がる リンク: 2015/12/07 魚介類およびn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)と膵がんとの関連 | 多目的コホート研究(JPHC Study) | […]
  • チェロレッスン「白鳥」チェロレッスン「白鳥」 チェロのレッスンは今週からサン・サーンスの「白鳥」。チェロの定番であり、かつプロの演奏者も難しいという曲。弾くのは決して難しくはないが、音楽的に表現することが難しい。ま、こちらは […]
  • お節介お節介 千鳥ヶ淵緑道での撮影の帰り、電車の中でのできごと。 優先席に若い女性が座っていたところへ、老婦人と赤ん坊を抱いた夫婦が前に立った。すると、爺さん(とは言っても私と同じ年代)が、丸 […]
  • インクレチン関連薬(DPP-4)で膵前がん病変の疑い:FDAインクレチン関連薬(DPP-4)で膵前がん病変の疑い:FDA 昨日は糖尿病専門医の先生の診察でした。自己血糖値測定グラフを見せたら苦笑いしていました。膵頭部しかない患者が比較的楽にコントロールしていることを、いつものことですが、ぶつぶつと言 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です