スポンサーリンク

「Zoomで膵臓がんサロン」を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2022年8月13日(土) 15:00~17:00
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】10名
【内 容】気軽なおしゃべり会です。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。
申し込み受付中です オフィシャルサイトから

がんには深蒸し茶の粉茶がよい

これからの暑い季節。緑茶を粉茶にして、水出し茶として携帯ポットに入れ、がんと闘いましょう。

カテキンの抗がん作用は凄い

緑茶に含まれるカテキンの抗がん効果は、すでにご存じのことと思います。

がんは、細胞分裂するときのDNAのコピーミスによって生じるのですが、その原因(イニシエーター)として、活性酸素、放射線、化学物質、ウイルスなどがあります。

そして、次にプロモーター(発がん促進物質)が細胞を変化させ、細胞分裂を促してがん細胞が異常に増殖し、腫瘍に育つのです。

通常は免疫システムによって、こうした異常な細胞は取り除かれますが、免疫システムの目を逃れたものが腫瘍として育ちます。

したがって、イニシエーター、プロモーターの影響を小さくし、免疫力を強化すればがん細胞が増殖することはありません。

緑茶のカテキンには、これらの因子を取り除く作用があることが分かっています。

静岡県立大学の冨田勲名誉教授は、イニシエーターの影響を抑える効果と、プロモーターの影響を抑える効果にわけ、緑茶の種類ごとにがん抑制効果を調べました。

その結果、イニシエーターの影響を抑える効果がもっとも高かったのは粉茶でした。一方、プロモーターを抑える効果が高かったのは、番茶です。高級茶である玉露や煎茶は、がん抑制効果はどちらも低いことがわかりました。

これは、粉茶にすればお茶の成分を棄てることなく、まるごと摂ることができるからでしょう。

深蒸し茶を粉茶にすればカテキンをまるごと摂れる

カテキンには、強力な抗酸化作用と突然変異抑制作用があることが、多くの研究によって明らかにされています。カテキンは緑茶の渋みの成分です。よって、渋みが強い緑茶ほど、がんを抑える効果が高くなるということです。

また、カテキンの含有量が多いのは、深蒸し茶であることも分かっています。

つまり、深蒸し茶を粉茶にして飲めば、カテキンの成分をまるごと摂ることができるのです。

なお、カテキンが細胞に吸収されるには、緑茶との食べあわせも大事とわかってきました。ビタミンAを多く含む食品と一緒にとると、カテキンの細胞内の吸収は格段によくなります。

ですから、私のお薦めは、京セラのお茶ミルで深蒸し茶を挽いて、一日5杯以上飲むことです。

これからの暑い季節、携帯ポットに粉茶と氷を入れて、水出し緑茶にしても美味しいですよ。

緑茶のカテキンに含まれるエピガロカテキンガレート(EGCG)には、がん細胞が隣接組織へ侵入したり、新たな血管を形成したりする働きを抑制する、優れた抗がん作用があります。

なかでも深蒸し茶には、より多くのカテキンが含まれており、これを京セラのお茶ミルで挽いて粉末にして、お茶の成分全体を無駄なく摂ることができます。

また、、深蒸し茶は茎茶が少なく、茶葉は細かいので、お茶ミルで挽くのに適しています。

深蒸し茶は、いろいろと試しましたが、源宗園のものがお薦めです。お茶ミルの効用は、茶葉が少なくて済むことです。それでいて、茶葉の成分を捨てることなく摂ることができるので、少し贅沢をして、高めのお茶を買っても、全体のコストは抑えることができます。

私は一日に5~10杯は飲んでいます。ミルで挽いた細かな粉末なので、夏場は水出し茶にしても良く溶けておいしくいただけます。

源宗園の深蒸し茶が、苦みの中にも甘みがあり、コストパフォーマンスも優れています。錦富士が私の定番ですが、茜富士は更に美味しいです。

単品購入ならこちら


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す