スポンサーリンク

ソフトウエアのバグで致死量の被ばく

LINEで送る
Pocket

ソフトウェアにバグはつきもの

新型コロナウイルスの接触アプリCOCOAが、ソフトウェアのバグによって機能していなかったことが明らかになりました。修正が完了するのが2月中旬だと言われています。

政府御用達のソフトウェア会社が開発し、2次下請け、3次下請けに丸投げするようなアプリなんかは信用できませんから、私はインストールもしておりません。

コンピューターのソフトウェアにバグはつきもので、入念にチェックをしてもバグをゼロにすることは不可能です。致命的なエラーが発生したらできるだけ早くその原因を突き止めて対策をする、そんなことしかできません。

しかしことが人の生命に関わるような放射線治療機器となると深刻です。

CT にしても先進医療として行われている様々な放射線機器、強度変調放射線治療(IMRT)、サイバーナイフ、ガンマナイフ、陽子線治療、重粒子線治療にMRIdianにしても、全てコンピューターのプログラムで制御されています。

セラック25の放射線被ばく事故

Therac-25

カナダ原子力公(AECL)によって製造された「Therac-25(セラック25)」は電子線X線を生成して患者に照射し、体の表面および深部にある腫瘍を治療するための放射線療法機器の一つです。この機器が1985年から1987年にかけて6件もの被ばく事故を引き起こした経緯について、海外ブログのThe Daily WTFが解説しています。

セラック25の印象的な事件の一つは1986年3月21日、テキサス州のイーストテキサスがんセンター(ETCC)で発生しました。この日放射線技師は患者を治療室に連れて行き、いつも通りに治療を行おうとしていました。技師はベッドの上に患者を寝かせたあと、ターンテーブルのような形状になっているセラック25の放射線照射部を回して「光学レーザーモード」に設定し、レーザーが背中側の小さな範囲にあたるよう調整を行いました。

技師は放射線がまだ照射されていなかったので、次に行うべきは一時停止の解除だろうと判断して該当の「P」キーを入力しました。患者の叫び声が聞こえてきたのはその時です。

患者はこの治療に関して何の痛みも感じないものだと認識していましたが、この時は背中にホットコーヒーが注がれているような強烈な灼熱(しゃくねつ)感を覚えたといいます。技師が照射を一時停止するまで患者は助けを求めて叫び続けましたが、その間中、電気ショックのような痛みを受け続けたとのこと。

実際には1万6000ラド~2万5000ラドの線量を照射されていたとのこと。患者は元気そうにしていたものの、既に致死量の放射線を浴びていたことになります。

GIGAZINE

悲鳴を上げるような放射線を浴びたということは、致死量をはるかに超えているます。

腫瘍の根治を目指す放射線の照射線量は70グレイほどです。放射線の場合は 1グレイ=100ラドなので、160~250グレイを一度に照射されたことになります。これではがん細胞だけでなく、患者の中枢神経がやられてしまいます。

現在は安全装置もあり、そのようなことは起きないとは思いますが、ソフトウェアにバグはつきものであり、操作をする人間もミスを犯します。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 米最高裁、DNAの特許を認めず米最高裁、DNAの特許を認めず […]
  • 統計的有意差のない治療法は「人体実験」か?統計的有意差のない治療法は「人体実験」か? 良いも悪いもない。ただただ、そんな行為を、昔から医療と呼んでいるだけのことです。 患者の立場を理解した賢い医者は、そうしたリスクも覚悟の上でチャレンジするのです。 […]
  • 中川恵一 × 近藤誠 (3)中川恵一 × 近藤誠 (3) 内部被ばくについては、中川氏も近藤氏も考え方は大同小異で、ほとんど違いがない。二人とも内部被ばくの影響を過小評価している。 中川氏は、 […]
  • 新型コロナワクチンはデメリットのほうが大きい新型コロナワクチンはデメリットのほうが大きい 国内で新型コロナワクチン接種後の死亡例、28例に 第58回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会などの合同部会の資料が発表されています。 「副 […]
  • 「先進医療」言葉の罠「先進医療」言葉の罠 重粒子線治療や陽子線治療、がんワクチン療法、リンパ球療法、多少点眼内レンズなどがこれに含まれています。 以前に膵臓がんの方で、手術ができる状態だったにもかかわらず、重粒子線 […]
  • オニバイドの効果と作用機序オニバイドの効果と作用機序 膵臓がんで初めてのDDS製剤 リポソームイリノテカン(オニバイド)が膵臓がんに対して承認されましたね。久しぶりの膵臓がんに対する新薬の承認です。また […]
  • アブラキサンが審議会で了承されるアブラキサンが審議会で了承される 11月28日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、アブラキサン点滴静注用100mg(大鵬薬品)に、治癒切除不能な膵癌への効能・効果を追加することが了承されました […]
  • プラセボのない臨床試験 来年からプラセボのない臨床試験 来年から がん患者が臨床試験に参加する際に、一番気になるのが新薬の投与群に割り振られるのか、それともプラセボ(偽薬)群になるのかです。 第三相試験に多いランダム化比較試験の場 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です