スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

前向きに生きることが、治癒につながる

プレハビリテーションのクラウドファンディング

佐藤典宏先生が立ち上げている、プレハビリテーションのクラウドファンディング、

目標の90%以上を達成して、220万円まであと少しになりました。

こちらのサイトから、熱い応援をお願いします。

「がんと闘う」よりも「前向きに生きる」

佐藤典宏先生の新しい YouTube の動画はなかなか素晴らしいですよ。

私も何度も推薦しているケリー・ターナー博士の著作『がんが自然に治る生き方』をテーマにして、「がんと闘う」よりも「前向きに生きる」とはどういうことなのか。佐藤先生独自のポイントをまとめて解説しています。

治癒不能といわれたガンが自然治癒する現象が、実際の医療現場で話題になることはまずない。 しかし筆者が目を通した1000本以上の医学論文において、ガンが自然に治癒した事例を報告していた。医師は治すのが仕事なのでこうした事例を追跡研究することはなく、「たまたま」治ったという話は「偽りの希望」を与えるだけだとして積極的に口外することもなかったために、自然治癒事例は事実上放置されてきたのである。全く科学的にメスを入れられていないこのテーマを解明するために、「劇的な寛解」事例を報告した医学論文をくまなく分析し、日本を含む世界10カ国で寛解者と治療者のインタビューを行った結果、ガンの自然治癒を体験した人々には、「9つの共通する実践事項」があった。

がんが自然に治る生き方

がんが自然に治る生き方

ケリー ターナー
1,650円(12/05 19:46時点)
発売日: 2014/11/13
Amazonの情報を掲載しています
がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

ダヴィド・S. シュレベール
2,420円(12/05 12:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

彼女が上げた9つのこととは、

  1. 抜本的に食事を変える
  2. 治療法は自分で決める
  3. 直感に従う
  4. ハーブとサプリメントの力を借りる
  5. 抑圧された感情を解き放つ
  6. より前向きに生きる
  7. 周囲の人の支えを受け入れる
  8. 自分の魂と深くつながる
  9. 「どうしても生きたい理由」を持つ

である。

このブログのトップページヘッダー部分には、『がんに効く生活』の著者シュレベール博士の次の言葉を紹介しています。

免疫細胞は、客観的に見て、より”生きる価値”があるように見える人生を送っている人間の体内では、それだけ活発に動くかのように見える。

シュレベール「がんに効く生活」

私自身このような生き方がんとの付き合い方を実践してきたつもりです。ですから佐藤先生の今回の動画には大きく頷くところがあります。

治ることばかりを考えている人は治りづらい。幸せを感じて、日々豊かな時間を過ごしている患者には、もしかすると劇的な寛解(奇跡的治癒)が来るのかもしれません。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ガンさん、死ぬときは一緒に死にましょうガンさん、死ぬときは一緒に死にましょう 先日の宝登山での一枚。稲荷神社があり、白壁に木漏れ日がスポットで照らしていた。きれいな写真もいいが、それは有り体にいえば「きれいだね。」で終わってしまう。誰が撮っても良い […]
  • 歩け!歩け! 今週の運動量歩け!歩け! 今週の運動量 今週のウォーキング・メーター 一日平均で1時間、7000歩ほど歩いています。がん生存者のガイドラインは十分に満たしています。カメラを担いでの散歩は時 […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 国がネオアンチゲン療法の効果を認めた?国がネオアンチゲン療法の効果を認めた? この前の記事「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」にイチリキさんからコメントをいただいていますが、返信は長文になりそうなので、こちらに載せます。 イチリキさんのコ […]
  • 私はがんで死にたい私はがんで死にたい DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200 小野寺時夫『私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期』 […]
  • キーボードの分解掃除キーボードの分解掃除 今日は思いついてキーボードの分解掃除をしました。毎日使っているキーボード、弘法も筆を選びます。なんやかんやと一日に1万字くらいは打っているのではないでしょうか。 私の使っている […]
  • オフ会とライブオフ会とライブ Purple_Hazeさんのライブと膵癌のオフ会。35度の猛暑です。3時間ほど前に吉祥寺駅に行き、井の頭公園でカメラを担いで散策をしました。いつものパターンです。ともかく「歩け! […]
  • 今日の一枚:自由が丘のベニス今日の一枚:自由が丘のベニス RICOH GR3 18.3mm F 4.0 1/250秒 ISO […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

前向きに生きることが、治癒につながる” に対して1件のコメントがあります。

  1. ししとう より:

    いつも更新ご苦労さまです
    がんの自然退縮に関しては大きく2つの考え方があります
    一つは、何らかの要因で抗原提示効果が起き、それにより自己免疫が
    がんを攻撃できるようになる場合
    例えば放射線治療では、5千~1万例に1くらいの割で
    放射線で破壊されたがん細胞の中身がばらまかれ、その抗原を
    免疫細胞が認識して攻撃し、転移巣まで治ってしまうことがあると聞きます

    もう一つは、そもそも最初からそのがんの遺伝子変異が
    成長途中で自己崩壊を起こすようなものであった場合
    つまり最後まで生きられないと決まっていたがんということです
    自然退縮が多いがんはだいたい判明しており
    腎臓がん、メラノーマ、子宮絨毛がんに多いのですが
    これらはおそらくそのような遺伝子プログラムだったのだと思われます

    最後に私見ですが、何らかの物質、例えばビタミンC、アガリクスエキス、
    ブロリコ、フコイダンなどが、がん細胞に直接働きかけて消し去る
    というのはまず不可能だと思います

コメントを残す